AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2010年09月
皆さんこんばんは!
今日は「一緒に釣りをしましょう会」のご案内です。
本年4月17日、ブログで知り合った釣り仲間が青海南埠頭公園に集まって、「Getto!杯」なる釣り大会を開催しました。
この時の幹事は、ヘチローさん。
参加者は9名。最年少は高校生釣り師のcocoさん。最高齢は(たぶん)近々70歳になろうとしている私。
若者からお年寄りまで広~い年齢層ですので、誰でも気軽に参加できますよ。
この時は、参加費500円。ルールを決めて、優勝者には賞品をという形式の釣り大会でした。
その時の様子はこちらをご覧ください。

その後高校生釣り師cocoさんが幹事を引き継いで、7月17日に2回目の集まりを持ちましたが、この時は名称を「一緒に釣りをしましょう会」と変更して、参加費無料、誰でも気軽に集まって一緒に釣りをするという形式にしました。
2回目の開催なのですが、名称が変わったため「第1回みんなで釣りをしましょう会」となっています。
このときの様子はこちらをごらんください。

ただいまcocoさんが中心で「第2回みんなで釣りをしましょう会」を企画中です。
場所はどこがいいか。
どんな形式が良いか。
などなど・・・・・・・・・。
cocoさんがアンケートを募集しています。
皆さんのご意見、およびご参加をお待ちしております。
詳しくはcocoの釣行記をごらんください。

スポンサーサイト

9月26日(日)
うみかぜ公園へ釣行。
cocoの釣行記のcocoさんも一緒に行くことになった。
Web情報では、昨日もサバがたくさん釣れたらしい。
うみかぜ公園は平日でも混んでいることが多い。
今日は日曜日なので、混み具合が心配だった。

お昼頃釣り場到着。
予想通り、だいぶ混んでいた。

IMGP2526.jpg

「うーーん。入れる場所があるかなぁ」
などといいながら歩いて行くと「どうぞ、ここが空いていますよ」と帰り仕度をしていた方が声をかけてくれた。
着く早々、適当な場所に釣り座を確保出来てとてもラッキーだった。
周囲を見ると、ほとんどの人がウキサビキを投げているが、何も釣れている様子はない。
今の時間は投げても釣れないだろうと思い、とりあえず足元にサビキを落としておく。

P2530.jpg

足元には、ミニイワシの大群が泳いでいた。
しかし、釣れる大きさではなさそうだ。
一つの群れが通過すると、数分後にはまた次の群れがやって来るといった具合で、イワシの群れは続いたが、竿への反応は無い。
ミニイワシを追って大きい魚が来てくれるといいのだが・・・・。

IMGP2518.jpg

cocoさんは、足元に胴突き仕掛けを投入したまま、偵察に出かけていった。

そして・・・・
cocoさんの留守中に、胴突きの竿先が、グッ、グッとおじぎ。
cocoさんに代わって上げてみると・・・・。

IMGP2532.jpg

15センチ位のシマダイ。

cocoさんが、偵察から戻ってきた。
右側の方で、サバが釣れていたとのこと。
大きな群れではなく、ポツリ、ポツリと単発で釣れているらしい。

そして、それから間もなく、周囲でサバ(らしい)が上がったのが見えた。
おお!!
きたらしいな。
仕掛けをウキサビキに変えて投げてみた。

何か来たようなウキ動きがあったので、巻いて見るとサビキの針が取られていた。
大物だろうか?。

「これを使って見てください」とcocoさんが、5号ハリスの大物用サビキ仕掛けを渡してくれた。
仕掛けを替えて投入すると、間もなくウキがスポッと沈む。
巻いて見ると強い引き。
私の小型リールではなかなか巻けない。

やっと巻き上げると・・・・・

IMGP2519.jpg

約30センチのソーダガツオだった。

そして、その後続いて35センチのソーダガツオ。

さらに、もう1匹追加。

というわけで、2時判頃までの間に、30~35センチのソーダガツオを3匹確保。

その後はピタリと止まってしまった。

サビキでは何も釣れなくなったので、サビキ仕掛けにアミエビをつけて投入して見たり、胴突きで探って見たりしたが、その後私の竿は何の反応も無くなってしまった。

cocoさんは、シマダイ 1匹、カサゴ1匹を追加。

6時30分頃納竿した。

本日の釣果(2人合計で)

ソーダガツオ 3匹(30~35センチ) カサゴ 1匹  シマダイ 2匹。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
魚の雑学に「サッパ」を追加しました。

サッパのことを調べているうちにだんだん高級魚に見えてきました。
今後はサッパが釣れたらもっと喜ぶことにします。

こんどはサッパの刺身を食べて見ようかな!

9月20日(月 敬老の日)
うみかぜ公園へ行こうかと思っていたのだが、連休中はだいぶ混みそうなので、急遽予定を変更していつも空いている青海南埠頭公園へ・・・・・・。
11時半頃釣り場到着。

ウミネコさんが、出迎えてくれた。

IMGP2497.jpg

釣り場は予想通り、いや、予想以上に空いていた。
休日にこれほど空いている釣り場は珍しい。

IMGP2501.jpg

とりあえずサビキを1本。
予想通りすぐにサッパがかかった。
サッパは今日も健在のようだ。
爆釣というほどでは無いが、ポツ、ポツと釣れ続けた。
ヘチに落としておいた胴突きには全く何の反応もない。

午後からは子供連れの釣り人が何人か加わった。
周囲では、サッパとチビセイゴがわずかに釣れていたようだ。

2時頃までに、サッパを約30匹確保。
これで亀さんへのお土産は十分だ。
あとは何か別の魚を釣りたい。
ウキサビキにして、沖の方へ投げてみたり、チョイ投げをしてみたりしたが何も来ない。
2時半頃からは、サッパもほとんど来なくなった。

IMGP2505.jpg

4時頃、ヘチの胴突きにミニセイゴを1匹追加。

5時頃私の左隣に竿を出した少年が、セイゴとメバルを釣っていた。

IMGP2508.jpg

私もメバルが釣りたい・・・とヘチを探ってみたが反応なし。

6時納竿。

本日の釣果。

サッパ 35匹。 コッパ 1匹。

DSCF1577.jpg

亀さんの食料が十分に確保できたので、良しとしよう。
一部は亀さんに内緒で、人間様が唐揚げにしていただきました。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
わが家の亀さんはサッパの刺身が大好物。
釣ってきたサッパを冷凍にしておいて、毎日2~3匹づつ与えています。

「お!!。美味そうな刺身だ・・・。

#SCF1510

「お口あ~~~ん。」

#SCF1511

「パクリ!!」
#SCF1511a

「むしゃ、むしゃ。」

#SCF1512

「お!! ここにも美味そうな刺身が・・・・・」

#SCF1544

「パク、パク、美味い、美味い」

#SCF1545

DSCF1548.jpg

「満足じゃぁ~~~~~~」

9月11日(土)
わが家の亀さんは、サッパの刺身が大好物だ。
刺身が無い時は、カニかまぼこか、煮干しを食べている。
市販の餌は食べなくなってしまった。

今日は亀さんの餌を釣ることを目的に、青海南埠頭公園へ釣行。
サッパが20~30匹位釣れれば良いだろう。

サッパだけなら餌は無くても釣れそうだが、途中池袋上州屋へ寄ってアオイソメとハイパワーアミエビとかいう配合コマセを購入。
上州屋はリニューアルオープンとやらで、特売中だった。

1時頃釣り場に到着。
土曜日だというのに、釣り人は誰一人いない。
こんな暑さの中で釣りをするキチはそうは居ないようだ。

IMGP2432.jpg

サビキをコマセ無しで投入。
誘うと早速サッパがかかってきた。
亀さんの餌は大丈夫確保できそうだ。

IMGP2437.jpg

ん??。
サッパとは違った引きが・・・・・・・。

IMGP2438.jpg

青海では初めてのミニカマス。

その後も、サッパはポツポツ釣れ続けた。

2時半頃、ヘチ釣りの方が2名お見えになった。
クロダイ狙いのようだったが、3時半頃に60センチ位のスズキを釣って行かれた。

サッパの方は3時頃でストップ。
まあ、亀さんの餌は十分確保出来たので、あとは何か他のものが来てくれるといいのだが・・・・・・。
胴突きをヘチへ落としながら、少し探り歩く。
4時半頃コッパが1匹。
その後にまた1匹。

IMGP2439.jpg

5時頃、地元の方らしいご家族がおいでになった。
涼しくなってきたし、潮も上がってきた。
これからが潮時なのかも知れない。
がんばってください。

IMGP2444.jpg

私は本日の目的は達成したので、今日は早めに引き上げることにした。

IMGP2447.jpg

本日の釣果。

サッパ 22匹。 カマス 1匹。 コッパ 2匹。

DSCF1309.jpg

これで、当分は亀さんに刺身を食べさせれられます。
人間も少しいただこうかな!。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
9月6日(月)
城南島海浜公園へ行くつもりで家を出た。
途中、餌を購入するため、池袋上州屋へ。
ところが・・・・・・。
なんと、上州屋は本日臨時休業。

さて、困った。
大森駅周辺には餌を売っているところは無いようだ。
大井町にあるらしいが、餌を買うために、一つ手前の駅で降りるのは面倒だ。

途中で餌が買える無料釣り場というと、すぐ頭に浮かぶのは若洲か、うみかぜ公園だ。
電車での所要時間を調べる。
池袋から新木場まで35分。横浜まで37分。2分しか違わない。
新木場からバスに乗ることを考えると、横浜から横須賀中央へ出てうみかぜ公園へ行っても大差はなさそうだ。
それなら、うみかぜ公園の方が良さそうだ。

といわけで、急きょ予定変更してうみかぜ公園へ行くことにした。

1時少し過ぎに釣り場到着。
今日のうみかぜ公園は空いていた。
これまで数回来た中で一番空いている。
夏休みも終わったし、連日暑いせいだろう。

IMGP2424.jpg

トイレより右側付近はいつもは混んでいてなかなか竿を出せないのだが、今日は空いていたのでそこに竿を出すことにした。
どうせ今の時間帯は釣れないだろう。
食事でもして、ゆっくり始めようか。

おにぎりを食べ始めた。

ところが・・・・・・
お隣の方がサバを釣りあげた。
その隣の方も。

おお、サバが来ているようだ。
これはおにぎりなどを食べている場合ではない。
あわてて遠投サビキの仕掛けを準備して投入。

間もなくウキが沈む。
来た~~~~~~~~~~~。
30センチ余りの、まるまる太った美味しそうなサバ。
1投げ目から、ラッキーだ。

IMGP2429.jpg

続けて2投げ目。
また、ウキが沈む。

サバ2匹目をゲット。

おお!!今日はサバが入食いかな・・・・・と思ったのだが、そこでピタリと停止。
その後は、周囲の人も何も釣れなくなった。

投げサビキを続けても、回ってこなければ釣れないだろうと思い、投げサビキは一旦中止。
亀さんへのお土産が釣りたい。
サッパがウミタナゴでも来ないかと、足元にサビキを落として誘って見たが何の反応も無い。

胴付にアオイソメを付けてヘチへ落とすとすぐに、ピクピク、ピクピクと反応するのだが、全く針掛かりしない。
竿を上げて見ると、餌は綺麗に取られている。
うみかぜ公園でよくある現象だ。
針を小さくしてみたがやはりかからない。

その後5時過ぎまでは何も釣れなかった。
そして・・・・

5時半頃、右隣の方の投げサビキにサバがかかった。

おっ。来たな!!。
早速投げサビキ再開。

ウキが小さく動く。
何かがかかったらしい。

上げて見ると、20センチ位のサバ。
そして、同じ位のサバをもう1匹追加。

ずいぶん日が短くなった。
6時を過ぎるとうす暗くなってくる。
そろそろ片づけ始めようかと思い、ヘチの胴付を上げてみると、チビウミタナゴが1匹。

IMGP2430.jpg

そして、最後に足元に落としておいたサビキを上げると、18センチのアジが一匹。

IMGP2431.jpg

6時30分納竿。

本日の釣果

サバ 4匹 (32~33センチ 2匹  21~22センチ2匹)
アジ 1匹 (18センチ)
チビウミタナゴ 1匹。

DSCF1307.jpg

今日はサッパやイワシが釣れなかったので、アジとウミタナゴを亀さんのお土産にしよう。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
先日、「魚の写真は頭を左に向けた方が良いと思います」というコメントをいただいた。
そこで、改めて私のブログを確認して見た。
私は持ち帰った魚を、毎回ザルに並べて写真を撮っている。
並べるのは妻の役目だ。
ザルの写真を見ると、私が並べた例外の1枚を除いては全部左向きだ。
何故左向きに並べるのか。
妻に聞いてみると、自然にそうなるのだという。
食卓に並べる焼き魚などの向きも、左だという。
改めて比べて見ると、なるほど・・・・・・。
左向きの方が自然に見える。
右向きだと、なぜか落ち着かない。

図鑑なども、日本のものはほとんどが左向きだ。

何故だろう。
調べてみると
どうして日本人の魚の絵は左向きか
というサイトがあった。
うーーむ。
こういう事を研究している人もいるのだ。
コメントをありがとうございました。
おかげで、いろいろ勉強になりました。

魚の雑学にアカエイを追加しました。