AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2011年12月
12月29日(木)

久しぶりでcocoさんと一緒に釣行することになった。
今回はcocoさんのお兄さんの運転で、車で行くことになったので行き先はcocoさんにお任せした。
前日になって決まった行き先は、銚子の外川港。
cocoさんのお友達2人も一緒だ。

池袋で7時30分に待ち合わせ。
途中渋滞にあいながらも、一路銚子へと向かう。
車中は、高校生3人と、大学生のcocoさんのお兄さん。
その中に70歳の老人が一人。
年齢差50歳以上の若者たちとご一緒なのだが、年の差を感ぜずお付き合させていただける事が嬉しい。

途中コンビニへ寄ったりして、11時頃釣り場到着。
最初は、外川港の左側の堤防へ入ろうとしたが、立ち入り禁止になっていたので、右側の堤防で釣ることにした。
この堤防は、内側は普通の堤防だが、外側にはテトラが入っている。
釣り人は少なく、ほぼ貸切状態に近い。

IMGP3860.jpg
↑ 堤防の外側 三角形のテトラが入っています。

IMGP3887.jpg
↑ 堤防の内側はこんな感じです。

とりあえず、堤防の内側へ竿を出すことにしました。
投げとウキをやろうかと思っていたのですが、まずはウキを1本。

最初に上がってきたのは・・・・・・・。

IMGP3897.jpg

あまり嬉しくない1匹です。

次に釣れたのは・・・・・・。

IMGP3873.jpg

これも有難く無いですが、ボウズでない証拠として写真を撮ってリリース。

続いて釣れたのは・・・・・・。

IMGP3899.jpg

5~6センチのチビメバル。

もっと大きくなってから来てくれることを願ってリリース。

cocoさん達は、投げ、ヘチ、ルアーなどをやっているようですが、やはり苦戦しているようです。
小魚が足元に見えるのですが、なかなか釣れません。
そのうちに、cocoさんの友達の一人(後からcocoさんに名前を聞いたところ、トーテムポールJr)が木端カレイを釣り上げました。
始めてのカレイに大喜び。

IMGP3885.jpg

当然ながらリリース。

その後小メバルが何匹か釣れましたが、持ち帰りサイズの魚は1匹も釣れていません。

cocoさん達はテトラ帯へ移動して、ブラクリなどを始めます。

IMGP3867.jpg

おお、デカイのが釣れたという声がします。

IMGP3895.jpg

20センチ位のエゾイソアイナメ(ドンコ)でした。
私はこの魚を見るのは初めてです。
cocoさんによると、肝が美味いとのこと。
これはキープしました。

その後、ドンコが何匹か釣れました。

そしてcocoさんは、テトラの間から20センチ位のムラソイ。

IMGP3903.jpg

どうやらテトラを探ると、いろいろ釣れそうです。
確かこの釣り場を紹介した記事にも、入念に探るのがコツとか書いてありました。

私のウキの方は何も来なくなりました。
でも、足場の悪いテトラを渡り歩くのは怖い。
老人は安全が第一です。

そこで、なす型オモリの先に針を1本付け、テトラには乗らずに堤防から竿が届く範囲で少し探ってみます。
軽いアタリがありました。

IMGP3907.jpg

6センチ位の小メジナ。
リリース。

4時を過ぎて暗くなってきました。
海に沈む夕日が綺麗です。

IMGP3904.jpg

テトラは止めて、ウキに戻ります。
テトラの探りに使った仕掛けをヘチに入れておきます。

ウキの方は餌取りはあるものの、針がかりしません。
そうしているうちに、ヘチに投入しておいた竿がピクピク動きます。
18センチ位のメジナでした。
これはキープすることにしました。

IMGP3912.jpg

その後同じ位のメジナをもう1匹追加。

cocoさんの竿には17センチ位の木端カレイ。
これは針を飲み込んでしまっていたので、やむなくキープすることに。

IMGP3908.jpg

5時30分。
真っ暗になりました。
アタリもありません。
そろそろ片づけを開始して、6時終了。

本日の釣果
coco さん
ムラソイ     1匹
エゾイソアイナメ 1匹 
木端カレイ    2匹 
クサフグ      1匹 
カニ    1匹 

りょうけ さん(cocoさんの友人)
小メバル     3匹 
ムラソイ     1匹 

トームテムポールJr さん
小メバル     3匹 
木端カレイ    1匹 
エゾイソアイナメ 2匹 

川越の魚人

サビハゼ アサヒアナハゼ 1匹(ご指摘により訂正) 
クサフグ     2匹 
小メバル     2匹 
メジナ      3匹 

IMGP3915.jpg

15センチ以下は原則としてリリース。
キープした魚はこれだけです。
私が全部持ち帰る事になりました。

家に帰ってから、魚体を良く見ると1匹のエゾイソアイナメに何かに噛まれたような傷がありました。

DSCF0316a.jpg

cocoさんに聞いたところ、ウミヘビの仕業ではないかとのこと。

cocoさん。
cocoさんのお友達の、りょうけさん、トーテムポールJrさん。
そして1日を費やして車の運転をして下さったcocoさんのお兄さん。
本日はありがとうございました。
おかげで、楽しい竿納めをすることが出来ました。
機会があったら、またご一緒しましょう。
良いお正月をお迎えください。

DSCF0306.jpg

持ち帰った魚は、正月料理?として美味しく食べさせていただきます。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
クロダイは小さいうちは全部オス。
それで、クロダイの小さいのを「チンチン」というのだ。


小さいうちは全部オス・・・これは本当です。
だからチンチンという・・・これはウソです。

先日若洲で間違って?クロダイを釣ってしまったので、
魚の雑学に追加しました。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
ここ数日寒い日が続いたので、亀さんはついに冬眠に入りました。
水槽の水を抜いて、枯葉の布団の中の寝かせました。
光が入らないように、水槽に段ボール箱を被せてあります。

DSCF0302.jpg

この、鉢の下の段ボール箱の中で、亀さんは眠っています。
永遠の眠りではありませんよ。(念のため)
でも、元気に目覚めてくれるかと、いつも心配になります。
3月頃まで、しばしのお別れです。
来春も、元気で目を覚ましてくれよ!。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
わが家の亀さんは、毎年12月~3月位までは冬眠させている。
12月の初旬になると、じっと眼をつむって動かなくなるので、水槽の水を抜いて枯葉の寝床の中で眠らせるのだ。
昨年は、12月9日に冬眠させた。

今年も、11月10日過ぎ頃から餌は食べなくなった。
そして、水中で目をつぶってうつらうつらしている事が多い。
しかし、そろそろ冬眠させようとすると、時々水槽の中でゴトゴト動き回ったり、人が近づくと「まだ眠ってないぞ~~~」と目を開けたりする。
首をしっかり引っ込めて、目をつぶっていたので眠っている状態を写真に撮ろうと思ってカメラを向けたら、目を開けてしまった。

DSCF0290.jpg

顔だけアップするとこんな具合です。

DSCF0289-a.jpg

まだ眠っていないのに、冬眠させてしまっては悪いような気がしてまだ冬眠させられずにいます。
今年は冬眠せずに頑張るつもりでしょうか?

12月15日(木)

数日前、釣りバカ少年さんから「15日、若洲でメジナ狙い」とのお誘いをいただいた。
実は、10日頃から本牧のサバが続いてたので、もしサバが釣れそうならこの日は本牧へ行こうかと考えていたところだったが、サバが来るのは午前中が多いらしいので、サバの方は諦めて二つ返事でご一緒させていただくことにした。

釣りバカ少年さんとのメジナ狙いのご一緒釣行でボウズのことはこれまで1度も無かった。
今回もまさか、ボウズになることは無いだろう。

だいぶ前に買ったアミエビが冷蔵庫に入っていたのを思い出して持って行くことにした。
途中釣り具店に寄って、アオイソメとコマセを購入。

2時30分、釣り場到着。
釣りバカ少年さんも、ピタリ同じ時間に到着した。
今日もとても良いお天気だ。
暖かくて風も無い。
「釣れそうな雰囲気だ」と釣りバカ少年さんは言う。

早速竿を出す。
とりあえずウキ1本でやる予定。

早速・・・・・・・・。

5センチ位のアカオビシマハゼが続けて2匹。
亀さんは冬眠中なので、これはリリース。

その後は、何のアタリも無し。

釣りバカ少年さんは、今回はあちこち移動して釣り歩く作戦とのこと。
足場の悪い磯での移動は老人には危ないので、私は1ヶ所にとどまって釣ることにした。

IMGP3848.jpg

1時間・・・・・・何も釣れません。
コマセを散いても何の反応もありません。
棚を深くして、沖目を狙ったり、1メートル位に浅くしてすぐ足元を狙ったり・・・・。
何の反応もありません。

2時間・・・・・・ウキは静かに浮いているだけです。
魚の気配はありません。

ダメもとで、胴突き仕掛けを投げ込んでおいてみましたが、これにも何の反応もありません。

4時を過ぎて日が落ちてきました。

IMGP3843.jpg

そろそろ釣れ始めて良い頃なんですが、ダメです。
餌をアミエビに変えてみても効果なし。

釣りバカ少年さんが時々戻ってきて、「釣れない、釣れない、釣れない・・・・」といってまたどこかへ移動。

暗くなってきました。
電気ウキに変えました。

やっぱり何も釣れません。
アタリも全くありません。
今日は、まさかのボウズでしょうか。

7時、そろそろ満潮です。

10数メートル位離れた場所にいた釣りバカ少年さんがやってきて、
「なかなか針がかりしないけど、頻繁にアタリがある場所があるので、そっちでやって見ませんか。」

私は、釣りバカ少年さんのいた場所へ移動。
釣りバカ少年さんは、別の場所へと移動。

なるほど、早速チョコチョコとアタリがあります。
しかし、針がかりしない・・・・・

何度かのアタリでやっと針がかり・・・・・・
何だろう?

IMGP3854.jpg

18センチのカサゴでした。
良かった~~~~~~~。

満潮から下げに入った時間です。
時合いが来たかな。

やる気が湧きます。
続いて投入。
しかし、また静かです。

ふと思いついて、餌をオキアミに変えてみました。

すると、早速ウキが沈みます。

アワセます。

掛りました。

お!!。

良い引きです

大きそうです。

何だろう。

足元まで引き寄せます。

暗いので見えません。

バチャバチャ暴れています。

20メートル程離れた所にいた釣りバカ少年さんに、タモ網出動を要請。

足場の悪い磯を、急いで駆けつけてくれました。

無事にタモ入れ完了。

あがって来たのは、まさかの・・・・・・・・・

IMGP3852.jpg

クロダイ  32センチです。

想定外のまさかの釣りものでした。
人生初のクロダイでした。

今日はこれだけで満足です。

その後釣りバカ少年さんが、20センチオーバーのメジナを1匹。
メジナもまだ健在だったようです。
私が頂戴しました。

8時納竿。

本日の釣果

クロダイ 1匹 32センチ
カサゴ  1匹 18センチ
アカオビシマハゼ 2匹(リリース)

DSCF0285.jpg

さて、32センチはクロダイで良かったのかな。
もしかしたらカイズかも。
調べて見ました。
30センチ以上はクロダイ。
良かった~~~~。

釣りバカ少年さん。
今日は誘ってくれてありがとう。
良い場所をありがとう。
仕掛けをありがとう。
そして、メジナをありがとう。
いろいろありがとう。

本牧に行がなくて正解でした。
良い1日でした。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
12月10日(土)

最近の釣果はどこもあまり良くないようだ。
うみかぜ公園にしようかとも思ったのだが、入場券が1枚残っていたので、磯子海釣り施設へ行くことにした。
釣果情報によると、ウミタナゴ、メジナ、コノシロなどがボチボチ釣れているらしいが、大物は期待できないようだ。

11時頃釣り場到着。

IMGP3831.jpg

土曜日とあって、手前側はやや混んでいた。
バケツの中を覗きながら、歩いたが今のところあまり釣れていないようだ。

IMGP3833.jpg

トイレの角を曲がった側の釣り桟橋の先端付近はガラ空きだった。
空いているというのは、釣れない場所なのだろうか、それとも入口から遠いので、ここまで来る人は少ないのだろうか。
釣れそうな場所よりも、空いている場所優先で、そこへ竿を出すことにした。

とりあえずウキを1本。
時々アタリがあり、餌を取られるのだが針がかりしない。
隣のおじさんが、水中を覗きこんで、「小さいのがいっぱいいるけど喰わないねぇ」といっていた。
私は目があまり良くないので見えないのだが、メジナやメバルなどの小魚がたくさんいるらしい。

昼頃になってやっと1匹。
16センチ位のウミタナゴだった。
ボウズだけは逃れられそうだ。

IMGP3839.jpg

その後しばらくして、同じ位のサイズのウミタナゴをもう1匹追加。

そしてまたしばらくして、小メバルを1匹。

IMGP3840.jpg

3時頃、今度は16センチ位のメジナ。

IMGP3838.jpg

小さいなぁ。
でも今日は持ち帰ります。
なんせ、有料釣り場ですから・・・・・・。

その後希小メジナをもう1匹追加。

バケツの中はこんな具合です。

IMGP3834.jpg

4時頃からピタリと何も釣れなくなりました。
満潮が近いので、潮の流れが止まったのでしょうか。

4時40分納竿

本日の釣果

メジナ 2匹 (15~16センチ)
メバル 1匹 (14センチ)
ウミタナゴ2匹(15~16センチ)

DSCF0233.jpg

もっと大きいのが釣りたかったが、贅沢は言わないことにします。
釣れてくれたお魚に感謝。
唐揚げにして、美味しく食べさせていただきました。

入口側の釣り桟橋では、投げではアイナメが釣れていたようです。
投げもやって見ればよかったかな?。

<追加情報>
「若洲てーぼ」の亀さんのブログが更新されているので、見たら何と・・・・「サバ大漁」とある!!。
本牧の釣果情報を確認すると、な、な、な、なんと・・・・
サバ630匹。
本牧へ行けば良かった~~~~~~。






テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
水温が下がって、釣れる魚種が少なくなりました。
魚の適水温の表を見つけたので、データをお借りして載せてみました。

tekisuion.jpg

この表を眺めながら、今度は何を狙おうかなどと考えています。

でもこの種のデータは、研究機関や研究者などよって差があるようです。
地域や海の地形などによる違いなのかもしれません。
例えばグレ(メジナ)は、この表では16度~22度となっていますが、12度~26度と記述したものもありました。
したがって、これは一つの参考、目安と考えた方が良さそうです。

水温の1度の変化は、気温の5度くらいの変化に相当するそうです。
また、適水温の範囲内であっても、魚は水温の変化に敏感に反応するので、前日より水温が上がった日や、数日間の水温が安定している日が釣りには良いようです。

そうは言っても・・・・・・。
気温の変化と水温の変化には差があって、今日は天気が良いから、即海水音も上昇というわけには行かないようだし、現実にはなかなか難しいですね。

最近の東京湾の海水温は、14~15度位でしょうか。
何を狙おうかなぁ・・・・・。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
ちょっと風邪を引いてしまい、先週は釣りに行けませんでした。

若洲のメジナはもう終わりかと思っていたら、5日ほど前に、このブログを見て下さっている方から次のような内容のメールをいただきました。

「小学6年生です。自分で考案した仕掛けを使ったら、23センチと18センチのメジナが釣れました。」

おめでとうございます。
すごいですね。

釣れた人がいるということは、まだメジナはいるようですね。
どこかへ行ってしまったのかと思ったら、水温が下がったために喰いが悪くなっただけなのでしょうか。

もう1年位更新していない「魚の雑学」のホームページを思いだして、久しぶりでメジナの事を調べて書いて見ました。
いつも、暗くなってからでないと釣れないのでメジナは夜行性の魚かと思っていたら、昼行性だったんですね。
夜は岩陰などで眠っていて、早朝餌を探しに出かけていって、夕方になると寝場所へ戻って来るという、なかなか規則正しい生活をするお魚のようです。
夜遅く釣れるのではなく、朝の出勤時間と、帰りの帰宅時間が狙い目だそうです。

場所によっては、寒くなると深場へ行ってしまうこともあるらしいのですが、若洲の場合はどうなんでしょうね。

というわけで、久しぶりで「魚の雑学」を更新、メジナを追加しました。

風邪は治ったので、今週末か来週あたりは、どこかへ出かけたいと思っています。
どこにしようかなぁ・・・・・。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用