AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2009年02月
2月18日(水)
前回のアオイソメが大分残っていた。まだ元気そうだ。
捨てるのももったいないので、ボウズ覚悟で若洲へ行くことにした。
天気は快晴。天気予報では、冬型の晴天で気温は低く寒いとの事だったが、風も無く海は穏やかで暖かかった。
11時頃到着。
キャンプ場前は、釣り人は1人だけ。
堤防の中央から先端にかけては、だいぶ竿が並んでいるようだが、カレイは最初から諦めて、キャンプ場前の入り口付近に竿を出す。
ウキを1本。
水深は浅く、ウキ下は1尋半位で、底すれすれのようだ。
何となくウキの動きがおかしいので、上げてみるとチビハゼがかかっていた。
そして、次は20センチ位のギンポが1匹。
その後は音沙汰なし。
通りががった釣り人がバケツを覗き込んで、「これは何ですか?」
「ギンポです。」
「食べられるんですか?・・・・」
どうもギンポはあまり知られていないようだ。
ギンポについてはここをクリック

IMG_1021123.jpg

短竿に胴突き仕掛けをつけて、ヘチの落としながら、ブラブラと堤防の先端まで歩いてみた。
入り口付近から堤防中ほどまでの間は、釣り人はほとんど居ない。
中ほどから先端にかけて、投げ竿がずらりと並んでいた。カレイ狙いのようだ。
釣り人の数の割には、竿が非常に多い。一人で5本~10位並べているのだろうか。
竿は静かに並んでいて、釣り人はたいくつそうに腰を下ろしている。
釣れている様子はなさそうだ。
ヘチに落とした私の胴突きにもアタリな無い。

IMG_1032456.jpg

キャンプ場前へ戻って、胴突きでヘチを探る。
チビハゼを1匹追加。 ウキにもチビハゼが1匹。
今日は早めに終わることにして、4時で納竿。

本日の釣果
ギンポ(20センチ) 1匹。 チビハゼ 4匹。
ボウズで無かったので良しとしよう。

IMG_1036741.jpg





スポンサーサイト

テーマ:コレクション
ジャンル:趣味・実用
2月12日(木)
一昨日メバルが釣れたので、今日もメバルを・・・・・と、また南埠頭公園へ。
昼は釣れないだろうと思い、夕方から始めることにした。
4時半頃釣り場へ到着。
先客の釣り人が1人いたようだが、私と入れ違いに引き上げてしまい、釣り人は私1人だけ。
一昨日と同じ場所に竿を出す。

IMG_1020qew.jpg

1時間経過。何の反応も無い。
前回は6時過ぎにセイゴと、メバルが来たので今日もその頃来ることを期待。
6時頃、2人組の若者が隣に竿を出した。電気ウキでメバル狙いのようだ。

さらに1時間経過。
魚の気配は、まったく感じられない。
お隣の2人組みも釣れた気配はない。
7時過ぎに、釣り人がもう1人現れた。ヘチ釣りのようだ。

さらに1時間・・・・・・・・。餌も取られない。
今日は魚がお休みのようだ。

8時過ぎ、この時間までは、周囲の釣り人も何も釣れていない。
諦めて帰途についた。

というわけで、本日の釣果はゼロ。
静かで、いかにも魚がいそうな海面だったのだが・・・・・・。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
2月10日(火曜日)
ネットの情報では、どこもあまり釣れていないようだ。
ダメもとだと思って、久しぶりにお台場隣接の青海南埠頭公園へ行くことにした。
12時頃到着。丁度干潮の時間帯だ。
釣り人の姿はまったく無い。
釣り人がまったくいないということは、釣れていないということなのだろうか?。

IMG_1002abc.jpg

突き当たりの凹んだところの角付近に竿を出す。
チョイ投げ1本。ウキ1本。胴突き1本。餌はいずれもアオイソメ。
何の反応も無い時間がしばらく続く。
1時頃、置き竿にしておいたチョイ投げを上げて見ると、18センチ位のハゼがかかっていた。

IMG_1001ab.jpg

おお!立派なハゼだ。しかしその後は何もあたりが無い。
胴突きをヘチに落としながら、あちこち移動して探り歩いた。
ダボハゼを3匹ゲット。
今日はこれで終わりだろうか。

IMG_1006kjh.jpg

夕方5時頃になると、凹んでいる付近を中心にポツポツと釣り人が集まりだし、釣り人は10人位になった。
お!これからが釣りタイムなのかな・・・・・。どうもここは夜釣りの人が多いようだ。
もうしばらく様子を見よう。6時頃が満潮のはずだ。

IMG_1010sfh.jpg

1時間経過。6時頃まで、反応無しが続く。
やっぱり今日はこれで終わりか・・・と思い、ハゼをクーラーボックスにしまって、帰り支度にとりかかろうとしていると、ガタンと音がする。
ヘチに置いた胴突きをあげて見ると、なんと・・・道糸がプツンと切られて、仕掛けごと無くなっている。
フッコだろうか。大物が来たらしい。
大物の正体を見極めたくなったので、もう少し延長することにした。
待つこと20分くらい、今度はウキに20センチ位のセイゴが来た。
大物では無いが、まあ、いいや・・・・・。
そろそろ終わろうかと思っていたら、今度は隣のおじさんが、25センチ位のメバルを釣り上げた。
おお!。立派なメバルがいるんだな。
メバルも欲しくなったのでさらに延長。
そしてついに・・・・・・ウキで、20センチのメバルをゲット。

IMG_1013awe.jpg

7時過ぎ、満足して帰途についた。
本日の釣果。
メバル 1匹(20センチ) セイゴ1匹(20センチ) マハゼ 1匹(18センチ) ダボハゼ 3匹

IMG_1016qwe.jpg








テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
2月4日(水)
ネットで、釣果情報を調べて見る。
若洲、お台場周辺はあまり情報は無いが、ブログ等ではボウズ情報が多い。
本牧も不漁、大黒も不漁。磯子はメバルとウミタナゴがポツポツ釣れているらしい。
ということで、今日も磯子へ行くことにした。
天気は薄曇。あまり寒くは無いが、今日は釣りにはあまり良くないと言われている長潮だ。
11時頃釣り場に到着。

IMG_0980a.jpg

逆L字型の釣り桟橋の手前側の桟橋には、10数名程度の釣り人が並んでいる。
IMG_0972a.jpg

ところが、逆L字の角を曲がった奥側の釣り桟橋には、釣り人はたった一人だけだった。
奥側は人が少ない、ということは、こっっちはあまり釣れないのかな?と思いながらも、その少し先に竿を出す。

IMG_0975a.jpg

サビキでウミタナゴが釣れるらしいので、サビキを1本。
水深が浅く、下には捨石などの根があると見えて、ちょっと棚を下げると、すぐに根がかりして、しかけを取られてしまう。
しかし、アタリは全く無い。
もう1本は、胴突を落としながら少しづつ移動。
前回よりもアタリはずっと少ない。たまにアタリがあっても針がかりしない。
やっとのことで、10センチ程度のチビメバルが2匹。
寂しいので、写真はアップで撮りました。(ザルの目のサイズに注目)

IMG_0985a.jpg

ブラブラ見てあるいていると、投げ釣りをしていたおじさんが、「カレイを持っていきませんか。小さいけど・・・・」というわけで、20センチ位のカレイを1枚いただきました。
写真はおじさんにいただいた、カレイです。
ありがとうございました。
IMG_0988a.jpg









テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用