AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 湾奥
2017年9月15日(金)

約2ヶ月ぶりで釣行再開。
ちょっとだけ様子を見ようと若洲へ行ってみた。
今日は長潮。
釣果はあまり期待できそうもない。
釣れてもサッパくらいのものだろう。

IMGP5333.jpg
午後2時頃釣り場に到着。
様子を見ながら堤防の中ほどくらいまでブラブラと・・・・・。
いつものことながら、この時間帯は何も釣れていないようだ。

IMGP5334.jpg
少し先端寄りのところに竿を出すことにした。
今日は短時間で切り上げる予定。

IMGP5337.jpg
用意した餌はチューブ入りのコマセだけ。
短竿2本とサビキ仕掛けしか持ってこなかった。
それとジグサビキ。

何の反応もなく1時間が過ぎた。
周りでも、お隣のトリックサビキに小さいサッパが1匹きた以外は、何も釣れていない。
ジグサビキも投げて見たが反応なし。

3時半ころやっとサッパが2匹。
しばらくバケツに入れておいたが、後が続きそうもないので2匹だけ持ち帰っても仕方がないと思いリリース。

4時頃からまたポツリ、ポツリと2~3匹。
5時頃餌が無くなってしまった。
あとの頼りはジグサビキだけ。
30分ほど投げてみたが、釣れたのはサッパ1匹。
これが、ジグサビキでの釣果第1号。

餌は無いし、ジグサビキでは釣れそうも無いので、5時半で納竿。

IMGP5341.jpg
バケツの中はサッパが5匹。
リリースしようかと思ったが、1匹は死んでいたので持ち帰ることにした。

片付けが終わって帰る頃になって、周りではサッパがバタバタと釣れ始めていた。
時合いはこれかららしい。
それを横目に帰途につきました。

本日の釣果 サッパ 7匹。

今日は釣りというよりも、久しぶりに海の様子を見に来ただけなので、これで良いのです。

スポンサーサイト

2017年6月24日(土)

今日は大潮。
「前回のリベンジを」と若洲へ釣行。
1~2年前は朝から夜遅くまでやったのだが、最近は歳のことも考えて5~6時間程度にしている。
早く出かけて、サッパやイワシを釣って早々に帰ろうかとも思ったが、どうせ行くなら人工磯の様子も見たいと思い午後からにした。
3時間ほど堤防でサビキをやって、そのあと人工磯でウキ、7時半納竿の予定。

IMGP5247.jpg
1時半頃到着。
土曜日のせいもあって、釣り場は混んでいた。
イワシやサッパがどんどん上がっているのではないかと想像していたのだがその気配はない。
様子を見ながら堤防を歩いていると・・・
「川越のGGさんではないですか?」と声がかかった。
「は、はい。そうですが・・・・」

初対面の方は、ブログにときどこコメントをいただいている、けんさんでした。
時々こうした偶然の出会いがあるのは嬉しいものです。
「サッパがたくさん釣れました。今帰るところです」
手に持った袋には沢山のサッパやイワシが入っていた。


IMGP5248.jpg
けんさんと別れて、前回とほぼ同じ場所へサビキを出した。
コマセの用意が面倒なので、今日もチューブ入りのコマセとスキンサビキ。
アジならまだしも、さっぱやイワシにトリックなんて贅沢だ!。

釣れません。
どうやら、サッパが終わった後だったようです。

左隣のサビキの方も何も釣れていません。
しかし、右隣を見ると時々イワシが釣れています。
トリックです。
どうやら前回お隣にいた方と同じ方のようです。

その後私の竿にもちょっぴりイワシが・・・・。

IMGP5280.jpg

たま~に1匹づつかかってくる。
トリックの方が10匹釣る間に1~2匹程度。
サッパやイワシにトリックなんで贅沢だと思ったのは間違いだったようです。

3時半を過ぎた頃から、まったく釣れなくなりました。
4時ころ、堤防を切り上げて人工磯の先端近くへ移動。

IMGP5266.jpg
磯の方も釣り人が多い。
左右に2~3人います。

4時半~7時半までの3時間の勝負。
今日の満潮は6時ころ。
前回は干潮前後に竿を出して釣れなかったので、今回は満潮前と後の1.5時間で試してみることにした。
真っ暗になってからでないと釣れないとの情報もあったので、この時間帯で釣れるかが心配。

やはり何も釣れません。
アタリもなし。
明るいうちはダメかなと思っていたら・・・・・

IMGP5275.jpg
6時少し前にアイナメが1匹。
15センチくらいかな。
リリース。

その後はまた静かになって満潮。
トイレに行こうかと、道路側を見ると水没。

IMGP5271.jpg
渡れる箇所が1~2あったはずなのだが、今日は完全に水没していて、最先端の立入禁止のところを回らないと渡れない。
ぐるりと回っていってきました。
やれやれ。

7時になったがまだ明るい。
風も穏やか。
アタリも少ない。
もっと暗くならないとダメかなと思っていたら・・・。

IMGP5264_20170625111614c43.jpg
アイナメがもう1匹。
やはり15センチ位。
リリース。

納竿予定の7時半が近づいていました。
やっと暗くなってきました。
アタリも増えてきたようです。
そして・・・

IMGP5279.jpg
カサゴ これも15センチ位。
リリースしようかと思ったが、針を飲んでいたのでキープ。

7時30分。
釣れるのはこれからかな・・・。
終バスまで延長したいという誘惑を抑えて納竿。

本日の釣果。
イワシ 7匹。
アイナメ 2匹(15センチ位)
カサゴ  1匹(15センチ位)

IMGP5293.jpg
帰り道。
磯にも、キャンプ場前にも電気ウキがいくつも光っていた。
これからが釣れる時間帯だというのに残念!。

サッパやイワシは午前中、人工磯の夜釣りは8時過ぎというのがこの頃のパターンのようです。
夜釣りは諦めて、まじめにトリックに専念しようかな・・・・。


2017年6月20日(火)

若洲でイワシやサッパが釣れているらしい。
夜は人口磯でメジナも上がっているようだ。
今日を逃せば明日からは雨。
潮は若潮で、あまり良いとは言えないようだが、潮に関係なく釣れる時は釣れるだろう
明るいうちは堤防でサッパやイワシを釣って、夕方は人工磯で今年初のメジナを・・・。
というわけで、若洲へ釣行。

IMGP5242.jpg
2時半ころ到着。
平日だというのに思いのほか混んでいました。

中央より少し先寄りに竿を出した。
今日はトリックはやらない。
チューブ入りのコマセで、スキンサビキだけ。
3時ころから開始。
サビキを落とすと早速アタリ。

IMG_0372.jpg
イワシが3匹。

「これは最初から調子が良いわい」と喜んだが後が続かない。
左側にはサビキの竿が4本ほど並んでいたが、こちらもあまり釣れていないようだ。
右側の方はトリック。
少ない中でもトリックの方が、アタリが多い。

やっぱりトリックにするんだったかな。

しばらくして、サッパが来た。

IMG_0373_20170621115646046.jpg
今年初のサッパだ。

サッパも単発。

3時~5時までの釣果はイワシ5匹、サッパ4匹。
周囲の方の話では、午前中の方が良く釣れていたらしい。

5時半ころ人口磯へ移動。

IMGP5243.jpg

周りには何人かの釣り人の姿があった。

ウキを投入したが反応なし。
暗くならなければダメかな?

7時ころやっと暗くなってきた。
周囲に釣り人の姿はない。
皆帰ってしまったのかな?。
よく見ると、ずっと奥のほうに電気ウキの光が一つだけ見えた。
今日は夜釣りはほとんど居ないようだ。

7時半で終わる予定だったが、バスを1本遅らせて8時まで延長。
しかし何の反応もなく寂しく納竿。

本日の釣果
イワシ 5匹
サッパ 4匹

IMG_0371.jpg

帰ってから改めて潮汐グラフを見ると・・・

shio-a_20170621124120ee0.jpg

底が19時50分。

ということは、
竿を出していたのは底近くの時間帯で、延長したのは釣りには最悪と言われてる潮止まりの時間帯。
こんな時間地に竿を出しても無駄だったのでしょうか?

上げに入る9時ころからだったら釣れたのかもしれませんね。
バスがなくなるので、私には無理ですが・・・・。

やっぱり、潮汐をちゃんと見て行かないとダメですかね。


2017年6月6日(月)

ブログやツイッターの情報によると若洲人工磯の夜釣りでポツポツながら釣れているらしい。
土曜日に行こうかと思ったが、小潮の最終日なので止めた。
日曜日は長潮なのでパス。
そして本日は若潮。
天気も良いし、小潮や長潮よりは少しはましかと思い出かけて見ることにした。

IMGP5211.jpg
4時ころ到着。
前回はゲートブリッジのちょっと先でやったので、今日は先端近くでやってみることにした。

釣り人はルアーの方が一人だけ。
ゆっくり準備をして、4時半ころから開始。
アタリ一つ無いが、明るいうちは釣れたためしが無いので気にしない。

IMGP5212.jpg
5時を過ぎたころ、空が雲で覆われてきた。
天気予報では晴れだったはず。
しかし、思ったより風が強く波も高い。
寒くなってきた。

5時半ころ、ルアーの方はお帰りになった。
何にも釣れなかったようだ。
釣り場は私一人だけになってしまった。

6時ころ。
空がピカリ、そして雨が降り出した。
そういえば、予報では「ところによりにわか雨、雲が出て暗くなってきたら頑丈な建物に避難」とか言っていたかも。
やむなく、トイレへ避難。

IMGP5220.jpg

30分ほどして小雨になったので、この程度なら大丈夫だろうと思い再開。
これからが勝負だな・・・。

しかし、それもつかの間。
またしても、雨が降り出した。
稲妻も光っている。
波も高くて寒い。

7時。
あきらめて納竿。
当然ながらボウズ。

アオイソメがだいぶ余ってしまった。
近いうちにどこかへ行かなくては・・・


2017年5月8日(月)

連休明けの若洲の様子を見に行くことにした。
夜の人口磯がメインだが、堤防の方に夕方イワシが回ってくるという情報もあったので少し早めに行って堤防の様子も見ようと思い、4時ころ釣り場に到着。

IMGP5150.jpg
さすが連休明け。
堤防はがら空きです。
そして海は無生物状態。
4時~5時半までサビキを出しておいたが何の反応もない。
今日はイワシは来ないのだろうと思い人口磯へ移動。

IMGP5149.jpg
こちらも釣り人はほとんど居ない。

6時ころからウキ釣り開始。
こちらも無生物状態。
暗くなると周りには誰もいなくなった。
日中は暑かったが日が落ちるとちょっと寒い。
6時~7時半までウキを出したがこちらもアタリ1つなかった。

7時30分納竿。

本日の釣果。
またしてもボウズ。

IMGP5163.jpg

帰りのバスの中で、堤防で釣りをしいた方からこんな話が・・・。
「6時過ぎの日が沈むころ、ちょっとだけイワシが来ましたよ。ほんの短時間でしたが・・・」
あれまぁ、前回同様私が人口磯へ移動した直後にイワシが来たらしい。
またしても、「二兎(魚)を追うものは一兎(魚)をも得ず」たったようです。