AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 川釣り
2015年8月25日(木)

1つ前の記事に書いた新河岸川。
昔は釣り人をよく見かけたのだが、最近は草ぼうぼうで釣り人はほとんどいない。
昔の「小鮒釣りし、かの川」を復活させようと思い、川辺の草を刈り取って専用釣り場を作った。

IMGP4613.jpg
「GG釣り場」とでも名付けようかな(笑)。
みなさんご自由にお使いください。

IMGP4619.jpg
時々大きな鯉らしい魚が跳ねているようだが、私は小物狙い。

IMGP4620.jpg
小さいオイカワを釣って3匹持ち帰り、鯉、フナ、クチボソ、ドジョウなどを飼っている水槽に入れた。
仲良く暮らしてくれるかな?

皆元気で泳ぎ出したので安心していたが、1時間位経ってから見たら一番小さい1匹が死んでいた。
さらに、3時間後にはもう1匹がひっくり返って虫の息になっていたが、その後死亡を確認。

残る1匹は元気に泳いでいたが、夜8時頃見るとなんだかおかしい。
頑張って水槽の下に向かって泳ごうとしているのだが、下には行けない。
体が浮いてしまうらしい。
そして夜10時頃死亡を確認。
全滅です。

ネットで飼い方を調べてみたら、問題として考えられのは水温、水質、他の魚との混合。
他の魚はずっと元気なのだから、水温や水質にはそれほど問題無さそうだ。
「他の魚と混合飼育の場合は、同じ程度のサイズで・・・」とあった。
20㎝くらいのフナや鯉と一緒にしたので、ストレスを与えちゃったのかな?。
大きいのは川に逃がしてから、もう一度試してみようかな・・・・。

そして、ツイッターで次のようなコメントをいただいた。

「オイカワは大変環境変化に敏感で釣って来たものはほとんどが死んでしまいます。
徐々に水質を合わせていくのが良いかと思います。それにはもともと棲息していた場所の水を沢山持って帰って徐々に今の水を混ぜて慣らしていけば大丈夫です。」


ありがとうございました。
早速試してみます。




スポンサーサイト

2016年8月21日(日)

私が釣りを始めたのは今から20年以上前、末の子供と近くの川へ小鮒などを釣りに行ったのが始まりだった。

このところ海釣りはボウズ続き。
「海がダメなら川があるさ」というわけで昔子供と一緒に行った新河岸川へ行ってみた。

IMGP4594.jpg
土手には草がぼうぼうに生えていて、釣りが出来る状態ではなさそうだ。
昔はこの辺に釣り人が沢山いたのだが、一人の釣り人も居ない。
もうこの辺で釣りをする人はいないのだろうか?

IMGP4604.jpg
少し歩いてみると、一か所だけ綺麗に草が刈り取られたところがあった。

IMGP4597.jpg
降りていってみると、川べりの草が綺麗に取り除かれた釣り場が3ヵ所出来ていた。
どうやらお近くの方が自分専用の釣り場を作ったらしい。

この付近に竿を出させてもらおうかと準備していると、川辺からニョロッと顔が・・・・
ヘビ!!
ヘビも私を見て驚いたと見えて、急いで川へ飛び込んで向こう岸へ逃げ去った。

ウキを落としたみた。
餌は川釣り用の練り餌。
なかなかアタリが無い。
しばらくすると、水中から亀が・・・・・。
私の顔を見ると慌てて潜ってしまった。

しばらくしてアタリ!。

IMGP4600.jpg
クチボソかと思ったがどうも違うようだ。
オイカワらしい。

IMGP4601.jpg
しばらくしして、もう1匹追加。
今日は持ち帰る用意をしていなかったのでリリース。
明日にでももう一度来て、持ち帰って飼うことにしよう。

昔釣りをした場所の多くは、草がぼうぼうに生えていて釣り人の姿は見かけなくなってしまったようです。
今の子供たちは川で釣りなどしないのだろうか?

いろいろな魚を釣ってきて飼うのも面白そうだ。
草を刈り取って私専用の釣り場を作ろうかな・・・・・。