AX 電車でGo“東京湾釣り日記” その他
スポンサーサイト

私が住んでいる川越市に隣接した川島町を流れる越辺川の水門付近くに白鳥の飛来地がある。
例年10月の下旬頃から白鳥がやってくる。
飛来地のすぐ近くにある「三井精機工業」という会社が、白鳥の飛来状況をネットに載せているのだが、11月7日付でこんな記事が出ていた。

「7時15分ごろ、川原に行くと、水門前に2羽いました。
1羽が羽を広げたのを見てびっくりしました。
数年前に片方の羽を失った白鳥が、水門前に戻っていたのです。
大水を利用して戻れたのでしょうか。仲良く泳いでいました。 」


何年か前に、犬に襲われて片羽を失って飛べなくなり、シベリアに帰ることが出来なくなった白鳥が、越辺川のどこかに住み着いていて、今秋の大雨の増水を利用して水門前に戻ってきているらしい。

昨日(11月22日)、越辺川の水門前に行ってみました。

IMG_2521.jpg
土手から見下ろした越辺川。
昨年の今頃は、水門の前あたりにたくさんの白鳥がいたのだが今日は見当たりません。
土手を降りて、川辺を下流に向かって歩いていくと・・・・・

いました!。
白鳥が1羽。

IMG_2478.jpg
これが、片羽の白鳥でしょうか?

IMG_2497.jpg
川上に向かって、堂々と泳いでいます。
片羽が無いようには見えません。

IMG_2492.jpg
浅瀬で立ち止まりました。
太っていて元気そうです。

IMG_2490.jpg
毛づくろいを始めました。

そして、羽を広げました・・・・・・。

IMG_2514 (2)
左側に小さな羽!。
新しい羽が生えてきているのでしょうか?。
この羽が大きく成長して飛べる日が来ることを願わずにはいられません。

ネットの情報によると、今年ここで見られたのはこの白鳥を含めて2羽だけ。
今年は飛来が遅れているのでしょうか。
それとも、気候変動などの影響でこの場所には来なくなったのでしょうか?。
心配です。

帰ってからネットで調べてみると、片羽を失ったのは3年前の2014年の春、北へ帰る直前。
親鳥らしい白鳥が、上空を何度か旋回していたが、片羽を失った子供を置いてシベリヤへと旅立ち、片羽の白鳥は越辺川に住み着いたとのこと。
その後は毎年、冬になるとシベリヤからやってくる仲間たちと一緒に過ごして、仲間が帰ったあとは一羽で頑張って生きてきたらしい。
生命力の強さには驚かされます。

この事故後は飼い犬を連れての白鳥見物等への注意喚起が強く叫ばれるようになったようだが、過去にはこのほかにボウガン銃らしきもので撃たれて白鳥が死亡したという事件も起きているようです。

これを見て思いました。
釣り人も考えなくてはならないのは、ラインや釣り針などのゴミの放置。
ラインが野鳥に足や羽に絡んで動けなくなったり、餌と間違えて食べて怪我をするなどの事故もあちこちで起きているらしい。
野鳥など生き物たちへの加害者になってしまわないように気をつけたいものです。

(この記事はもう一つのブログ「自転車で川越散歩」に載せたものですが、こちらでも紹介させていただきました。)


私はブログを初めて間もない2010年頃から5年間ほど「一緒に釣りをしましょう会」などの釣り大会を開催しておりましたが、こうした行事の主催はそろそろ引退する歳かと思い中断しておりました。

このたび、釣り仲間の、
「一生楽しみたいなら釣りをしろ」のシンさんと、
「釣りバカパパの釣行記」の釣りバカパパさんが共催で、次の通り釣り大会を開催するとのことです。
このブログをご覧にいただいている方や、以前に私が開催した釣り大会に参加された方にも参加いただければと思いお知らせいたします。

日時 7月16日(日)
場所 ふれーゆ裏
集合 12時
解散 18時
大会形式

詳しくはシンさんのブログの6月30日の記事
 「釣り大会詳細」 をご覧ください。
タイトルは「釣り大会詳細」となっておりますが、まだ細部は決まっていないようで、概要といったところのようです。

私も参加を予定しております。
参加ご希望の方はシンさんのブログのコメントからお申込みください。
私のブログのコメント、またはメールフォームから申し込まれても結構です。



伊佐沼年賀

2016年7月27日(水)

飼っていた鯉が大きくなってので何匹かを川へ逃がし、水槽が寂しくなった。
そこで、伊佐沼へ小鮒釣りに・・・

IMGP4499.jpg
夕方5時頃。

IMG_3318.jpg
ひょいひょいと、釣ろうと思えば何匹でも釣れそうだったが、たくさん釣っても飼えないので5匹だけ持ち帰り。

そのほかに、亀さんのおやつに近くの水路で、小エビを30匹位網ですくって持ち帰った。



水槽に中は、鯉が2匹、ドジョウが2匹、クチボソが1匹、それに今日釣ってきた小鮒が5匹。
だいぶ賑やかになりました。

小エビは亀さんの水槽へ・・・
2~3日中にはすべて亀さんのお腹に入るでしょう。