FC2ブログ
2020年5月10日(日)

緊急事態宣言が延長になり外出自粛が続いている。
釣りは自粛、電車やバスでの移動も自粛。
健康維持のための散歩は自粛の対象外、むしろ推奨ということなので、最近は「森のさんぽ道」への散歩を日課にしている。

P1180678.jpg
ここは我が家から徒歩で15分くらいなので気軽に行くことができる。
今日も1時間ほど歩いてきた。

P1180666.jpg
こんな掲示板があった。
「雑木林は、人間や他の生き物にとって大切な自然です。
昔はクヌギやコナラは木炭として、また落ち葉は畑の肥料として利用されて、人間の生活にとって必要な自然だったのです。
春先には、切り株から新しい芽が生まれ、明るい森の中でたくさんの花が咲き、虫や鳥にも住みやすい場所だったのです。
炭焼きや肥料づくりが行われなくなり、雑木林に人の手が加えられなくなると、葉がうっそうと繁る常緑樹の林になってしまいます。
雑木林を後世まで残し、多くの生物が住めるような環境として保全していくためには、昔ながらの管理を必要としています。」

この雑木林は雑草が刈り取られ、落ち葉が集められ、伐採が行われるなど常に綺麗に整備されているが、維持には多くの方のご苦労があるようだ。
 
P1180675.jpg
ところどころに落ち葉の集積場もある。
ここで作られた堆肥が今でも自然農法に使われているのだろう。

P1180668.jpg
こんな看板もあった。
この森にもいろいろな野鳥がいるようだ。
野鳥の写真を撮りたいと思って気を付けて見ているのだが、見かけるのはカラスばかり。
その他に鳥の姿はほとんど見当たらない。

P1180671.jpg
高いところで時々鳥のさえずりが聞こえる。
いることは確かなのだが、高い木のてっぺん付近にいるらしく生い茂った葉っぱの陰に隠れていて撮影は難しい。

P1180676.jpg
ところどころに巣箱が取り付けられていた。
どんな鳥が来るのだろう。
毎日来ていれば見ることが出来るかもしれない。

P1180679.jpg
森の中を歩いていたらこんな貼り紙を見つけた。
「新型コロナ感染予防のために左まわり歩行をしませんか?。 目的 対面飛沫感染を防ぐため。」
森の中とは言ってもここは散歩道。
人数は少ないが散歩中に何名かの人とすれ違う。
一方通行にしてすれ違いの際の飛沫感染のリスクを減らそうという思いから、どなたかがこのような貼り紙をしたのだろう。
森の中の散歩にもこんな注意が必要が必要だったとは驚いた。
たしかに良い方法であるとは思うが、この広い雑木林には入り口が何ヵ所もあり、散歩道もいくつもに枝分かれしている。
一方通行を徹底することは難しいと思われるが、マスクの着用と対面を避けて歩くことに心がけたいと思う。

今日の東京都の感染者数は、22名。
このところ現象傾向が続いている。
川越市もここ1週間あまり感染者は出ていない。
このまま収束に向かってくれることを願うばかりです。


スポンサーサイト




外出自粛が続く毎日だが、運動不足にならないようにと思い、お天気の良い日は我が家から徒歩15分くらいのところにある「森のさんぽ道」を1時間くらい歩くことにしている。
ここは街中の公園とは違い武蔵野の面影を残す雑木林をそのまま散歩道にしたものだ。
武蔵野の落ち葉堆肥農法が日本農業遺産に認定されているが、この雑木林の落ち葉も今でも堆肥として使われているようで、
ところどころに落ち葉集積用の囲いなども見られる。
今日もここを1時間ほど歩いてきた。

P1180570.jpg
このさんぽ道はいくつかの雑木林から構成されており、全体の総称を森のさんぽ道このと言うらしい。
個人所有の雑木林も多いようだ。

P1180566.jpg
ところどころにベンチが置かれている。
人は少なく3蜜とはほど遠い場所なので安心して歩くことが出来る。
こんな場所ではマスクは必要なさそうなのだが、たまにすれ違う人と出会うこともあるので、不安感などを与えてはいけないと思い、目視範囲に人見えるところではマスクをするようにしている。

P1180571.jpg
野鳥の写真を撮りたいのだが、なかなか見つからない。
木のてっぺんあたりで鳥のさえずりが聞こえるのだが、姿が見えない。
背の高い木の上の方にいるらしいのだが、木の葉の陰にかくれていて見るのは難しい。
水場が無いせいか下の方に降りてくる鳥は少ないようで、見えるのはカラスくらいのものだ。

P1180564.jpg
雑木林の一角に養鶏と養蜂をしているところがある。
以前にもこのブログで紹介したことがあったと思うが、ここの鶏がたくましい。
有精卵があると聞いたことがあるが、ここで育った鶏の卵は栄養価が高そうだ。

P1180544.jpg
以前にも紹介したと思うが、この散歩道のところどころの古い木彫りの像がおいてある。
今日も新しいものを見つけた。

P1180546.jpg
少女と犬の像。

P1180550.jpg
よほど古いものなのだろう。
緑色の苔が生えている。
 
P1180552.jpg
こちらは和服の女性。

P1180556.jpg
こんなものが片隅にころがっていた。
これも木彫りの像だったようだ。
腐って形がわからなくなっている。
この林のところどころに置かれている木彫りは誰がいつごろ作ったものなのだろうか?

P1180555.jpg
古いものばかりだと思っていたら、新しい木彫りが1つ。
最近作られたもののようです。
今でもこの森で木彫りを作っている人がいるのでしょうか?
謎です。

P1180557.jpg

たまに木彫りを見つける以外は何もない雑木林の中の散歩道だが、行くたびに濃くなる緑が心地よい。
雑草の刈り取りや伐採なども行き届いていていつも綺麗になっています。
この雑木林を維持していくのには大変なご苦労があるのではないかと思います。
すぐ近くにこんな自然が残っていること感謝して、今日も散歩させていただきました。



2019年12月28日(土)

先日の磯子での釣り納めはお土産無しの寂しい釣果だった。
そこで、川越水上公園へ自転車散歩のついでに、プール釣り場へ寄ってきた。
前回はルアー初体験でボウズだった。
釣り納めがボウズではさまにならないので、今回は餌釣り。
 
 P1020046.jpg
水上公園へ向かう道路から見た富士山。
最近はあちこちで富士山が良く見えます。

P1020082.jpg
水上公園の餌釣り場。
ルアー用は大きな釣り場がいくつもあるが、餌釣り場は隅のほうに小さな池が一つだけ。
小学生以下のお子様の利用が多く、今日も親子連れが1~2組だけ。

P1020085aa.jpg
1時間用の利用券を購入
竿と餌が付いている。


P1020074.jpg
これが餌釣り場のルール。
持ち帰りは3匹まででそれ以上は有料になる。
 
池を覗くとニジマスがうようよいるのが見える。
針に餌をつけて落とすとすぐにアタリ。
 
P1020083.jpg
まずは1匹目。
 
 
P1020084.jpg
そして続けざまに3匹。
簡単に釣れてしまった。
もっと釣ろうかとも思ったが、老夫婦2人ではそんなに持ち帰ってもしょうがないのでこれでおしまい。
10分程度で引き上げました。

番外編の釣り納めはあっけなく終わりました。
あまり簡単に釣れてしまうのもつまらないですね。
でも、釣り納めがお土産付きになったということで良しとしましょう。




2019年12月14日(土)

川越水上公園のプール釣り場。
ルアー釣りがメインの釣り場だ。
片隅に小さな餌釣り場は主にお子様が利用する。
昨年は私もお子様になって2回ほど餌釣りをやってみたがわりと簡単に釣れた。

今回はルアーに挑戦してみることにした。
恥ずかしながら78歳にしてルアーは初体験で知識は皆無。
ルアーの種類などまったくわからない。
ニジマスのルアー釣りについてネットで調べてみたところ、「スプーン」から始めるのが良いらしい。
色が釣果を左右するので、多くの色を揃えた方が良い書いてあったが、とりあえず3色用意。
竿は30年ほど前に子供が使ったものの中から、何とかルアーに使えそうなものを見つけた。

P1170985.jpg
道具はこれだけ。
6匹まで持ち帰ることが出来るというので、一応クーラーボックスも持った。

P1170951.jpg
1時半頃到着。
3時間分の券をを購入したので、4時半までだ。

ネット情報によると投げてゆっくり巻くを繰り返せば良いらしい。
早速やってみた。
何の手応えも無い。
このプールにホントに魚がいるのかな?・・・といった感じだ。
しかし、周りを見ると釣れていない人も多いが、釣れる人は釣れているるようだ。
魚はちゃんといるらしい。

ルアーの色を変たり、巻くスピードを変えたりしてみたがまったくダメ。
2時間ほどやったが、何の反応もないので場所を移動。

P1170955.jpg
はつかり丸前のプールでやってみた。
やはり何の反応もない。
このルアーではダメなのかな?。

お隣にはお父さんと小学生くらいの女の子。
お父さんが釣りあげているのが見えた。
やはり釣れる人は釣れるのだ。
女の子もお父さんに教えてもらいながら頑張っているようだ。

4時少し前だったと思う。
後ろから「これ持って行きますか?」という声。
振り向くと女の子が重そうなバケツを持って立っていた。
お隣の女の子だった。
中には3匹のニジマス。

要らなければ逃がすというので有難く頂戴することにした。
ありがとうございました。
お父さんにお礼を言いながら、ルアーのことも聞いてみた。
フライもやっているそうで、大小たくさんのルアーを見せてくれた。
私の使っている3色のルアーを見ていただくと、「この色のが釣れると思いますよ」と黄色っぽのを選んでくれた。
それを使って30分ほどやって見たがついに最後までボウズ。
時間切れで終了。

初体験というのはうまくいかないものですね。
やはり私はお子様用釣り場が合っているようです。

P1170965.jpg
夕暮れの水上公園。
 
P1170981.jpg

夕焼けの富士山。
魚は釣れなかったが、この景色に満足。

頂戴した3匹は塩焼きにして美味しくいただきました。
ありがとうございました。



2019年12月13日(金)

このブログは釣りブログとしてスタートしたのだが、最近では釣りに行くのは月に1~2回。
釣り以外の記事を書くことが多くなってしまった。
釣りの記事を目的に見に来てくださっている方にはゴメンなさい。

私はできるだけ毎日1時間程度歩くか、自転車に乗るかしている。
運動のためだ。
釣りもどちらかと言えば運動が目的、釣果はあまり気にしない。

ただ歩いたり、自転車に乗ったりだけでは面白くないのでいつもカメラを持ち歩いて写真を撮る。
写真が得意なわけではなく、素人写真に過ぎないのだがせかっく撮った写真なのでブログに載せる。
いつも安易な手抜きの記事ばかりですみません。

というわけで、今日もウオーキングコースで撮った写真です。

川越街道(国道254)と国道16号の交差点手前に長さ200メートルくらいの坂がある。
これが鳥頭坂。
鳥頭坂と書いて「うとうざか」と読む。
ここは私のウオーキングコースの1つ。
なだらかな坂なので普通に歩くことは苦にならないのだが、200メートルともなると自転車ではちょっと辛く、上まで登ると息切れがする。
自転車を降りて歩いて登る人もけっこういるので、自転車をこいでこの坂を登れるうちは大丈夫かな・・・などと思っています。

今日もこのコースをウォーキング。
坂の途中にある岸町熊野神社へ立ち寄ってみた。


P1170914.jpg
紅葉が綺麗です。

P1170913.jpg
鮮やかな赤がいい。


P1170941.jpg
鳥頭坂を上ったところに花壇がある。
ボランティアの方によって管理されているようで、新しい花が植え替えられていた。
 

kadan.jpg
 今咲いているのはパンジー。

 

P1170928.jpg
こちらは葉牡丹。

 
habotan.jpg
なななか見ごとです。
ボランティアの方に感謝。

今日のウオーキング途中の1コマでした。