FC2ブログ
2019年5月24日(金)

ネットの情報によるとふれーゆ裏のアジが好調らしい。
お天気が良いので行ってみることにした。

IMGP5823.jpg

1時半頃到着。
平日のふれーゆ裏にしては釣り人が多いのだが、いつもの事ながらこの時間帯は釣れている気配はない。
アジが回ってくるのは早くても3時過ぎだろう。

曲がり角手前の入れそうな場所を見つけて竿を出した。
今日の仕掛けはトリックサビキだけ。
4.5メートルの竿1本と、3メートルの竿にウキを付けてちょい投げを1本。
トリックの針は4号。

無反応の状態がしばらく続きます。
周囲にも釣れている様子は無い。
暇なのでぶらぶら歩いてみると、釣り場の中央付近で大きなシリヤけイカを上げている方を発見。
この方は一人で数匹上げて周囲の羨望の的になっているようだ。

3時を過ぎたがアジの気配は無い。
・・・・・・・
4時になったが、異常なし。
そして、4時半を過ぎた頃お隣の方が、1匹上げたのが目に入った。
そろろろ回ってきたかな・・・。
真面目にコマセを付けて投入。

しばらくして、足元に落としておいた4.5メートルの竿にアタリ。

IMGP5829.jpg

本日の1匹目。
18センチくらい。

そして2匹目。
目の前まで来たところでバラシ。
う~~む、残念。

3匹目。
これもバラシ。
ちょっと大きかったのに残念!

4匹目。
またしてもバラシ。
水面から上げたところで、魚が暴れる。
そこでバレてしまうようだ。
それにしても、今日は何でこんなにバラシが多いんだろう。

その後何とか3匹を追加。

IMGP5830.jpg

7匹かかったうち上げたのは4匹だけ。
こんなにバレるのは針のサイズが合わないのかな?

5時半頃で一旦アタリは止まった。
もう一度群れが回ってきてくれる事を期待。

IMGP5831.jpg

夕方、釣り人の数が増えてきたようだ。


IMGP5833.jpg

6時頃、「お隣に竿を出させてもらっていいですか。」と声がかかり、左隣りに新たに1人が加わった。
この方が2本の竿を出したとたんに、鈴が鳴った。
そしてアタリ、アタリ、またアタリ。
入れ食い状態だ。
1匹のバラシも無い。
あっという間に7~8匹は釣り上げたようだ。

しかし、私の竿にはなかなか来ない。
やっと来たと思たら、またしてもバラシ。
バラシ。
そしてまたまたバラシ。
3匹続けてのバラシ。

お隣の方に聞くと、いつも6号か7号の針を使っているとの事。
やはり私の4号は小さすぎたようだ。

それにしても、お隣は入れ食い状態なのに私の方にはあまり来ないのは何故なんだろう。
お隣の竿は約6メートル。
私の1本は4.5メートルなので、こちらに来ないのは竿の長さかと思う。
もう1本はウキを付けてのちょい投げで、ほぼ同じくらいの距離のはず。
大きいおもりで底まで沈めているので、棚も同じくらいのはず。
あとは針の大きさが違うので餌の付き具合が違うのかな?

6時半頃、アタリはピタリと止まり、周りの方の竿も静かになった。
その後は魚が来る気配はなく7時納竿。

本日の釣果
アジ 4匹 (18センチくらい)

9匹かけた内、バラしが5匹、半数以上をバラすとは・・・。
今度はもっと大きい針を使ってみます。

IMGP5835.jpg

バレることなく上がって来てくれた貴重な4匹。
感謝して美味しくいただきます。



スポンサーサイト

2019年4月19日(金)

数日前、ツイッターで「若洲にイワシが来た」との情報を見たので、今日は若洲へイワシを釣りに行くつもりで家を出た。
電車の中で改めて、若洲の情報を探したがその後イワシ情報は見当たらない。
今日の若洲にはイワシはいないような予感がしてきた。
ふれーゆ裏でアジでも狙った方が良さそうな気がしてきたので、急遽予定を変更してふれーゆ裏へと向かった。

KIMG0806.jpg

午後1時半頃到着。
サビキの人が多いようだが、この時間帯は何も釣れていない。
毎日来ているらしい地元のおじさんの話では、「朝方に何匹かアジが釣れたが、その後止まってしまった。
この後来るとしたら3時過ぎだろう」とのこと。
足元でも釣れないことは無いが、投げた方が有利だそうだ。

トリックサビキを2本用意した。
1本は4.5メートルの竿で、そのまま下へ落した。
もう1本はウキを付けてちょい投げ。

しばらくは何の音沙汰も無かった。
2時半ころ4.5メートルの竿に大きなアタリ。
サビキのハリスを切って逃亡。
何だったんだろう?

その後しばらくしてまた大きなアタリ。

KIMG0803.jpg
コノシロ 27センチ。
さっき逃亡したのもこいつだったのかな?

その後小さなアタリがあって、チビメバル。

KIMG0809.jpg
13センチくらい。
リリース。

チビメバルは3匹ほど釣れたが、いずれもリリース。

KIMG0805.jpg
3時を過ぎたがまだアジの気配はない。
「昨日は今頃から来たんだが、今日は来ないのかな?。それとも遅れているのかな?」と地元のおじさん。

4時を少し過ぎた頃、ウキを付けたトリックサビキをちょいと7~8メートル投げると即アタリ。
本命のアジ。
立て続けに4匹釣れた。

KIMG0812.jpg
釣れたのはいずれもウキでちょい投げした竿の方。
足元に落とした4.5メートルの竿には1匹も来ない。
やはりこの釣り場は足元では無理のようだ。

その後2匹を追加したところで、コマセが無くなり4時45分納竿。
本日の釣果
コノシロ 1匹 (27㎝)
アジ   6匹 (16~18㎝)
チビメバル 3匹 (リリース)

P1160342.jpg


帰りがけには周りではアジが釣れ続けていた。
コマセがあればもっと釣れたかも知れないと思うとちょっと残念だが、この時間だと8時頃までには家に帰れるので、ちょうど良かったのかも知れない。
今日はふれーゆ裏に変更して正解だったようです。



2019年3月22日(金)

今日はポカポカの陽気。
5月並みらしい。
風が強そうなのがちょっと心配だったが、久しぶりでふれーゆ裏へ行ってみることにした。
ネット情報では、夜8時過ぎくらいにアジが少し来ているらしいが、そんなに遅くまでやるつもりは無いので釣果は期待できない。

電車で向かう途中、池袋あたりでは風が結構強かった。
この風で大丈夫かなぁと心配。
しかし、鶴見へ着いてみるとほぼ無風。

KIMG0739.jpg
午後1時頃釣り場へ到着。
曇り空だがポカポカ陽気で風も無い。


KIMG0734.jpg
結構釣り人が多い。
しかし魚の気配はない。
曲がり角より10メートルほど進んだところへ竿を出した。
トリック1本と胴突きを1本。
予想通り何の反応も無い。
周囲にも魚の気配は無い。
今日はボウズかな・・・・。

3時頃、トリックが大きく振れたが、目の前でセルフリリース。
ウミタナゴだった。

そして4時頃・・・・。

IMG_5764.jpg
20㎝くらいのウミタナゴが1匹。
やれやれ、これでボウズだけは免れた。

KIMG0743.jpg
夕方になった。
5時を過ぎた頃コーナーの向こう側でアジが上がったのが見えた。
数は少なそうだが、ポツリ、ポツリと来ているようだ。

こっちへも来てくれ~~~~!!。
小さいアタリがあってので、アジか?と思ったがちびっこメバル。
残念。
即リリース。

5時半を過ぎると、風が出てきて寒くなってきた。
その後まったくアタリも無く6時納竿。

本日の釣果

ウミタナゴ 1匹 (20センチ)
ちびっこメバル1匹 リリース

お隣のおじさんから、立派なイシモチを頂戴した。
ありがとうございました。

IMG_5765_20190323114024749.jpg
頂戴したイシモチ。





2019年3月5日(火)

最近の若洲やふれーゆ裏では持ち帰って食べられるような魚は釣れそうもない。
私は大物は狙わない。(狙っても釣れない。)
サッパでもイワシでもいいから、持ち帰って食べられるサイズの魚を釣りたい。
この時期だとアジかウミタナゴあたりだろうか。

前日の釣果情報では、磯子が入場者8名でアジ19匹。全魚種を合わせると35匹。
雨のため入場者が少なかったようだが、入場者の4倍を上回るとは高確率だ。
久しぶりで磯子へ行って見ることにした。

情報によるとアジが来るのは4時過ぎらしい。

KIMG0692.jpg
午後1時頃釣り場に到着。

KIMG0693.jpg
昨日とはうって変わってポカポカの晴天。
釣り人も多い。
南側桟橋の先端付近は特に混んでいた。
その区間がポイントなのだろうか。
混みあっているところを避けて、その少し手前の空いているところへ竿を出すことにした。

まずはトリックサビキを1本。
いつものことながら何の反応も無い。
回りのサビキにも魚が来ている様子は無い。
サビキを休ませて、投げやヘチなどをやっている人も多い。
やはりサビキの時間では無いようだ。
暇つぶしにウキも出してみたが、こちらも無反応。

しばらくすると、トリックサビキが小さく振れた。

KIMG0698.jpg
10センチ足らずのちびメバル。
リリース。

その後2時間くらいの間に、ちびメバルが2匹。

KIMG0703.jpg
ウキにはウミタナゴが1匹。
これもリリースサイズ。

KIMG0700.jpg
3時半を過ぎた頃だっただろうか。
先端付近の方が、良型のアジを1匹釣り上げた。
25センチくらいありそうだ。
ここのアジはマメアジでは無いらしい。

いよいよアジ到来か。
周囲の人も皆サビキに変えた。
しかしその後は1時間以上何の音沙汰も無い。
後ろでカラスが大きい声を上げて笑っていた。

ところで・・・・
周囲の人の仕掛けを見ると全員が飛ばしウキをつけてちょい投げ。
足元に落としているのは私一人だけだ。
ここでは足元にはアジは居ないらしい。
この釣り場は本牧や大黒と違って足元の水深が浅いせいだろう。
飛ばしウキは持って来ていなかった。
これはやはりダメだな。

5時を過ぎた頃、また先端付近でアジが上がった。
群れが小さいのか、20~30分に1匹といったところ。
場所も限定的なようで、釣れている場所から少し手前の私のお隣さんは投げているのに何も釣れていない。

5時30分。
諦めて納竿。
片づけている間にも、先端付近ではアジが何匹か上がっていた。

KIMG0707_201903061108104d1.jpg


本日の釣果。
ちびメバル 3匹
ちびウミタナゴ 1匹。
すべてがリリースサイズでお土産無し。

帰ってから釣果情報を見たら、入場者が80名でアジは8匹。
いつものことながらお天気には恵まれるがお魚には恵まれない今日の釣りでした。
ご褒美は朝早く頑張る人や、雨の日に頑張る人でないと貰えないようですね。


2019年2月21日(木)
今年は近くの公園でニジマスを釣っただけで、海にはまだ行っていなかった。
1月中に1度は行きたいと思っていたが1月下旬に今年流行のインフルエンザにかかってしまい行けなかった。
体調も回復したので、そろそろ出かけようかとネットで釣果情報を調べたが、この時期は若洲や、ふれーゆ裏あたりには私が釣れる魚は居そうもない。
有料施設もあまり釣れてはいないようだが、本牧ではアジ、海タナゴ、コノシロがある程度釣れているらしい。

というわけで、遅ればせながら本牧へ行くことにした。
これが今年初の海釣りだ。

朝方のネット情報を見ると、アジが釣れているらしい。
私が行く頃にもいるかな?。

午後1時頃釣り場到着。

KIMG0684.jpg
いつものことながら、私が到着する時間帯はお休みタイム。
魚の気配はまったく無い。

沖桟橋の外側、入り口から100メートル位入ったところに竿を出した。
トリックサビキを2本。
ここの釣り場はサビキ以外ではあまり釣れたことが無いので、今日はトリックだけに絞ることにした。
周囲の釣り人もほとんどがトリックサビキだが、海は全くの無生物状態。
棚をいろいろ変えてみたりしながら、1時間半ほどやったが、釣れそうもないので2階の休憩室でしばらく休憩。

KIMG0687.jpg
休憩室も窓から高見の見物。
沖桟橋。


KIMG0688.jpg
新護岸。
人はあまり居ないようです。

KIMG0690.jpg
旧護岸。
こちらも空いています。

誰かが魚を釣り上げているところが見えたら、戻ろうかとしばらく見ていたが、釣れている気配はまったく見られない。
今日はダメかな・・・と思いながら、3時頃釣り座へ戻った。

3時半頃になって、竿先がピクピクと動いた。
上がってきたのは今年初めてのアジ。
「やれやれ、ボウズだけは免れた」と思いきや、床に勝手に落ちて金網の間からスルリと海へ帰ってしまった。
残念!。
床が金網だと時々こういう事があるので困ります。

その後は周囲でもアジがポツリ、ポツリと上がりだしたが多くはない。
15分か20分に1匹という程度だろうか。

私の竿にもやっと1匹。
この時期の営業時間は5時まで、あと1時間くらいしか無いが4~5匹くらい釣りたいものだ。

IMG_5652.jpg

思い通りには行かないもので、3匹釣ったところで「ホタルの光」が流れはじめた。
6時頃まで釣らせてくれれば良いのに・・・と思いながら納竿。

本日の釣果 アジ3匹 (15~18センチ)
有料施設にしては寂しい釣果だが、ボウズで無かっただけでも良しとしましょう。