AX 川越のGGの《 釣りと写真と随想と 》 その他の釣り場
FC2ブログ
2019年1月19日(土)

若洲かふれーゆ裏あたりに初釣りに行こうかと思ったが、ネットで見たところでは釣果が期待出来そうもない。
サビキで釣れる魚はほとんどいないようだ。
電気ウキの夜釣りなら何か釣れそうだが、寒い中での夜釣りは老人には厳しい。

そんなわけで、初釣りはお手軽なプール釣り場のニジマス釣りで済ますことにした。

P1150614.jpg
昨年の暮れにも行った川越水上公園。
我が家から自転車で約30分。
3時頃到着。

P1150628.jpg
ルアーにしようかとも思ったが、ほとんどやったことが無いのでボウズの可能性が高い。
初釣りでボウズは避けたいので、今回もお手軽な餌釣りにした。

この釣り場はリリース不可、釣れた魚は持ち帰らなければならず、4匹以上は追加料金。
前回は入食い状態で20分足らずで6匹釣って早々に引き上げたが、今日はどうだろうか?

魚がうようよ泳いでいるのが見える。
小豆みたいな餌を水で濡らして針に付けて投入。
すぐにパクりと喰いついたと思ったら、すぐに放す。
何匹もの魚が交互に餌を突くのだがなかなか針がかりしない。
そして、餌だけが無くなる。

投入したとたんに確実に釣れた前回とは大違いだ。
魚たちは釣られずに餌だけを取る方法を学習したらしい。

餌を何度か付け替え10分ほどしてやっと1匹。

P1150631.jpg
その後何度かバラシながら、5~10分に1匹といったところ。

1時間に5匹釣ったところでおしまい。

P1150630.jpg

前回は、ごく短時間で釣れてしまい、20分足らずで退散したが、今回は1時間楽しめたのでこの位が丁度よいのかも知れない。
1時間で3匹+α釣れる程度にうまく魚をしつけたものだ?と感心した。

お手軽な初釣りもいいが、やっぱり海へ行きたいですね。

スポンサーサイト

2018年12月21日(金)

前回の若洲釣行はボウズだった。
釣り収めがボウズというのは面白くない。
もう一度若洲へ行こかとも思ったが、電車とバスで往復5時間は億劫だ。
そこで超近場の 川越水上公園 へ行くことにした。
ここは我が家から自転車で約30分、夏のプールが冬場は釣り場になる。


P1150455.jpg
11時半頃公園に到着。
 
 
P1150470.jpg
釣り場受付。
ルアー、フライ釣り場が3つと小さな餌釣り場が1つある。
昨年も2~3回来たのだが、そのときは持ち帰りが出来るニジマスはあまり釣れず、持ち帰り不可の鯉ばかりが釣れた記憶がある。
一度だけルアーにも挑戦したがボウズだった。

今回は餌釣りを1時間だけやることにした。
餌釣り場はニジマスと鯉が放流してあり、鯉は持ち帰り不可、ニジマスはリリース禁止で、釣れたものは必ず持ち帰るルールになっているが、3匹を超えたら1匹につき300円の追加料金が必要。

P1150485.jpg
利用券を購入。
餌釣りは、竿と餌付きで竿や餌の持ち込みはできないようだ。

P1150473.jpg
ここが受付のすぐ側にある餌釣り場。
釣り人は一人もいない。
餌釣をするのは小学生くらいの子供との親子連れが多いのかもしれない。
今日は平日なので来れないのかな?。

P1150474.jpg
魚が真っ黒に固まってウヨウヨ泳いでいるのが見える。

餌は小さい豆粒みたいな固形餌。
水で濡らして少しふやけさせてから針に付けて投入。
1発目ですぐにアタリ。

P1150465.jpg
20センチくらいのニジマス。
あまりにも簡単に釣れるので驚き。

続けて2匹目、3匹目。
10分足らずで3匹釣れてしまった。
これ以上釣ると1匹につき300円追加になる。

ここでちょっと休憩して、ルアー釣り場の様子を見てまわった。


P1150459.jpg
広い釣り場には、ルアーやフライの釣り人がチラホラ。
年配者が多いようだ。
平日のせいか若い人は少なく、だいぶ空いている。
どころどころでニジマスが上がっていた。

15分ほどして釣り場へ戻り再開。
またしても入れ食いで、すぐに3匹追加。


P1150468_20181221164829ccc.jpg
これ以上釣ると破産しそうなので、40分程度で退散。
今回はニジマスばかりで、鯉は1匹も釣れなかった。

係りの人の話では、ニジマスは1週間ほど前に放流、その後餌釣りの客はあまり来ていなかったとのこと。
お魚はお腹を空かせて餌が来るのを待っていたのかも知れません。

本日の釣果。
ニジマス 6匹 (21~23センチ)

P1150483.jpg

こういう釣り場では、釣れないのも困るが、ポンポンと釣れてしまうのもつまらないですね。
こんどはルアーの挑戦してみようかな・・・。



2018年2月7日(水)

早速、昨日見学してきた川越水上公園へ釣りに行ってきました。
ルアーがメインの釣り場だが、今日は餌釣りを1時間だけやってみることにした。

KIMG0184.jpg
午後1時頃公園へ到着。

KIMG0172.jpg
まずは健康のため、公園の周囲をウオーキング。

そして、1時半頃釣り場へ。
餌釣りは1時間で1,030円。(竿、餌代込み)
竿や餌は、指定のもの以外は使ってはダメらしい。

係員の説明。
「鯉とニジマスを放流してあります。鯉はリリース、ニジマスは3匹まで持ち帰れます。」
「餌は硬いので、水でぬらして少し柔らかくしてから付けてください。」

大きなプールはすべてルアー専用釣り場。
餌釣り専用の釣り場は、とても小さなスペース。
夏は子供の水遊び場なんだろうか?

KIMG0186.jpg
そして釣り人は一人もいない。
完全な貸切状態。
餌釣りをやるのは小学生くらいの子供が多いのかな?
今日は平日なので空いているのだろう。

早速釣り開始。
カチカチの丸薬みたいな餌を水で濡らしたが、なかなか柔らかくならない。
何とか針に付けて投入。

KIMG0187.jpg
魚がウヨウヨと寄ってくる。
手づかみ出来そうな感じだ。
魚の動きが良く見える。

魚は餌を鼻先で突いたと思ったらクルリと向きを変えてUターン。
次から次へと、餌に向かて来るのだが、鼻先でつついてはそっぽを向いてしまう。
「こんな不味いものは食えるか!」と言っているようだ。
そして、水面近くまで上がってきて、口をパクパク。
「もっと美味いものを寄こせ!」と言っているらしい。

何度か餌を変えたが、同じ状況。
そんな状況が20分位続く。
こりゃあボウズかな・・・・。

餌が硬すぎるせいかと思いしばらく水に浸して柔らかくしてから付けて見た。
それが良かったのか、やっと1匹。

KIMG0189.jpg
20センチ位の鯉。
今年の初釣果だが、持ち帰りは出来ないのでリリース。

その後も、そっぽを向かれる状況が続く。
ウヨウヨ集まってくる黒い集団はみんな鯉のように見える。
ニジマスなんているのかな?

餌が硬いと喰ってくれないし、柔らか過ぎると崩れて針に付けられない。
なかなか匙加減が難しい。

いろいろやっていると、また1匹。

KIMG0192.jpg
こんどはニジマス。
ヤレヤレ、これでお土産が出来た。
もう1匹釣りたいな。

終了時間間際にもう1匹。
「ニジマスであってくれ!」と願ったが、上げてみると鯉。
即リリース。

本日の釣果。
鯉 2匹 リリース。
ニジマス 1匹 23センチ 持ち帰り。

初釣りがボウズでなくて良かった!。
今度はルアーをやって見ようかな・・・。



2015年7月18日(土)

今日も伊田沼へ自転車散歩のついでにちょっとだけ竿を出してみました。

IMG_8164.jpg
2日連続の雨で沼は大増水です。
まずこの写真の場所に竿を出しましたが、アタリ1つありません。
以前お会いした方が「雨で増水した日は釣れない」と言っていましたが、そのせいでしょうか?。

場所を対岸へ移動。
30分ほど音沙汰なし。
やはり今日はダメかと思っていたら、11時頃から釣れはじめましあた。 
IMGP3689.jpg
まずは7センチ位の小ブナ。
ポツポツ釣れます。

そして・・・・
IMGP3690.jpg
ちょっと大きめの15センチ。

釣れ始めると、ポツポツながら続きます。
海なら、潮などの影響で時合というのがありますが、沼や川はどうなんでしょうか?。
我が家の水槽見ると、餌をあさって活発に泳ぎ回っている時間帯と、ひっそり隠れて静かにしている時間帯があるんですが、川や沼の中でも同じなんでしょうか。

5~15センチ位のを10匹ほど釣って納竿。
水槽は満員状態なので、ぜんぶリリース。
沼での釣りも結構楽しいです。
自転車で片道30分位。
交通費はかからないし、手軽に来れるのでこれからはホームは伊佐沼にしようかな(笑)。
伊佐沼については「自転車で川越散歩」もご覧ください。


明日は江東区の釣り人さんと、若洲へ釣行の予定。
予報によると風が強そう。
磯は無理っぽいので、堤防でサッパがイワシでも狙おうかな・・・。


2015年7月15日

朝5時起きして、自転車で伊佐沼へ向かった。
目的は2つ。
一つは、昨日の夕方伊佐沼から富士山が見えていたので、朝の富士山の写真を撮ること。
もう一つは、コブナ釣り。

6時15分位に伊佐沼に到着。

IMG_8048.jpg
雲が多くて、富士山は見えません。
残念!。
富士山の写真は諦めて、早速釣りにとりかかります。

IMG_8134.jpg
餌はまるキューの練餌キューちゃん。
短時間の釣りなので、ちょっぴり器にとり、水を入れて捏ねたが、練餌など使ったことが無いので要領がわからない。
適当に捏ねて、小豆大に丸めて針に付けたが、着水と同時に餌が落ちてしまうようだ。
水の量などを変えてみたがなかなかうまくいかない。
あれやこれやと30分くらいしているうちに、餌が針にうまくくっつくようになった。
時間が経つと水分が餌に沁み込んで粘度を増すらしい。
そしてアタリが出はじめ、簡単に釣れ出した。
コブナを6匹ほどキープ。
たくさん釣っても、水槽に入りきらないのでこの辺で納竿。

空を見上げると雲はなくなり青空が広がっていた。

IMG_8050.jpg
これなら、富士山が見えるかもしれない。
急いで富士山が見えるポイントへ行ってみたが・・・・・・・。
残念!。
下の方の靄のような薄い雲に隠れて見えない。

富士山は諦めて、いつもの古代蓮の写真を1枚。

IMG_8056.jpg

家に帰って、釣ってきたコブナを早速水槽に入れました。
水槽の中は急に賑やかになりました。
我が家の水槽の様子を動画にしてみました。
どの魚も釣ったり、網で救ったりして自分で獲ったものです。
大フナと大ドジョウは5年以上も飼っていて、この水槽の主です。
伊佐沼で網ですくって獲ってきたハゼやエビの幼魚はテナガエビが食べてしまうので、どんどん数が減ってしまいました。