AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 2008年08月
8月30日(土)大潮
最近、不安定な天候が続いている。
今日も天気予報では、局部的に大雨が降るとのこと。
Webで見ると、日中は小雨ということになっているが、空を見たところ降りそうもない。
まあ、大丈夫だろうと思い出かけることにした。
若洲海浜公園へ到着。キャンプ場も、釣り場もまずまずの人出。
晴れて青空が見えるが、一部にはあやしい雲も。
wakasu0830c.jpg

サッパがポツポツ釣れているようだ。
サビキを1本、胴突き仕掛けを1本出す。
サビキにはサッパがポツポツポツ来る。胴突きの方はまったく反応なし。
雲行きが怪しくなり、小雨が振り出した。
たいしたことは無さそう。子供たちもカッパを着て頑張っている。
wakasu0830b.jpg

6時頃まで、小雨が降ったり、止んだりのまずまずの天気が続く。
6時過ぎ、遠くの方で稲妻が光った。
まだ、こっちへか来ないだろうと思ったのが甘かった。
急にどしゃ降りの雨・・・・・・・・・。
急いで片付けて帰途についた。
釣果はサッパ24匹。
sappa0830.jpg

私は釣れた魚は持ち帰って食べることにしています。
一部は我が家のペット「亀さん」の餌にします。
サッパの切り身は「亀さん」の大好物です。
kamesann.jpg



スポンサーサイト

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
8月22日(金) 小潮

11時頃、若洲海浜公園へ到着。
wakasu3.jpg

釣り場は家族連や中学生位の子供たちが多い。
サッパがポツポツ釣れている様子。
空いているところへ、サビキ、投げ、ヘチと、それぞれ1本ずつ竿を出す。
サッパくらはすぐ来るだろうと思ったがそうはいかなかった。
ポツンと1匹だけかかったが、後が続かない。
しばらくして、また1匹・・・・・といった具合。
しばらくして投げ竿を巻いてみると、何かがかかっている。お!・・・ちょっといい引きだ。
25センチ位のセイゴ。目の前まで来て、ポチャン。バラシてしまいました。
その後へチに16センチ位の、チビセイゴ。
wakasu1.jpg

後から来た左隣の親子連れは、サッパが釣れだした。
親子で、次から次へとサッパがかかる。小学生位の少年の方が良く釣れているようだ。
私の方は、ポツン、ポツンとたまに来る程度。
数メートルくらいしか離れていないのに何故だろう。
場所なのか?。竿や餌の違いなのか?。腕なのか?
竿の長さは、私の方が短い。私のコマセは、丸キューの製品。この辺が何か影響しているのだろうか。棚もいろいろ探って見たが、水深が浅いので、あまり幅がない。
なぜ差が出るのか、どうもわからない。

少ないながらも、サッパ、チビセイゴがポチ、ポチ釣れた。
見慣れない魚が1匹かかってきた。
家に帰って調べてみたら、どうやらカマスのようだ。
若洲にこんな魚がいるとは思わなかった。
kamasi2.jpg

例年なら、ハゼが釣れるはずなのだが、今年の夏は何故かハゼの姿をほとんど見ない。
今日も小さいハゼが1匹かかっただけ。
本日の釣果。
サッパ11匹。チビセイゴ3匹。カマス1匹。おまけに、ハゼ1、カサゴの子供1。

sakana2.jpg
まぁ、若洲はこんなもんでしょう。











テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
8月12日(火) 中潮
sannbasi.jpg

12時頃本牧到着。まずまずの釣り人で賑わっているようす。しかし釣れている気配は無い。
沖桟橋の先端付近まで見てまわるが、だれも釣れていない様子。

oko1.jpg


沖桟橋の先端近くが空いていたので、竿を出す。
イワシやサッパはいないようなので、コマセだけではかからないだろうと思い、サビキの仕掛けにアオイソメをつけて底まで落としてみた。
竿を2~3回あおると、なにやらアタリが来た。上げてみるとカサゴがかかっていた。
お!!一投目から、ついている・・・・と、また底に落とすと、続けてあたりが・・・・・・・・・。
カサゴ2匹目をゲット。アオイソメ付きサビキはそのあとはピタリと静かになってしまった。
投げを1本出してしばらく待った。竿先がちょっと動いた。
上げて見ると25センチ位のカレイだった。
以前、木の葉サイズを一匹釣ったことがあったが、本牧でまともなカレイを釣ったのはこれが初めてだ。

karee.jpg

その後カサゴを一匹追加して、本日の釣果は、カレイ1、カサゴ3。
周囲はほとんど釣れていない様子だったので、まずまずと満足して帰途についた。

kareikasago.jpg






テーマ:釣り
ジャンル:趣味・実用
8月8日(金) 小潮
本牧海釣施設のホームページによると、ここ数日は不漁続きとのこと。
昨日の釣果には「イワシ復活のきざし」と書かれていた。
本牧にしようか、若洲にしようかと迷ったが、本牧に行く事にした。
午後2時半ころ本牧海釣施設到着。
釣り場は、今までに見たことがないほど空いていた。「釣れない」という情報が流れたせいだろうか。
それとも連日の猛暑のせいだろうか。
釣り場は、適度な風があって、思ったほど暑くはなかった。

gogann.jpg


とりあえず、渡り桟橋に、サビキと、胴突を出す。いろいろ棚を変えてみたが、まったくあたりは無い。
写真を撮りながら、釣り場を一周りしたが、誰も釣れていな様子。

watari.jpg

今日はボウズか・・・・・・と思っていたら、4時半頃、沖桟橋でイワシが釣れているのが見えた。
さっそく沖桟橋へ移動して、サビキを出す。
しばらくして、4匹かかったが・・・・・・・・・
1匹針をはずしている間に、他の3匹は自分で針をはずして、脱出してしまった。
2投目を投入。しかし、あとが続かない。
左隣の家族連れだけが、連続で上げている。
棚が違うのかと思い、あれこれ試しているうちに、左隣の方もピタリと止まってしまった。
どうやら、大群が来ているのではなく、短時間、局地的に釣れるらしい。
その後ポツ・ポツ・・・・と来て、イワシ8匹で終了。
今日は来るのが遅かったので、実釣り時間は3時間程度。
ボウズでなかったので、良いとしよう。

iwasi.jpg







テーマ:釣り
ジャンル:趣味・実用