AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 川崎
2017年1月18日(水)

前日、釣りバカパパさんからメール。
「明日東扇島西公園へ行くので、宜しければ覗きにきてください。」
東扇島はもう何年も行っていない。
たしか3年位前に行って、ダボハゼしか釣れなかった記憶がある。
今は何が釣れているんだろうか。
ネットで調べてみると、季節外れ?のサバが釣れているらしい。
それでは、ちょっと顔を出してみようかな。

12時半頃釣り場へ到着。
風もなく絶好のお天気だ。
私はいつもお天気には恵まれるのだが、お魚には恵まれない。
今日はどうだろうか。

IMGP4893.jpg

様子を見ながら、長い釣り場を先端へと向かう。
お魚の気配はまったくない。

IMGP4899.jpg
先端付近は混んでいた。
この釣り場は先端の方がポイントらしい。
そしてほとんどが、長い竿を使っての遠投サビキ。
この釣り場は短い竿でのちょい投げではダメなのかな・・・。
ちょっと不安。

先に来ていた釣りバカパパさんと、最先端付近で合流。
小さいカサゴとダボハゼが釣れたとのこと。

トリックサビキを1本、胴突きを1本。
予想通り何も釣れません。
ネット情報によると昨日サバが来たのは4時頃とのこと。
たぶんそれまではダメでしょう。
・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・
やっと、待ちに待った4時。
最先端の方がサバを釣って、釣りバカパパさんとお祭り。
その方は続けて2~3匹上げたが、他は釣れていない。
私以外は、皆遠投しているのだが・・・・。

足元のトリックには何の反応も無い。
投げないとダメらしい。
胴突きをやめて、コンパクトロットに10号のウキを付けて投げてみた。
竿が短いし、投げるのも下手なので、他の人に比べると明らかの飛距離は短い。
まあ、足元よりも少しはいいかな。

その後釣りバカパパさんの竿にもサバ。
そして右隣りの方も釣れた。

しかし私の竿には来ない。
棚を変えたり、誘ったりしてみがたダメ。

周りとの違いは飛距離と、仕掛けの種類くらいだが飛距離の差が一番の原因ではないかと思う。
今日のサバは近くへは来てくれなかったようだ。
そういえば、前回の磯子でも同じような状況だったな。

5時を過ぎた。
暗くなってきた。
サバの時合も過ぎたようだ。
5時30分頃納竿。

本日の釣果  丸ボウズ。

釣りバカパパさんの車で川崎駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。

スポンサーサイト

2015年6月1日(月)

cocoさんからテナガエビ釣りのお誘い。
今日はちょうど空いていたので、ご一緒することにした。
テナガエビは5年ほど前に1~2回cocoさんと行ったことがあったが、釣り方をすっかり忘れてしまっていた。
慌ててネットで予習。

池袋で待ち合わせて、電車で川崎へ。
15分ほど歩いて、2時頃多摩川に到着。

IMGP3651.jpg

竿を出して間もなくcocoさんは1匹目を釣りあげた。
そして、ポツポツながら、2匹、3匹・・・・・と順調に追加。
しかし私はまったく釣れない。
テナガエビは底近くをはい回っているのだろうと勝手に思い込んでウキ下はべた底にしておいた。
場所を変えたり、餌の大きさを変えたりして見たがダメ。
何も釣れずに2時間位経過。
cocoさんは10匹位釣っただろうか。

フト気が付いて、cocoさんにウキ下を聞いてみた。
50センチ位だという。
えっ、そんなに浅いの!?。
私は1メートル以上とっていた。

早速ウキ下を短くしてやって見ると、来ました!。
立て続けに3匹。
釣れない原因は棚だったようです。

しかし、やっと釣れ始めたと思ったら時合終了、そして時間切れ。
5時に納竿。

IMG_7351.jpg

本日の釣果。
テナガエビ 4匹。
(そのうちの1匹は、無理に針を外して死亡)

3匹では食べてもしょうがないので、飼うことにしました。
5匹いたハゼちゃんは、ポツポウ死んで残りは1匹。
水槽内が淋しくなっていたので、早速その水槽に入れました。

IMG_7359.jpg
水槽内のテナガエビの様子です。

IMG_7361.jpg
どじょう、ハゼ、クチボソと一緒です。
うまく共生できるでしょうか?。



2014年2月2日(日)
東扇島西公園へ釣行。
10時頃釣り場へ到着。
*竿釣具店の移動売店でアオイソメを購入。
店のおじさんに様子を聞いてみると「非常に厳しいですよ。ほどんと釣れていません。」とのこと。
「コマセで寄ってくる魚はいますか?」と聞いたところ「はっきり言って居ませんね。」
コマセを買うのは止めました。

IMGP2282.jpg

江東区の釣り人さんと合流。
彼は朝早くから来てカレイを狙っているがまだ何も釣れていないとのこと。
どうせダメもとで投げを1本。
もう1本は4号針のトリック仕掛けにアオイソメを小さく切って付けて胴突き代わりに足元へ投入。
1投目で早速のアタリ。

IMGP2290.jpg

ダボハゼちゃんです。
昨年釣ったマハゼを1匹、ドジョウやタナゴなどと一緒に飼っているが、ハゼが1匹では寂しいので持ち帰って仲間に加えることしにした。

10時~4時までの6時間でダボはぜが6匹。
投げ竿には何の反応もないままに4時納竿。
春はまだまだ遠いようです。

本日の釣果。
ダボハゼ 6匹

DSCF9321.jpg

2匹だけ持ち帰って我が家の水槽の入れました。
水槽の中は、マハゼ1匹、クチボソ、タナゴ、ドジョウに加えて、ダボハゼちゃん2匹を追加。
新参者は早速土管などの陰に隠れて姿を見せません。
早く新居に馴れてくれるといいんですが・・・・・。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
4月22日(月)

昨日(日曜日)はcocoさんと若洲へ行く予定だったのだが、風が強くて寒いということで中止。

そして本日の釣行。
数日前に七原さんから「月曜日は学校が休みなのでシリヤケイカ狙いで東扇島へ行きます。一緒に行っていただけませんか。」と連絡があった。
ちょうど空いていたので、ご一緒することにした。
「シリヤケイカが釣れた時のためにタモ網を持って来てもらえませんか。」と七原さんからの要望。
我が家には10数年前に買ったタモ網があるのだが、電車釣行では荷物になるので持って行ったことが無い。
それに、タモ網を使うほどの大物が釣れることはほどんと無かったし、たまに間違って大きいのが来たときはご一緒釣行の釣りバカ青年さんなどに助けていただいたので、私はまともにタモ網を使ったことが無い。
しかし今回は可愛い孫?のためにタモ網を持参し、タモ入れ係として同行することにした。
どうなることやら・・・・・。

川崎駅前のバス乗り場で待ち合わせて、8時54分のバスで東扇島西公園へ。
10時頃釣り場到着。
釣り場の左先端側へ竿を出すことにした。
私はシリヤケイカなど釣ったことは無く、エギを使ったこともほとんど無い。
それにネットで見たところでは、シリヤケイカは今のところ数が非常に少ないらしい。
私には釣れそうも無いと最初から諦めて、いつもの通り投げ、ウキ、胴突きの3本立て。
どれかに何かが掛かるだろうといういいかげんな作戦。
七原さんは、投げ、胴突きを置き竿にしておいて、もっぱらエギに集中。

IMGP1588.jpg

平日の割には釣り人が多いのだが釣れている様子は無い。
私たちが行く前に釣れたらしいシリヤケイカが3杯網に入っているのを見た他は魚の姿は無い。
餌も取られない。
竿先はピクリともしない。
ウキも動かない。

七原さんのエギにも何ら反応は無いようだ。
そんな時間が3時間位続いた。
いくら待っても釣れそうも無いので、昼食が終わったら右端のトイレ前の方へ移動しようかなどと話していた。

1時半頃。
「釣れました~~~。タモ網お願い!」と七原さんの大声。
タモ入れ係出動。
急いで駆け付けると、見えて来たのは待望のシリヤケイカ。
しかも良型。
タモに入れようとするが、海面から高さがありやっと網が届く距離。
なかなか入らない。
タモ網の扱いに慣れていないので、モタモタ。
お!、入ったか。
あれ?。入ってない。
そんなことをやっているとバシャ~~~~~。
タモ入れ失敗。
痛恨のバラシ。
タモ入れ係失格!。
ゴメンナサイ。

待望のシリヤケイカを取り逃がして、じだんだ踏んで悔しがる七原さん。
私もガックリ。

しかし、七原さんはすぐに気を取り直して再挑戦。

IMGP1590.jpg

そして30分位後。
「釣れました~~~~~~!」
今度タモ入れ失敗したら切腹ものです。
慎重に・・・・・。

タモ入れ成功。
無事捕獲。
やれやれ、ほっとしました。

他の人は誰も釣れていないというのに七原さんお見事です。
しかも、シリヤケイカは初体験とのこと・・・。

七原さんは、その後2回ほどバラシがあったようです。

私はその後も何も釣れず、4時納竿。
私はボウズ。
七原さんは、シリヤケイカ 1杯。
本命を釣ったのが、自分のことのように嬉しい。

私がうまくタモ入れしていれば、2杯釣れていたのに・・・・・。
こんな頼りない爺さんですが、またご一緒してもらえたら嬉しいですよ。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
3月17日(日)
前日調布さんからお電話をいただいた。
「明日の午後から東扇島へ行くので、一緒に行きませんか?」
一昨日若洲へ行ったばかりなのだが、17日は、ちょうど午後から空いていたので、ご一緒させていただく事にした。
そしてその日の夜、今度は七原さんからも連絡があり、東扇島釣行の話をしたところ「行ってみたい釣り場だった」との事で同行することになった。

当日3時に大崎駅で、七原さんと待ち合わせ。
そこから調布さんの車で東扇島西公園へ。
4時頃到着。
風がやや強かったが、釣りには差支えない程度だ。
広い釣り場にはポツポツ程度に釣り人が竿を出していた。

IMGP1365.jpg

この釣り場は何年か前に1度だけ来たことがあるが、最近の様子は全くわからない。
とりあえず、1本投げておく。
そして、胴突き仕掛けを足元に1本。
モタモタとウキの準備をしていると、「釣れました~~~~!」と七原さんの声。
ウキで15センチ位のメバルが釣れたようだ。
これは幸先が良さそうだと思い、私もウキを投入。
時々ウキが沈んだり浮いたりする。
しかし、針がかりしない。
このウキの動きはウミタナゴかな?などと思っていると、また・・・・・・
「釣れました~~~~~~!」と七原さん。
今度は20センチ位のウミタナゴ。

やっぱりウミタナゴがいるようです。
しかし、私の竿には針がかりしません。
そのうちに、ウミタナゴらしい反応も無くなってしまいました。

投げにも胴突きにも何もきません。
たまに上げて見ると、餌が無くなっているので、何ががいるようです。
夜になればメバルやカサゴが釣れるはずだと期待して暗くなるのを待ちます。

6時を過ぎました。
何も来ません。
七原さんもその後は釣れていないようです。
調布さんも反応が無いようです。

右端のテトラ付近に移動して見たがここも反応無し。
7時を過ぎても何も釣れません。
そしてついに変化の無いままに8時になり納竿。

本日も完璧なボウズ。
ボウズの時はどこへ行ってもボウズですね。
3人の中で、お魚を釣ったのは七原さんだけでした。

釣果はともかく、なかなか行けない東扇島の様子を見ることが出来て良かったです。
東扇島の春ももう少し先のようです。




テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用