AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2010年07月
7月26日(月)
釣友のcocoさんが、「ストロー虫」なる秘密兵器を試すために若洲へ行きたいとのことなので、同行することにした。
新木場で待ち合わせて、16時31分のバスに乗る。
快晴。
この様子なら今日は雨は降らないだろう。
キャンプ場ではセミが鳴いていた。
昆虫好きのcocoさんは、早速セミを捕獲。

IMG_0188.jpg
撮影 cocoさん (撮影後解放)

釣り場は空いていた。
キャンプ場前へ竿を出す。

IMGP2252.jpg

1本は胴突き仕掛けにウキをつけてチョイ投げ。
もう1本はヘチへ。
餌はアオイソメ。
共に何の反応も無い。

cocoさんは本日はクロダイが目的のようで、まず餌に使うカニを採取。

本日はサビキはやらない予定だったが、イワシがわずか釣れているらしいので、サビキも1本投げて置くことにした。
しばらく放置しておくと、サッパが1匹。
そしてしばらく経ってもう1匹。

胴突きやヘチには相変わらず反応が無い。

入口付近で釣りをしていた方は、カイズを何匹か釣っていたようで、cocoさんが1匹いただいてきた。

IMG_0199.jpg
いただいたカイズ(撮影 cocoさん)

魚がいるのなら、こっちでも釣れる可能性があるはずと、cocoさん頑張る。

私の竿には、
7時頃、コッパが1匹。
その後、コッパをもう1匹。

そして、cocoさんが、フッコを1匹。ちなみに餌はストロー虫だそうだ。
46センチ

IMG_0193.jpg
撮影 cocoさん

そろそろ時合い到来。これからかかな、と思った矢先・・・・・・・・
空模様があやしくなってきて、ピカリ、ゴロゴロが始まった。

雨も降ってきた。
一時は、トイレ前へ避難。
小降りになって、稲妻も遠のいたので再開したのだが、魚の気配はピタリと止まってしまった。
魚も雷が嫌いなのだろうか?

先ほどカイズを釣っていた方の話では、気圧の変化が影響しているのではないかとのこと。

その後カサゴを1匹追加。

21時15分が最終バスなので、それに合わせて納竿。

本日の釣果

2人合計で サッパ2匹 コッパ(セイゴの幼魚)2匹 カサゴ 1匹 フッコ1匹。
(本日は写真は省略)

本日は大潮、ちょうど満潮時の前後の時間帯だったので、潮的には良いかなぁと思ったのだが、渋模様でした。
なかなか思い通りにはいきませんね。

スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月20日(火)
前回の釣行のときのアオイソメが1パック残っていたので、これを消費するために、ちょっとだけ若洲へ釣行。
カンカン照りの猛暑を避けて、夕方5時頃釣り場到着。
連休明けのせいか、それとも猛暑のせいか、釣り場は空いていた。
今日は短時間の予定なので、堤防には入らずキャンプ上前に竿を出すことにした。
先客のおじさんの話では、先ほどまでは、フッコのアタリがあったが、潮が下がりだしてからは全くアタリが無くなったとのこと。
今日は、小潮の最終日。
明日が長潮。
今夜から明朝にかけては、小潮から長潮に移行する潮の動きが小さくなる時間帯だ。
釣りにはあまり良くないといわれているが、どうなんだろう。

アオイソメの消費が目的なので、今日はサビキはやめて、ウキを1本。
もう1本は、10号の針にガン玉を打ってヘチへ。
しばらくは、何も来ない。

7時半頃、先客の一人がセイゴを釣った。
猫がさっと駆け寄ってきた。
釣れるのを待って待機していたらしい。
セイゴは猫ちゃんにプレゼント。

そして間もなく、私の竿にもガツンと大きなアタリが・・・・・。
しかし、次の瞬間!!?・・  
ハリスを切って逃亡。
フッコだったのかな?

12号針、3号のハリスに換えて投入。
今度は小さいアタリが・・・・。
コッパだった。
小さいくせに大きい針を飲んでいる。


またアタリが・・・・・。
来る時は、続けざまに来るものだ。

しかし、餌を半分喰いちぎって逃亡。

そして、やっと来ました。
25センチのセイゴ。
小さいけど、まあいいや。
猫ちゃんには、あげないよ。!!

ウキの方には全く何の反応も無い。
ヘチの方も、その後ピタリとアタリは止まってしまった。
時合いは30分位で去ってしまったようだ。
9時まで頑張ったが、その後は不発のまま納竿。

本日の釣果。
セイゴ 25センチ 1匹。 コッパ 1匹。
本日は、釣り場での写真は撮りませんでした。

DSCF1256.jpg

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月17日(土)一緒に釣りをしましょう会

先日、「一緒に釣りをしましょう会」幹事のcocoさんと釣行したとき、原則として準備は不要となっているが、名札くらいは作った方がいいかなぁ・・・というような話になった。
前回の「Gett!杯」の時に使った名札をそのまま使ってもいいが、会の名前が変わったし、新しい参加者もいる。
そんな話の中で、たまたまTシャツの話が出た。
Tシャツなら、パソコンで作れる。
そして、100均のTシャツがあることを確認。
これなら、名札と同じ位の費用で出来る。
というわけで、cocoさんと、ああでもない、こうでもないと、デザインや入れる文字などを検討して、オリジナルTシャツを作成した。

DSCF1254.jpg


サイズはGett!杯参加者の集合写真から推定。
新しい参加者の方の分はLサイズとさせていただきました。
サイズが合わなかったらゴメンナサイ。
また、100均のシャツですから、品質は価格相応、使い捨てと思った方が良さそうです。

開催日当日、池袋でcocoさんと待ち合わせて餌を調達し、13時頃テレコムセンターへ到着。
天気は快晴。
今日から梅雨明けらしい。
釣り場に向かう空には、何と!魚の形の雲が浮かんでいる。

IMGP2213.jpg

南風が強く、海はやや荒れ模様。
何人かの釣り人がいた。
IMGP2218.jpg

本日の予定は
1.公園のゴミ拾い
2.釣り
3.飲み会

となっている。
まだ、誰も来ていないので、とりあえずゴミを拾っておこう。
cocoさんと二人で公園内を回ってみたが、ここの公園はとてもきれいでゴミは非常に少ない。
あえて言えば階段付近にタバコの吸い殻が少し目立つ程度だった。
30分程度でゴミ拾いは終了。
釣りをしている方の様子を見て回ると、サッパが少し釣れているだけといった状況。

何人かの方から、遅れるとの連絡が幹事のcocoさんに入ったようだ。
皆さんいろいろ忙しそうだ。

集合時間の2時を過ぎたので、2人で釣りを始めることにした。
私は、今日はサッパを30匹程度にしておこうと決めていたので、まずサビキを1本出した。
コマセは使わない。
竿を上下に振って誘うと早速サッパがかかってきた。
前回の入れ喰いほどではないが、ポツポツながら釣れ続く。

cocoさんは今日はサビキはやらず、最初から大物狙い。
サッパを餌にして、泳がせ釣りを始めた。

しばらくすると、cocoさんの竿が動く。
大物らしい。
頑張って、やりとりをするのだが、姿を見ることなくバラシ。
どうやらエイのようだ。

私の竿は相変わらずサッパが釣れ続ける。
どうやら、予定の30匹は超えているようだ。

サッパ以外の魚も釣りたいと思い、胴突き仕掛けにアオイソメをつけてヘチに落としておいたが、こちらの方は無反応。

cocoさんの泳がせ釣りには、何度か大物が来たようだが、いずれもバラシ。
サッパを泳がせると、ほぼ確実にエイが喰いついてくるようだ。

3時過ぎに、ホリさんが加わった。
そして5時過ぎにヘチローさんとイッチーさんが加わった。
他の方は都合でこれないようなので、飲み会と称して軽く飲食することに。
食べ物を何か1品持ち寄ることになったいたので、私は青海特産のサッパを唐揚げにして持参。
好評。

6時50分。日が沈みはじめる頃、cocoさんの泳がせ釣りの竿が動く。
またしてもエイらしい。
今度こそは仕留めようと、cocoさん必死。

IMGP2234.jpg

隣でホリさんが、いろいろアドバイス。
5分・・・・・
10分・・・・・・・
15分・・・・・・・・・
20分・・・・・・・・・・・

エイは、右へ、左へ、上へ、下へ・・・・・なかなかリールが巻けないようだ。

日が沈んでてあたりは暗くなってきた。
怪物との格闘はまだまだ続きそうだ。

皆、自分の釣りを中断して、かたずを飲んで見守る。

IMGP2239.jpg

ついにcocoさん力尽きてホリさんと交代。
そして格闘が続く。
30分・・・・・・・。
40分・・・・・・・・・・。
45分・・・・・・・・・・・・・。
だんだんと近づいてくる。

しかし
まだ姿は見えない。
表層近くへ来たと思うと、深く潜ってしまうらしい。

そして格闘を始めてから約50分位たった頃。
見えた。
やはりエイだ。
cocoさんが、タモ網で捕獲。
周囲から一斉に拍手が・・・・・・。

IMGP2241.jpg

失礼してお腹の方も撮らせていただきました。

IMGP2250.jpg

撮影後、エイ様は、素晴らしいショーを楽しませていただいたことに感謝して、海へお帰りいただきました。

cocoさん、ホリさん、そしてエイ様 お疲れ様でした。

約1時間近くに及ぶ、手に汗を握る捕り物ショーは今日の最大イベントになりました。

ここで、終了予定の8時近くになってしまいましたが、それから各人それぞれ分かれて釣り開始。
私とcocoさんは、二人でヘチを探り歩いたがアタリも無く、9時を過ぎたところで納竿。

本日の釣果
家に帰って数えてみたら、サッパ56匹 おまけに、コッパ1匹 ミニミニサイズのイワシ2匹。

DSCF1250.jpg


サッパが予定以上に釣れてしまいました。
そして、珍しい捕獲ショーも見ることが出来て、楽しい一日でした。
皆さんありがとうございました。

その後残って釣りを続けらた方の釣果はどうだったのでしょうか。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月11日(日)
今週の土曜日(17日)は、釣友cocoさん主催の「一緒に釣りをしましょう会」開催予定の日。
そこで本日はその下見を兼ねて、cocoさんと一緒に、青海南埠頭公園へ釣行。
10時に池袋で待ち合わせて、餌を購入。
コマセも買おうかと思ったが、サッパならコマセは要らないのではないかというcocoさんの提案で、今回はアオイソメだけにした。
正午近くに、釣り場到着。
日曜日だというのに、釣り人は数名程度でガラ空き。
これが青海の良いところだ。

IMGP2209.jpg

ちょうど干潮の時間とあって、水面はだいぶ下がっていた。
向かい風がやや強かったが、涼しくて丁度良い。
サッパが釣れているのが見えた。
早速、4号針のサビキ仕掛けを用意して投入。コマセは使わない。
竿を落すとすぐに、サッパが1荷で3匹かかってきた。
けっこう良いサイズだ。
入れ喰い状態で、竿を落としさえすれば、次々とかかってくる。

2時間位で、2人合計で約80匹位釣りあげた。

3時ころ、サッパが少し遠のいた。

ルアー釣りの方が声をかけて下さり、いろいろお話をした。
その方もブログを開設しているそうだ。

サッパはこの位にして、他の魚を釣りたい。
cocoさんは、サッパを生き餌にして、泳がせ釣りをはじめた。

すると・・・・・・「cocoの釣行記」をご覧ください。

少し遠くへ投げれば、別の魚が来るかもしれないと思い、7号針のサビキ仕掛けに変え、針にはアオイソメを付けて、ウキサビキで投げてみた。
しかし・・・・・
やはりかかってくるのはサッパだけ。

胴突仕掛けを用意して、ヘチへ落としてみた。
胴突きには何も来ない。

アナゴでも来ないだろうかと、投げを1本投入。
こちらも不発。
しかし、何者かに餌を取られている。

4時過ぎ頃から雨が降り出した。
カッパを着て続行。

一時遠のいていたサッパがまた入喰い状態に・・・・・。
きりが無いので、100匹を超えたところで、持ち帰り用サッパは終わりにし、その後は生き餌用としてキープすることにした。

先ほどのルアー釣りの方が、フッコを釣りあげた。
下さるとのことで、私が持ち帰ることにした。
ありがとうございました。

雨は小降りになり、止むかと思われたが止むことなく降り続く。
夕方は、風も強くなってきた。

サッパ以外の魚を何とか釣りたいと、7時まで頑張ったが、ヘチに落としておいた胴突きに、一度フッコらしいバラシがあったのみで、結局はサッパのみの大漁となった。

本日の釣果。
サッパ 110匹(2人合計で)

そのうち、60匹を私が持ち帰った。

DSCF1239.jpg

我が家は当分サッパ料理が続きます。
今週土曜日は、
「一緒に釣りをしましょう会」です。
私は、サッパで満足する予定ですが、cocoさんが、大物の存在を確認しておりますので、皆さんはぜひ大物に挑戦してください。
お会いできるのを楽しみにしております。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
7月8日(木)
川崎の東扇島西公園は、以前から関心があったのだが、バス停からだいぶ歩くらしいので敬遠していた。
6月から西公園行きのバスが出るようになったとの情報を得たので行ってみることにした。

川崎からバスで約40分。
お昼頃釣り場到着。

IMGP2181.jpg

釣り場の雰囲気は、青海南埠頭公園と似ているが、全長が約600メートルと、青海より長そうだ。

IMGP2197.jpg

公園にはトイレと自動販売機はあるが、ゴミ箱は無い。
「ゴミは持ち帰ってください」と書いてあるのだが、レジ袋などに入ったゴミがトイレ横に積まれており、それが風に舞って散乱している。
困ったものだ。
無料の釣り場なのだから、当然ゴミくらいは自分で始末せねばなるまい。

駐車場には、*竿釣り具店の出店がでていて、餌などを売っていた。
餌やちょっとした釣り具なら購入できそうだ。

IMGP2199.jpg

釣り人はそう多くはない。
空いているところへ適当に竿を出す。

まず、ヘチへ胴突きを1本落としてみた。
水深は3メートル位のようだ。
さっそく、コツコツ、コツコツと竿が小さく動く。
何かがいるらしいが、針がかりする様子はない。
しばらくたって上げてみると、餌がなくなっていた。
何か小魚がいるらしい。

次に投げを1本、適当に投入しておく。

また、ヘチの胴突きが、コツ、コツ・・・・・・と。
何度か、コツコツが続いたあと、竿先が大きく下がった。
上げてみると・・・・・

IMGP2186.jpg

5センチくらいのチビメバル。
本日初の獲物なので、まずはキープ。

こんどは、サビキを1本投入。
間もなく、何かが・・・・・・・。

IMGP2202.jpg

小さいウミタナゴが1匹。

しばらく経って、投げておいた竿を巻いてみると、なにやら重い。
しかし、魚の気配ではない。
大きいヒトデか、それともゴミ??。

上がってきたのは・・・・・・

IMGP2204.jpg

甲羅長9センチ位のカニ。

次は、サビキにサッパ。

IMGP2203.jpg

その後、サッパと、チビメバルが、ポツリ、ポツリと釣れ続ける。
チビメバルは10匹ほど釣れたが、亀さんへのお土産に2匹だけキープしてあとは即リリース。

4時頃、サッパも居なくなったようなので、釣り場の先端まで歩いてみる。
ここの釣り場は、入口の近く(トイレ前近く)と、先端付近が少し混んでいるが、中央部はガラ空きのようだ。
先端付近では、何人かの人が大きなウキを浮かべていた。
スズキ狙いだそうだ。

IMGP2191.jpg

見てまわった範囲では、良型のキスが1匹。
あとは、サッパ。
そのほかの魚の姿は見当たらなかった。

5時半頃、またサッパが釣れ出した。
日中は、1匹づつポツ、ポツだったが、今度はサビキに1荷で3~4匹かかって来るようになった。
入れ食い状態。
しかし、あばれて仕掛けがからんでしまい、なかなか手返し良くとは行かない。
それでも、30匹位は確保した。

まだ、続ければ釣れそうだが、今日はこの辺で終わりにしよう。
6時半納竿。

IMGP2206.jpg

本日の釣果。

家に帰って良く見ると、サッパにまじって、小アジが1匹入っていた。
おお!!。アジもいたんだ。

DSCF1238.jpg

サッパ 37匹。ウミタナゴ 3匹。小メバル 10匹(内8匹はリリース)小アジ 1匹。 カニ 1匹。

というわけで、五目釣りが出来ました。

DSCF1235.jpg

この釣り場も悪くないですね。
また時々来ようと思います。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用