FC2ブログ
2020年3月26日(木)

コロナ問題は収束どころかますますエスカレートしてきたようです。
東京都の1日の感染者数が2日連続で40名を超えました。
この状況が続くと東京都が封鎖という事態になるのではないかと心配です。
「高齢者はあちこち出歩くな」という声もあるので、このところ電車での移動は自粛、もう1ヶ月くらい電車には乗っていません。
外出は、「密閉空間、密集場所、密接場面の3密を避けること。」と言われているので、広くて風通しの良い場所での単独行動ならなら問題ないはず。
というわけで妻と二人で川越の桜の名所を回ってきました。
移動手段は妻の運転する車、もちろん飲食などは無し。

まずは御伊勢塚公園
P1090920.jpg
公園内と公園の側を流れる小畔川の川辺の桜はちょうど満開。

P1090919.jpg
見頃は今週いっぱいといったところでしょうか。 
 
P1090947.jpg
木の上では野鳥も花見。
ムクドリのようです。
 
次は川越水上公園

P1100041.jpg
夏はプール冬は釣り場になる公園で、何度かルアー釣りをした公園です。
 
P1090981.jpg
ここも桜は満開、ウオーキングコースの両側が桜並木、桜のトンネルになっています。

P1100031.jpg
多くの人が桜を見に来ていました。
でも公園は広いので密集にはならないから大丈夫。
 
P1100020.jpg
こちらでも野鳥が花見。
ヒヨドリのようです。
 
次は氷川神社裏の新河岸川 

P1100103.jpg
こちらの桜も見事です。

P1100109.jpg
ここの桜はもう散り始めたようで水面にたくさんの花びらが浮いていました。
 
次はいつも自転車散歩で行く伊佐沼

P1100135.jpg
ここは道路両側の桜並木が綺麗です。
いつもは桜まつりの提灯が下がるのですが今年はありません。
開花が例年より1週間以上早かったので提灯が間に合わなかったのかと思っていましたが、もしかすると自粛かも知れません。

P1100324.jpg
見事に咲いています。
ここは例年夜間にはライトアップされる場所なのだが今年はライトが無いようです。

P1100132.jpg
「花見・宴会等の自粛のお願い」の看板。
コロナウイルスの感染拡大防止のため、飲食を伴う宴会などの利用は控えてほしい・・・等と書かれていました。

P1100121.jpg
こちらの木にはシジュウカラ。

P1100222.jpg
久しぶりでカワセミを見ました。
桜に魅かれてやってきたのでしょうか?。
 
 最後は新河岸河川の桜堤

P1100360.jpg
 
P1100363.jpg
新河岸川の土手にどこまでも続く桜の木

本日は5ヶ所の桜を見てまわりました。
どこも満開、花びらがチラチラと舞っているところもありました。
雲一つ無い青空で暖かく、桜はちょうど見頃。
一番良い日に桜を見ることが出来たことに感謝です。
桜を見ているとコロナのことなどすっかり忘れてしまいます。
いつもは4月初旬に満開になる桜、今年は3月末で終わってしまいそうです。


翌27日のテレビで、「東京では桜を見るだけも自粛」ということで上野公園などが閉鎖されるようです。
東京では週末の不要不急の外出の自粛を要請しており、これに伴う措置なのでしょう。
公園のように広い空間であっても、電車移動などそこへ行くまでの移動手段などが3密につながることを考えると止むを得ないことかと思います。

一日も早くコロナ問題が収束することを願うばかりです。


スポンサーサイト




2020年3月11日(水)

本格的な春の暖かさ。
国営武蔵野丘陵森林公園に早咲きのチューリップが咲いているというので行って見ました。

P1070958.jpg
我が家から車で1時間ちょっと。
2時過ぎに到着。
広大な森林の中にある公園で、東京ドーム65個分の広さがあるそうです。
青空が広がっていてとても気持ちがよい。

中央口から入って5分ほど歩いたところにある山田大沼で鴨たちの謎の行動を目撃。

P1070960.jpg
10羽くらいの鴨が固まってグルグル回っており、通る人は珍しそうに見ています。
 


動画に撮ってみました。
15分ぐらい見ていたがずっと周り続けています。
少し離れたところでは2羽の鴨がやはり同じように回っていました。
何のために?
謎です。
いつも佐沼でたくさんの鴨を見ているが、こんなことをしているところを見たのは初めてです。
 
 
crocus.jpg
早春の花散策コース。
可愛いクロッカスの花がたくさん咲いていました。
 
 
P1080067.jpg
遠くにチューリップ畑が見えます。
人気のスポット。
多くの人が集まっています。

 
tyurippu.jpg
色とりどりの早咲きのチューリップが見事です。
八重咲のチューリップは珍しい。
 
P1080079.jpg
公園の中をぶらぶら歩いてみます。
青空に白い雲がなかなか良い。
これは緋寒桜かな。
 
P1080075.jpg
春を感じさせてくれる緑。
 
 
P1080083.jpg
真っ赤なボケの花。
 
P1080031.jpg
これは何だったかな?
木にはプレートが付けてあったのだが、何と書いてあったか忘れてしまいました。 
 
P1080029.jpg

花木園では、あちこちの木々に花がさいていて春を感じさせてくれました。
 


あのぐるぐるまわる鴨は何だったんだろう。
帰ってから調べてみると、市谷のお堀の鴨、大阪城公園の鴨など、あちこちで同じような行動がみられるようです。
ネットで調べたところによると、『散歩で楽しむ野鳥の本 街中篇』という本に次のように書かれているそうです。
「ハシビロガモの食事風景について、水面にくちばしをつけたまま円を描くように泳いで水を濾し取り、小さな草の種子やプランクトンなどを食べる。
またこの行動は1羽より複数で列を成して行い、数十羽という大きな群れでぐるぐる回る独特の光景を展開することもあるが、これは渦巻きのような水流を作り出すことで前述の細かな食物を水面に多く舞い上がらせるためであると考えられる。」

鴨たちが協力しあって餌を餌を採っているとは驚きです。
自然界の野鳥や動物たちは生きるための仕組みが実にうまく出来ているものだと、あらためて感心しました。


2020年2月10日(月)

仕事で新宿まで行ったついでに練馬区の石神井公園へ寄ってみた。
名前は以前から聞いてはいたが行ったのは今回が初めてだ。

P1060023.jpg
池袋から西武池袋線で15分程度で石神井公園駅に到着。
商店街を通り抜けて10分程度歩くと住宅街の一角に急に大きな池と雑木林とが出現する。
 
 
P1050995.jpg
池というよりは沼といった感じだ。
池は細長く続いている。
こういうところへ来ると野鳥が気になる。

P1050856.jpg
早速目に入ったのはどこの池や沼にもいる鵜。
 
 

P1050879.jpg
そして鴨。

 

P1050961.jpg
あまり見たことのない鴨。
 
 
P1050964.jpg
頭と背中が黒くて、腹は白。
帰ってからネットで調べたら、鴨の仲間のキンクロハジロの雄。
一緒に泳いでいる茶色い背中のが雌のようだ。
初めて見たような気がするが、これまであまり意識せずにひとくくりで「鴨」と見ていたので気が付かなかったのかも知れない。


P1050888.jpg
幅が川のように狭くなってさらに奥まで続く。

 
 
P1060014.jpg
オオバンもいました。
 
 
P1050907_2020021118222894b.jpg
奥の方にも大きな池が広がっている。
大きな望遠カメラを持って歩いている人も何人か見かけた。
野鳥を追いかけているらしい。
この公園に生息する野鳥を紹介した掲示板もあった。
 
 
P1050912.jpg
石神井城址
この辺にお城があったらしい。


 
P1050938.jpg
木の枝にツグミ。
この鳥を見るのは久しぶりだ。
 
 

 
P1050914.jpg

都内の住宅街と隣り合わせにこんな自然が残っているのが不思議な気がした。
春夏秋冬、いろいろ植物や野鳥に出会えそうだ。
また来てみたいと思う。



2020年2月7日(金)

以前にもこのブログに書いたことがあったが、我が家から徒歩20分くらいのところに「森のさんぽ道」という広大な雑木林がある。

P1180212.jpg

一昨日と今日ここを歩いてみた。
 

P1180215.jpg

将来は公園にすることを予定しているらしいが、現状では個人の所有地が多いらしく所有者の協力を得て散歩道として開放しているらしい。
 

P1180219.jpg

鶏を放し飼いにしている養鶏場があり、たくましい鶏のコケコッコーの声が森に響き渡っていた。
 
 
P1180223.jpg

森の植物は採取禁止。
コンクールで優勝した小学生のポスターが新しく貼られていた。
 

P1180230.jpg

今日見つけた野鳥はカラスの他にはこの鳥だけ。
この森には川も沼もないもであまり野鳥は集まらないのだろうか?
 
 
P1180233.jpg

森の小径の片隅にこんな木彫りの彫刻があった。
だいぶ古いものらしくコケが生えている。
木の切り株を直接彫ったものらしい。
 
 
P1180235.jpg

すぐ近くに朽ちて倒れた彫刻が一つ。
こんな森の中で、このような彫刻を彫っていた人がいたことには驚きです。
 
 
P1180238.jpg

森の中では伐採や植樹などが行われているようだ。
 
  
P1180237.jpg

苗木のような小さな木にはピンクのリボンが付けられていた。
なんの印なのだろうか?。

雑木林は手入れをしなければダメになってしまうと聞いたことがある。
伐採や雑草の除去など、手入れをしてくださる人たちのご苦労があってこの森は守られているのだろう。

P1180246.jpg
 
 
松の木の向こうに見える夕方の白い月。
こんな風景も良いものだ。

 



2019年12月8日(日)

お天気が良いので自転車で川越水上公園へ行ってみた。

P1000777.jpg
公園へ向かう途中から見た富士山。
 
 
P1000779.jpg
池の周りの木々は冬の衣装。
 

P1000976.jpg
この池の定番の鴨。
 
 
P1010010.jpg
そして鳩。
 

P1000939.jpg
この時期のお客さま。
ゆりかもめが来ていた。
 
 
P1000783.jpg
そろそろ来る時期なのに伊佐沼では見かけないなぁと思っていたら、こちらへ来ていたようだ。
 

P1000884.jpg
夏場のプールは釣り場に変身。
こちらはルアー釣り場。
見て回ったが、魚が上がっているところは見られなかった。
しかしバケツの中にはニジマスが2~3匹。
私はルアーはやったことが無いのだが、こんど挑戦してみようかな・・・。
 

P1000881.jpg
こちらは餌釣り場。
餌釣り場を利用するのは小学生くらいのお子様が多いようだ。
私もお子様?なので(笑)、今年の初釣りえはここでのニジマス釣りだった。
 

P1000900aa.jpg
プールの一部を貸し切りで「トラウトフェスタ2019」が開催されていた。
国内最大級のフライフィッシングとテンカラのイベントだそうで、多くの釣り具メーカーが出店、たくさんの人が集まっていた。
海無しの埼玉県でもこんなにも釣り人口が多いのかと驚く。
 

P1000893.jpg
こちらはフライの投げ方の講習会らしい。
 

P1000955.jpg
雲一つない真っ青な冬空に鳥が舞う川越水上公園でした。