FC2ブログ
2020年5月24日(日)

お天気が良くなったので自転車で伊佐沼へ行ってみた。
10日ぶりだ。
ほどよい日差しで風も心地よい。

P1110531.jpg
11時頃到着。
水面には鳥の姿はほとんど見当たらない。

P1110534.jpg
岸辺に鴨が一羽
足元に餌らしいものが落ちている。
誰かが与えたようだ。
 
P1110540.jpg
望遠カメラを構えて人が何人も並んでいた。
何か珍しい野鳥が来ているのだろうか?
上空を見ると小さな鳥が飛び回っている。
コアジサシのようだ。
魚を捕らえる瞬間などを狙っているのだろう。
私のカメラでは無理そうなのでパス。

P1110557.jpg
蓮田のへ方へ行ってみると水面に浮かぶ蓮の葉がだい増えてた。

P1110555.jpg
緑もだいぶ濃くなってきた。
もうすぐこの葉が濃い緑になって水面を覆いつくすだろう。
そういえば昨日Twitterで「南風が強くて、沼が波立っていたから、数日前に見た巣(建築初期)はダメになってしまってた…。
耐えるのじゃ…蓮が生えるまでの辛抱しゃ、カイツブリたち。」
という記事を見た。
この沼のことではないかと思う。
去年、蓮の葉の下で子供を背中に乗せているカイツブリを見たことがあったがこんなところに巣を作るのだろうか?

蓮池の橋の上にも望遠カメラを構えた方が一人。
上空ではコアジサシが飛び交っているが、カメラを向けているのは別の方向。
カメラの方向をしばらく見ていると、2羽の鳥が飛び立った。
「バンの交尾が撮れた!こんなことは初めてだ。」と言っていた。

P1110642.jpg
近くでバンが水中に首を突っ込んだり上げたりを繰り返していた。
餌をとっているらしい。
こちらは単独行動。

P1110570.jpg
沼の中に草の茂った小島のようなとところが2つ3つある。
この沼では野鳥の子供もときどき見かけるので、どこか近くに巣をつくる場所があるのではないかと思っていたが、もしかするとあの小島の草藪が巣作りの場所なのかもしれない。

P1110574.jpg
すっかり緑が濃くなった公園では親子で遊ぶ人の姿もちらほら。
 
P1110670.jpg近くの田んぼにはアオサギが1羽。

P1110672.jpg

田植えも終わり稲もしっかり根付いてきたようです。

スポンサーサイト




2020年5月14日(木)
お天気が良いので伊佐沼の夕日を見に行くことにした。

P1110330.jpg
車ででかけて5時頃到着。
日没は6時半。
夕日までには時間があるので写真を撮りながら徒歩で伊佐沼を一周することにした。
今日も野鳥はほとんどいない。

P1110352.jpg
鴨も1~2羽しか見当たらない。

P1110361.jpg
鵜が1羽。
 
P1110395.jpg
バンが1羽。

伊佐沼公園の林の中では山鳩の鳴き声が聞こえるが姿は見えない。
見かけたのはムクドリくらいのものだ。

P1110414.jpg
6時近くになり日が傾いてきた。

P1110418.jpg
蓮池の方へ戻って見ると、5時頃には1羽もいなかったはずのシラサギ(ダイサギ)がいるではないか。
最近はまったく見かけなかったので、どこへ行ったのかと思っていたが夕方になると帰ってきていたようだ。
やはりここはシラサギのねぐらになっているのだ。

日没の時間が近づいたので夕日が良く見える場所に移動。
カメラを持った人が何人か集まっていた。
やはりここの夕日は人気があるらしい。

P1110429.jpg
とても綺麗な夕日だ。
美しい景色に見とれていると・・・

P1110444.jpg
飛行機雲が現れた。
こんなに長い飛行機雲を見たには初めての気がする。
しかもいつまでも消えないで続いている。

P1110450.jpg
夕焼けの空に真っ白い飛行機雲。
 

P1110467.jpg
さらに反対側からも飛行機が飛んできて飛行機雲が交差。
 
P1110470.jpg
素晴らしい光景です。
こんな美しい夕焼けはめったに見ることが出来ないと感動。
伊佐沼は来るたびに新しい発見や感動がありあります。

今日も伊佐沼に感謝です。


2020年5月12日(火)
久しぶりで伊佐沼へ自転車散歩。
5月に入ってからでは今日が初めてだ。
曇り空だが風が心地よい。

P1110091.jpg
伊佐沼へ向かう道の側の田んぼでは田植え。
もうこんな季節になっていたのだ。
 
P1110309.jpg
沼の向こうの森の緑もすっかり濃くなっていた。
 
P1110116.jpg
蓮田には若い蓮の葉っぱが顔を出していた。
この葉っぱはどんどん成長して今月末あたりには水面は緑で覆われるだろう。

P1110122.jpg
亀さんがあちこちで日向ぼっこ。


何名かの人が大きな望遠カメラを構えていた。
何か珍しい野鳥でもきているのだろうか?

P1110249.jpg
上空を何かが飛んでいる。
どうやら狙っているのはこの鳥らしい。
私のカメラではアップで撮るのは無理のようだ。

P1110249aa.jpg
家に帰ってから写真をトリミングして拡大してみた。
どうやらコアジサシだったようです。
大型の望遠カメラだと水面まで下りてきて魚を咥える瞬間などが撮れるのかもしれない。

今日は野鳥が少ないなぁ。
あんなにたくさんいたシラサギたちどこへ行ってしまったんだろう。
鴨も見当たらない・・・と思いながら歩いていると、水面を泳ぐ小さな鳥が1羽。

P1110118aa_202005121632371b5.jpg

鴨の仲間のキンクロハジロの雌みたいだが違うかな?。
カイツブリでした。
訂正します。

P1110213.jpg
鵜が1羽泳いでいた。

P1110221.jpg
急に飛び上がったと思ったら・・・

P1110240.jpg
近くの杭のとまって、早速せっせと毛づくろい。
そして羽を広げて乾かしはじめた。

P1110301aa.jpg
その近くにはバン。
この鳥を見るのも久しぶりだ。
野鳥が少ないようでも気を付けて見ると結構いろいろいるものです。

伊佐沼公園へも寄ってみた。

P1110275.jpg
公園の片隅にある伊佐沼工房。
 
P1110270.jpg
工房前に並んでいる彫刻が森の緑に映えます。
 

P1110276.jpg
公園の芝生や木々はすっかり濃い緑。

伊佐沼は来るたびに写真のネタがいろいろあるので面白い。
コロナ騒ぎをよそに自然の息吹を感じる5月の伊佐沼でした。


コロナウイルスの問題で外出の自粛が続いています。
散歩やジョギングは自粛の対象外とされていますが、これも「出来るだけ人に近付かないない、人と接しない」配慮が必要かと思います。
幸いなことに伊佐沼は人の少ない場所で、人と接することもほとんだ無いので週に1~2回程度の自転車散歩を続けています。
今日はお天気が良かったので10日ぶりで行ってみました。

P1100966.jpg
11時半頃到着。
空の青さが水面に映えます。
やはり伊佐沼には青空が似合います。
木々の緑が一段と濃くなっていました。

P1100982.jpg
これまで水が抜かれていた蓮田も満水になったので野鳥たちの遊び場は水没、ちょろちょろ走り回っていた野鳥たちはどこかへ行ってしまったようです。
残っているのは鴨だけ、それも数が少ないようです。
みんなどこへ行ってしまったのでしょうか。

P1110011.jpg
鴨だけかと思ったらオオバンがいました。
この鳥を見るのは久しぶりです。
沼の上をツバメが飛び交っていました。
ツバメの写真も撮りたかったのですが、素早く向きを変えながら飛ぶので無理。
 
P1100987.jpg
公園の木々もすっかり緑です。
 
P1100997.jpg
緑の葉が茂った桜にはヒヨドリ。
 
P1100991.jpg
公園の隅にある伊佐沼工房
制作途中の像が置いてありました。
ここには完成した石の彫刻がたくさん置いてるのですが制作途中のものを見たのは初めてです。
粘土細工みたいに見えますが、どんな作品に仕上がるのでしょうか?
 
P1110017.jpg
帰りがけに通った新河岸川の旭橋付近から見た菜の花。
川の両側に一面に咲いていて綺麗です。

今日の伊佐沼も人が少なく静かでした。
広い沼の周辺には釣りをする人が3~4名、散歩をする人が数名、人と人との間は相当空いているので安心です。
すれ違う人もほとんど無しで自転車散歩を終えました。
すぐ近くにコロナ騒ぎを忘れさせてくれる自然があることを有難く思います。

厳しさを増す昨今ですが、みなさまもどうか気を付けてお過ごしください。


 

コロナウイルス問題がますます深刻になりつつある昨今です。
自分を守り社会を守るためには人に近づいたり人と接しないことだと思い2月頃から電車やバスでの移動を自粛しています。
海への電車釣行はやめて、プールが冬場だけ釣り場になる近くの公園へ行っていたが今月初めで釣り場は終了。
しばらくは釣りには行けそうもありません。
健康のためには少しは動かなければと思い、人に接することのほとんど無い「森のさんぽ道」でのウオーキングと伊佐沼への自転車散歩は続けています。

「昨日の雪で富士山は下の方まで真っ白になっている。この時期に裾の方まで雪化粧の富士山が見られるのは珍しい」と今朝のラジオニュース。
富士山が見える伊佐沼へ行ってみることにしました。
風が強くて自転車は無理そうなので今日は車で。

P1100828.jpg
10時頃到着。
伊佐沼は水がいっぱい。
強風にあおられて水面は波立っており、水しぶきが道路近くまで飛んでくるほどです。
 
P1100839.jpg
左隅の遠くに真っ白な富士山がちらり。
 
P1100835.jpg
なるほど、真冬の富士山の姿です。
でもこの時期なのですぐに溶けてしまうようです。
この景色が見られるのは2~3日程度でしょうか?
 
P1100844.jpg
東側の菜の花畑も今が真っ盛り、黄色い絨毯のようです。
 
P1100852.jpg
蓮田にも水がいっぱいに張られていました。
あと1ヵ月もすれば蓮の葉が顔を出すことでしょう。
その頃までにコロナが収束へと向かっていて欲しいものです。

P1100855.jpg
帰りに寄り道して入間川の初雁橋か撮った富士山。
こちらも綺麗でした。

住んでいるところの近くにコロナウイルスを忘れさせてくれる自然があることに感謝です。
人に近づかない、人と接しない、3蜜を避ける生活にこころがけると共に、その恐れの無い場所への散歩など適度な運動などで生活のリズムを保って、みんなで力を合わせてコロナウイルス感染の拡大を防ぎたいものです。