AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2009年10月
10月27日(火)
昨日の台風は、夜のうちに過ぎ去ったようだ。
今朝の本牧のホームページには、「本日は平常営業」とあった。
台風が通過した直後はいつも釣果が落ちるようなので、どうかなぁ・・・と思ったが出かけることにした。
10時頃ゆっくり家を出て、12時半頃釣り場に到着。
本牧にしては、比較的空いていた。

台風のあとの空は青く澄み渡り、水も綺麗だ。
水清くして、魚住まずかもしれない。
前回ボウズだったことについて、サビキの種類を変えてみたはどうかとのアドバイスをいただいたので今日は、ピンクスキンとハゲ皮の2種類を用意して試してみることにした。
沖桟橋の中ほど内側にサビキを2本出す。
20センチ~30センチ位のサバ、ソーダ、アジが来ることを想定して、針は8号。
しかし、何の反応も無い。
周囲にも釣れている人は1人も見当たらない。

IMG_27991027.jpg

2時頃、外側に移動してみたが、やはり竿はピクリともしない。
ぶらぶらと、沖桟橋の先端まで見物して歩いたが、誰も釣れている様子は無い。

IMG_28201027.jpg

3時過ぎに、カモメがの群れが飛んできて、海上を旋回し、水面の降りてきた。
カモメが降りてくるあたりには何か魚がいるのだろうか。

IMG_28581027.jpg

1時~4時を過ぎ頃まで、何一つ釣れない時間が続く。
4時半頃、渡り桟橋の時計付近に人が集まりだした。
夕方のアジ狙いのようだ。
私も、渡り桟橋に移動することににした。
渡り桟橋は、時計の事務所寄りの方に集中していて、沖桟橋寄りの方はがらすきだった。
混んでいるところは避けて、時計より沖桟橋側の空いているところへ竿を出す。

IMG_28661027.jpg

5時近くに、時計付近のおじさんが、サバを釣り上げた。
今日の目撃第1号だ。
続いて来てくれることを期待したが、サバはその1匹でおしまい。群れではなかったようだ。
5時半頃になると、15センチ位の小アジがポツポツ釣れだしたが、時計より事務所側の方に集中している。
沖桟橋寄りの人はほどんど釣れていない。
私の竿にも何も来ない。場所が悪いのか、また8号の針は小アジには大きすぎたかも知れない。
結局、ボウズのままに、6時半頃納竿。

家に帰って、本牧のホームページの速報を見ると、2時45分現在で「この時間まで何も釣れていません」・・・・とあった。
お魚も台風で飛んでいってしまったようだ。



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月19日(月)
本牧では、ソーダガツオ、サバ、コノシロが釣れているらしいので、行って見ることにした。
昼頃釣り場に到着。
平日だというのに、沖桟橋は満員の混みようだ。

IMG_27861019.jpg

いつものことながら、私が釣り場に到着した昼前後はあまり釣れていないようだ。
渡り桟橋の中ほど内側があいていたので、そこに竿を出すことにした。
サビキ以外はほとんど釣れていない様子なので、今日はサビキを2本。

IMG_27821019.jpg


1時頃から、周囲でポツ、ポツ、ソーダガツオが釣れだした。
15分~20分に1匹位の割合で、あちこちで釣り上げている。
棚は浅く、水面から2~3メートル位とのこと。
棚を変えたり、竿を上下に振ったりしてみたが、私の竿には何も来ない。
どうやら、外側の方で多く釣れているようだ。
渡り桟橋の内側と、外側、ほんの2メートル位しか離れていないのに何か違いがあるのだろうか。
私の斜め後ろのおじさんは、名人と見えて何匹も釣っている。
渡り桟橋の直下へサビキを落として、じっと待っているだけなのだが、20分に1匹位の割りで上げている。
私は一匹も釣れないでいるうちに、そのおじさんは5~6匹釣ったようだ。

後ろが少し空いたので、外側へ移動。
右側の二人の若者も、1、2匹釣り上げた。

周囲で釣れているのに、何も来ないと焦りますね。
なぜ来ないのか。 竿を動かしたり、棚を変えたり、オモリを変えたりしてみてもダメ。
何故なんでしょう。

3時頃、コツンとあたりがあったが、針がかりなし。
4時頃、竿を上下に動かしていると、グンと手ごたえが・・・・・・・・・。
やっとのことで、30センチ位のソーダガツオを1匹ゲット。
やれ、やれ、何とかボウズにならずに済んだ。

何とかもう一匹欲しいと粘ったが、その後は音沙汰無し。
5時頃、隣にやってきたお姉さん。
サビキを投入して30分位で、大きなソーダガツオを一匹ゲットして引き上げていった。
釣れる人は、短時間でも釣れるものだと、関心する。

6時頃まで頑張ったが、その後は何の反応も無いままに納竿。

本日の釣果  ソーダガツオ1匹。(28センチ)
ちょっと淋しいが、初めての獲物なので良しとしよう。

IMG_27981019.jpg

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月14日(水)
Webの情報では、台風後はあまり良くないようだ。
本牧にしようか、大黒にしようかと迷ったが、大黒へ行くことにした。
11時30分頃釣り場に到着。
平日の割には混んでいた。

IMG_27671014.jpg

今日は、内側、外側ともに、竿がならんでいる。
先端の方が混んでいるようだ。
ほとんどの人が、ウキサビキを出している。
サバかソーダガツオ狙いなのだろう。

IMG_27691014.jpg

いつもの事ながら、私が釣り場に到着するお昼前後は釣れないタイムのようだ。
周囲に釣れている人は見当たらない。

先の方は混んでいそうなので、入り口付近の内側に竿を出す。
1本は、サビキをヘチに落とす。
もう1本は、ウキサビキでちょい投げ。

1時間、2時間・・・・・・何も釣れる気配は無い。
たいくつなので、ブラブラ見て回る。
お!!、釣れている人発見。
ソーダガツオのようだ。
こんなのが来てくれるといいのだが・・・・・・。

IMG_27731014.jpg

3時頃・・・・・・・・。
ヘチに落としておいたサビキに強い引きが・・・・・・・。
何やら大物らしい。
リールを巻くと、魚の姿が・・・・・40センチ位のボラ。
ボラはパス。
竿をフルと、自力で脱出して海へ帰って行った。

4時頃から、周囲ではソウダガツオが釣れだした。
特定のポイントに集中して来るようだ。

しかし、私の竿には何のアタリも無いままに、30分ほどで魚は通り過ぎてしまった。
5時 納竿。

本日の釣果  ボウズ




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
10月1日(木)
今日も青海南埠頭公園へ行くことにした。
どうせ昼間は釣れないだろと思い、午後ゆっくり家を出て4時少し前に到着。
釣り場の先客は1名だけ。
メバル狙いの方のようだが、何も釣れていないとのこと。

ワンド入り口付近のいつもの場所へ竿を出す。
ウキを1本。胴突きをヘチに1本。

IMG_27491001.jpg

何の反応も無い時間がしばらく続く。
夕方にならないと釣れないだろうと予想していたので、気長に待つ。
5時半頃、20センチ位のセイゴが1匹かかった。
続けて来てくれるかな・・・・と期待したが、その後はパタリと音沙汰なし。
綺麗な夕やけで、海はそろそろ魚が来そうな雰囲気なのだが・・・・・・。

IMG_27621001.jpg

メバル狙いの先客の釣り人の竿にも、セイゴが1匹。
その方は、セイゴはいらないとのことなので、私がいただくことにした。

6時半頃、もう1人の釣り人が加わった。
近くの方らしく、自転車で来られたようだ。
数日前に来た時はセイゴが何匹か釣れたとの事。
ワンドの一番奥の角あたりで電気ウキで釣りはじめた。

ワンドの入り口付近の私の竿は、その後ミニメバルが1匹かかっただけで、後は何も来ない。
7時頃、何も釣れそうもないので、そろそろ帰ろうかと思っていたところ、ワンド奥の電気ウキのおじさんがやってきて、「セイゴが3匹続けてかかりましたよ。あそこでやって見ませんか」と声をかけてくれた。セイゴが釣れるなら、もう少し頑張って見ようと思い、ワンドの奥側へ移動。
ウキ下は2尋程度との事。
おじさんの隣に竿を出させていてだいた。
おじさんの竿には、1匹、また1匹。20センチ前後のセイゴがかかる。
しかし、私の竿にはアタリ無し。

「ちょっと巻いて見ませんか」と言って、おじさんがセイゴのかかった竿を私に持たせてくれた。
引きが強い!。大物かと思ったが、18センチ位のセイゴだった。
「竿が柔らかいので、小さな魚でも、強い引きを感じるんですよ」と教えてくださった。
私のチョイ投げ用の竿は硬いので、感度が鈍く小さな魚では引きはあまり感じない。

結局、私の竿には何も来ないままに8時近くに納竿した。

おじさんは、1時間位の間に20センチ前後のセイゴを6匹位釣り上げたようだ。

釣れない私と、名人のおじさん。どこが違うのだろう。
名人・・・・竿がやわらかい。 1号オモリの電気ウキ。 1本針のウキ用仕掛け。感度が良いので、アタリがとりやすそうだ。

私・・・・・・チョイ投げ用の硬い竿。 4号オモリの大き目の棒ウキ。 2本針の胴突き仕掛けで下に4号のオモリをつけている。オモリが重過ぎるせいか、魚が小さいとアタリがわかりにくい。

釣れないのは、仕掛けやオモリの違いが何か影響しているのだろうか。要勉強

本日の釣果  セイゴ1匹(20センチ位) ミニメバル 1匹 ダボハゼ1匹。  いただきもの セイゴ1匹

IMG_27641001.jpg

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用