AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 湾奥
FC2ブログ
2018年12月27日(木)

一週間ほど前に竿収めをしようかと思い、川越水上公園のプール釣り場へニジマス釣りに行ったが、金魚すくいよりも簡単に釣れてしまい幼稚園のお遊びみたいで竿収めには物足りなかった。
まあ、私の釣りはいつも幼稚園のお遊び程度ではありますが・・・・・。

「やはり竿収めは海てやりたい。」というわけで、またしても若洲へ釣行。
良いお天気で風も弱い。
私の釣行はいつもお天気には恵まれるのだが、お魚が留守のことが多い。
今日はどうだろうか?

KIMG0611.jpg
午後1時頃到着。
入り口からしばらくの間はガラ空きで釣り人が一人もいない。
100メートルほど行ったところに最初の釣り人、トリックサビキのご夫婦がいた。
そこから先には釣り人がポツポツ。
先の方にはカレイ狙いの竿も並んでいるようだ。
トリックサビキのご夫婦の手前に竿を出すことにした。

まずはトリックサビキ。
ちょい投げも1本出してみた。
何の反応もない。
ちょい投げの方はさびくとすぐに根がかり。
中央より手前側は根がかりが多いと聞いてはいたのだが、なるほどその通り。
投げにはあまり向かない場所のようだ。

トリックサビキに何度も餌を付け替えて誘ってみたが魚の気配は無い。
お隣のトリックサビキの方も何も釣れないようで、椅子にこしかけて待機中のご様子。

30分くらい経った頃、私の右隣に兄弟らしいお小さい子さん2人とお母さんとがやってきた。
小学生くらいの女の子が小さな竿にサビキを付けて投入。
すると間もなく「釣れた~~~!」の声。
見ると立派なコノシロ。
これで無生物ではないことが判明。

KIMG0615.jpg
女の子のお母さんもコノシロを釣った。
使っているのは普通のサビキだ。

私の竿は相変わらず無反応。
もしかすると、今日のコノシロはトリックが嫌いなのかな?。
そこで、トリック仕掛けの下に普通のサビキ仕掛けを少し短く切ったものを継ぎ足してみた。
狙いは的中!。

KIMG0622.jpg
早速このコノシロが1匹。

少しして、もう1匹、そしてまた1匹。
いずれも、トリックではなく、普通のスキンサビキの方にかかる。
コノシロは4匹になった。
我が家で食べるのにはこの程度でちょうど良い。
あとは他の魚が釣りたい。


P1150521.jpg
4時を少し過ぎたころ、イワシがちょろっと入ってきた。
これからはイワシかと期待したが、1匹ずつポツリ、ポツリと釣れるだけで数が出ない。
 
 
KIMG0625.jpg
日が落ちてきた。
夕焼け空がきれいだ。

その後も来るのはコノシロばかり。

P1150522.jpg
親子のコノシロが一荷で釣れた。
小さい方は15センチくらい、コハダサイズかな?。
コノシロは小さい方が価値があるらしい。

5時を過ぎた。
そろそろ終わりにしようかと、片付けをしているとアタリ。
またコノシロかな?
もう来なくてもいいのに・・・・

P1150519.jpg
最後に釣れたのは18センチくらいのウミタナゴでした。

5時15分納竿。
本日の釣果
コノシロ 9匹(1匹はコハダサイズ)
ウミタナゴ 1匹 
イワシ 9匹

P1150518.jpg

これが今年の竿収めです。
コノシロは出世魚。
出世魚はめでたい魚といわれています。
お正月は毎日コノシロを食べて過ごすことにします。
めでたし、めでたし。


スポンサーサイト

2018年12月10日(月)

昨日若洲でシロギスが釣れたとの情報。
若洲でシロギスは珍しい気がする。
ついつい出来心で、ダメもとで行ってみた。

若洲へ向かうバスの中でツイッターを見ると、
「売店内の気温は10℃と、昨日より寒くなってます。釣り場はさらに寒く感じるので、寒さ対策は忘れずに(^o^;)
釣果のほうはコノシロ、カタクチイワシ、サッパは活性が低いようですが、最後の大潮なのでまだまだ期待してみましょう。」


「キス」の文字はどこにもない。
イワシやサッパもあまり釣れていないようだ。

こりゃあ、多分ダメだな・・・・

IMGP5779.jpg

午後1時ころ到着。
薄曇りで寒いです。
釣り場は空いています。
堤防を歩きながら見た範囲では、イワシがちょっぴり釣れている程度。

堤防の中ほどに竿を出すことにしました。
今日はチョイ投げ用の竿1本とアオイソメしか用意してこなかった。
投げてゆっくりとさびいて見たが何の反応もない。
何度繰り返しても無生物状態。
周囲の投げや、ルアーの人も反応が無いようだ。
サビキの人がたま~~~にイワシを1~2匹。

両隣の方は、サビキと投げを出していた。
4時ころから、イワシが少し多くなったようだが投げの方は無反応。
どうやらアオイソメに来る魚はいないようだ。

置き竿にしたり、さびいたりと、3時間ほどやってみたが、竿先は微動だにしなかった。
あきらめて4時半に納竿。


KIMG0594.jpg

本日の釣果
ボウズ 100%。
いや・・・・
5センチくらいのイシモチの子供が針先に引っかかっていたような気がする。

若洲のキスは幻に終わりました。



2018年12月7日(金)

今日は天気が良くて無風、そして暖かい。
イワシくらいは釣れるだろうと思い若洲へ釣行。

電車の中でネットを見ると、「まだ釣り場に余裕があります。今日はどんな魚が来るか楽しみでね・・・」と釣り具店のツイート。
ということは・・・・。
空いていて、釣れていないということなのかな?

KIMG0568.jpg
12時頃到着。
なるほど、前回来た時と比べると釣り人はだいぶ少ない。
そして、堤防の柵の上にはアオサギ。
伊佐沼などで良く見かけるのだが、海で見るのは初めてだ。
どうやら餌をいただけるのを待っているらしい。

堤防の中ほどに竿を出した。
普通のサビキ1本と、トリックサビキ1本。
普通のサビキには反応が無い。
トリックの方は、ポツリ、ポツリと反応。
ポツリとイワシが1匹、間をおいてサッパが1匹といったところでまとまっては来ない。
これじゃあ、1時間に10匹くらいしか釣れないかなぁ。

KIMG0575.jpg

辛抱強く1匹、1匹と釣りあげていると、置き竿にしておいたトリックが反応。
サッパよりも竿の振れが大きい・・・。

KIMG0572.jpg
コノシロでした。
20センチくいらいかな。

2時頃だっただろうか。
「GGさん・・・ 」と声がかかった。
以前にあったことのある顔、そしてツイッターでも良く見かけてコメントのやりとりをしている人なのだがすぐに名前が出てこない。
これは歳のせいだろうか?。
1年以上も前(だったと思う)に会ったことのあるケイさんでした。
声をかけてくれてありがとう。
久しぶりで会えて良かったです。

その後もイワシとサッパがポツリ、ポツリ。
コノシロは3匹になった。

3時を過ぎた頃からイワシが入れ食いになってきた。
大きい群れが入ってきたらしい。
鈴なりで釣れるようになった。
これなら100匹位釣れるかな・・・。

4時を過ぎた。
イワシは100匹を超えたようだ。
こうなると、イワシ以外のものが釣りたくなるのが釣り人の性。
アジは来ないかと棚を底まで落としてみた。
しかし、たまに間違ってイワシが来る程度でアジの反応は無い。

そろそろ終わりにしようかと思っていると、来た時に見かけたアオサギが飛んできて私のすぐ後ろの柵にとまった。

P1150301.jpg
じっとしてこちらを見ている。
どうやら「餌を頂戴」と言っているらしい。
そこで釣りたてのイワシをヒョイと投げてやると・・・

P1150306.jpg
柵から降りて来てパクリ。
5~6匹のイワシやサッパをペロリとたいらげてしまいました。
(薄暗かったせいか、写真はピンボケでブレ)


P1150310_20181208124614f35.jpg

アジは来そうもないので5時を過ぎたところで納竿。

本日の釣果
コノシロ 3匹 (20~25センチ)
イワシ  126匹
サッパ  15匹

IMG_5201.jpg

  
IMG_5199.jpg

今年の釣りは、この「イワシ大漁」で竿納めになるかもしれません。
でも、もう1回くらい行きたいな・・・。


2018年11月21日(水)

先月は妻が不在だったので、捌いたり料理したりするのが面倒だと思いサッパとイワシはリリースした。
思えば今年はまだサッパやイワシをまともに食べていないような気がする。
そこで今日はサッパやイワシを回収しようかと若洲へ。

最近若洲では太刀魚が釣れているとの噂も流れているが、私はそんな大それたものは狙わない。
サビキだけやる予定で、冷凍アミコマセ1つとチューブ入りのコマセを用意して出かけた。

1時ころ釣り場に到着。

P1140997a.jpg
平日だというのにこの混みよう。
以前は平日はがら空きだったはずなのに、いつからこんな人気釣り場になったのだろうか?
様子を見ながら先端に向かって歩いたが、ところどころでサッパが上がっている以外はたいしたものは見当たらない。

先端付近の空いているところを見つけて竿を出した。
コマセブロックが解けるまではチューブ入りのコマセを使って普通のサビキ。
竿を出すと間もなくサッパがかかってきた。
たま~にイワシが混じる。

KIMG0553.jpg

周りでもチラホラサッパが釣れているが、リリースする人が多い。
皆さん大物を狙っているようだ。

サッパが釣れることがわかったところで昼食休憩。
コマセブロックも解けてきたので、食後はトリックサビキも出してみた。
しかし、かかるのはやっぱりサッパ。
サッパは食いあげて暴れるので仕掛けが絡みやすい。
普通のサビキの方が良さそうだ。

3時を過ぎた頃からはイワシが多くなってきた。

P1140998.jpg
4時を過ぎた。
だんだん人が少なくなってきた。

サッパやイワシとは違ったアタリがあって・・・

IMG_5193.jpg
アジが来てくれた。
これはありがたい。

アジが続いてくれることを期待したが、その後もイワシばかり。
アジのところへ仕掛けが届く前にイワシが食いついてしまうのだろうか?

P1150008.jpg

5時を過ぎるとイワシもサッパもいなくなった。
暗くなったらアジが来るかも知れないと思い6時近くまで粘ったが魚の気配が無いので納竿。

本日の釣果。
アジ  2匹。
サッパ 30匹。
イワシ 46匹。

IMG_5192.jpg

先月リリースしたサッパとイワシを十分回収できたのでこれで満足。

噂の太刀魚などは私の周囲では見ませんでした。
どこかで釣れていたのかもしれませんが・・・・。

2018年10月30日(火)

一昨日(30日)、サバに再挑戦したいという釣りバカ青年さんと若洲へ釣行。
ネットの情報によると、サバは下火らしいのであまり期待は出来ない。
アジの方が期待できそうだ。

11時半頃釣り場に到着。
アミコマセの冷凍ブロックを2つと、チューブ入りのコマセを一つ持っていった。
これだけあれば、二人で使っても十分だと思ったのだが、それでは足りないと思ったらしく釣りバカ青年さんも冷凍を2ブロック用意してきていた。

平日の割には混んでいた。
サバとアジの集客力なのだろう。
堤防の先端方向へと向かう途中、バケツの中にチラリとサバが見えた。
しかし、上げている人は見当たらない。
朝のうちに釣れたのだろうか?

先端近くに竿を出すことにした。
釣りバカ青年さんは、さっさと準備を済ませてサビキを出した。
魚の気配は無いのだが、彼は何度も餌を詰め替えてはコマセをまき続ける。
今日はサビキに来る魚はいないのかな?などと思いながら、のんびりと準備をして、まずはサビキを1本出してみた。
サバはおろか、サッパも来ない。

次にトリックを出してみた。
来た!
アジが1匹。

どうやら、まき続けたコマセで魚が寄ってきたらしい。
釣りバカ青年さんのサビキにもアジ。
彼もトリックに変えた。
すると彼の竿には、続けざまにアジ、そしてメジナ・・・。
本命のサバも釣れだした。

IMG_2911.jpg
私がアジを2~3匹釣っている間に、彼の竿にはその2倍以上の魚が掛かっているようだ。
同じ場所で、同じように竿を並べているのにどこが違うのだろう。
いつも不思議に思う。

私の竿にもやっとサバ。

IMG_2913.jpg

私がサバを3匹釣っている間に、彼は6~7匹釣ったらしい。

サバが一段落したところで昼食,そしてしばし休憩。

P1140870_2018110112464174e.jpg
2時を過ぎると釣り場は空いてきた。
Web情報では、早朝サバが来るらしいので、朝がメインなのかな?

昼食休憩を終えて再開。
釣りバカ青年さんは早速アジ。
そして数は少ないがサバも・・・。
彼と比べると、私の竿へのアタリは明らかに少ない。
3分の1位かな。
どこが違うのだろう。
彼の竿を3メートル位、私は4.5メートル。
コマセ籠は、彼は下。私は上。
彼はその都度餌を、籠とトリック仕掛けの両方に付けるし、餌付けの回数も多いようだ。
私は釣れだすと、籠への餌補給は横着して、トリック仕掛けのだけ餌を付けて投入することがしばしばあるが、まじめに両方にえさを付けた時の方がアタリの確立は高そうだ。
この辺で差が出るのだろうか?

試しに真似をして、コマセ籠を仕掛けの下に付けてみた。
この方が来るような気がしたが気のせいかな?

釣りバカ青年さんの竿には、招かれざる客のコノシロが何匹も・・・。
彼が5~6匹釣った頃になって、私の竿のもやっと1匹。

KIMG0544_20181101124638f2b.jpg
せっかくおいでいただいたのだが、本日は記念写真を撮ってリリース。

さて、何匹釣れたのだろう。
3時半頃、数えて見ると・・・

KIMG0545.jpg
サバ 3匹。
アジは20匹を超えた。
私としては上出来の部類だ。
続ければ、まだ釣れそうな気配だったが、4時を少し過ぎたところで納竿。

P1140875.jpg

本日の釣果
サバ 3匹
アジ 23匹
コノシロ  2匹  (リリース)
サッパ   数匹 (リリース)

釣りバカ青年さんがコマセで呼び寄せてくれた魚を釣らせてもらったという感じでした。
ありがとうございました。
また機会があったらよろしくお願いします。

本日の持ち帰り。
IMG_2909.jpg

妻が4日に帰ってくる予定。
一人ではすぐには食べきれないので一部は冷凍にしておこう。