AX 電車でGo“東京湾釣り日記” 横浜
2017年4月4日(火)

暖かくて風も無い絶好の釣り日和だが、潮を調べてみると小潮。
若洲やふれーゆ裏では釣れる見込みはなさそうだ。
潮の流れの早い本牧なら小潮くらいがちょうど良いのではないかと思い、またもや本牧へ行くことにした。
イワシが10匹くらい釣れればよいかな・・・。

1時頃釣り場へ到着。

IMGP4958.jpg
今日も混んでいます。
沖桟橋を歩いてみました。
目視範囲では途中イワシを上げている人は一人だけ。
どうやら今日も単発のようです。
先端まで行ってみたが、どこもいっぱいです。
一人くらい入れそうな場所があったので、どうしようかと思いながら見ていると、そこにいた方が、「ここへ入りますか」と言って少し詰めて下さったので、有り難く入れていただくことにしました。

IMGP4962.jpg
今日の釣り座は外側の先端付近。

準備をしながら、周りを見ていると少ないながらも近くでときどきイワシが上がっています。
トリックサビキをセットして第1投。
さっそくイワシが2匹。
おお、今日は調子が良さそうだ。
初めのうちは、単発状態だったがしばらくすると、入れ食い状態。
大きい群れが入ってきたようです。

IMGP4966.jpg
イワシは釣れ続けて50匹を超えました。

お隣の方もサビキをやっているようですが、イワシを釣っている様子はありません。
たまーにイワシを釣って、投げ釣りの餌に使っていました。
聞いてみると、サビキはアジ狙いで底に落としてあるが、朝に1匹来ただけでその後は釣れていないとのこと。
時々イワシを1~2匹釣って、スズキ狙いの餌に使っているようですが、スズキも釣れたのは朝のうちでけだったようです。

イワシはもういいから、他の魚が来ないかなぁ。
そんなことを思っていると、置き竿が勢いよく引き込まれました。
慌てて巻くと・・・

IMGP4963.jpg
サバ 26センチ。
こんどはサバが回ってきたのかと思ったがこの1匹で終わり。
周りでもサバが釣れた様子はなく、単発だったようです。

その後もポツポツながら、イワシは釣れ続けます。
アジが来るといいんだがなぁ。
棚を底まで落として置き竿。
5時を過ぎたころアタリがありました。

ついにアジが来た。
しかし、目の前でポチャン!。
残念。

その後しばらくはアタリなし。
風が出てきて寒くなってきました。
6時を過ぎたころに、待望のアタリ。

IMGP4975.jpg
アジ 17センチ。

その後でもう1匹追加し。

6時30分 納竿。

本日の釣果
イワシ 77匹
サバ   1匹 (26 センチ)
アジ    2匹 (17 センチ)

IMG_7798.jpg

帰ってからWebの釣果情報を見ると、イワシ 9,999匹となっていた。
一万匹を超えるとこの表記になるようで、「久しぶりでイワシが10,000を越えました。」と書かれていた。
2~3年前までは、よくこの数字を見かけたのだが最近はほとんど見られなくなっていた。
これから先、イワシは以前のように活況を呈するのだろうか。




スポンサーサイト

2017年3月20日(月)

今月はまだ1回しか釣りに行っていなかった。
そろそろどこかへ行かねばなるまい。
ネットの情報ではどこも渋いようだ。
どうせ釣れないのなら無料のふれーゆ裏へでも行こうと思いながら、出発直前に本牧の情報を見ると朝からイワシが釣れているらしい。
前回の本牧はボウズだったので、再挑戦したくなり急遽本牧に変更。

昼頃釣り場に到着。

IMG_20170320_120159.jpg
今日は祝日、そして小中学生無料デーということで釣り場は混んでいた。
子供連れが多い。
様子を見ながら沖桟橋の先端までぶらぶら歩いてみたが、竿を出せそうな場所がない。
そしてイワシ1匹釣れていない。
この時間帯に魚がいないのはいつものことだ。

沖桟橋は無理そうなので、渡り桟橋にでも竿を出そうかと途中まで戻り始めたところ「そろそろ帰るので、ここに入りませんか」と声がかかった。
朝から来ていたが釣れなかったそうだ。
「周りではアジやイワシが少し釣れたんですが私はダメでした。」とのこと。
有難くその場所を使わせていただくことにした。

IMG_20170320_120223.jpg

トリックを1本。
胴突きを1本。
まったく魚の気配はありません。
釣れるとしたら、4時過ぎだろうと思いひたすら待ちます。

3時を少し過ぎた頃、少し離れた場所で何やら1匹上がったのが見えた。
アジかな?。
時合が来たのかと思ったが、単発だったようでその後はもとの静けさ。
そして4時を過ぎた頃、沖桟橋入り口の白いポールが立っている付近で何か釣れたようだ。
やはりアジかな?。(離れているし目が良くないせいもあり確認できない)
その後もその付近で2~3匹。
釣れる場所はピンポイントらしく、こっちへは来ない。

5時を過ぎた。
今日もボウズかなと諦めかけていると、近くでイワシが釣れたのが見えた。
急いで棚を浅くしてみると、アタリがありイワシが3匹。

IMG_7685aa.jpg

やれやれ、ボウズだけは回避できた。
続いて来てくれることを期待したが、一瞬にしておわり。
目視範囲でイワシが釣れたのは私を含めて3~4人程度。

その後はアタリ1つなく5時40分納竿。

本日の釣果。

イワシ 3匹。
貴重なイワシを大切に持ち帰りました。




2017年3月5日(日)

ここ1ヶ月ほと釣りに行っていなかった。
お天気が良いので久しぶりで本牧へ行ってみることにした。
出発前にネットを見たら、イワシやアジが釣れているらしい。
イワシが10匹くらい釣れればいいな。

11時頃家を出て2時頃釣り場へ到着。

IMGP4943.jpg

日曜日とあって釣り場は家族連れなどで混んでいた。
「入場者が500名を超えているのでルアーは終日禁止です。」と放送が流れていた。

IMGP4949.jpg
沖桟橋の外側はこの混みよう。
竿を出す場所がない。

IMGP4948.jpg
内側に空いている場所を見つけて、トリックを2本出した。

まったく魚の反応は無い。
私の到着時間はいつもこんな状態なので気にしないで待つことにした。
今月から、営業時間が1時間伸びて6時までになったので、4時~5時半頃に期待。

3時を過ぎた。
アタリ1つ無い。

4時を過ぎた。
やっぱり魚の気配はない。
周りでも誰も釣れていない。

外側が空いたので、外側に移動。
しかし、変化なし。
相変わらず周りでも釣れていない。

5時を過ぎた。
やっぱり魚はいない。

5時30分。
アタリ1つ無く、諦めて納竿。

1ヶ月振りの釣りは、ボウズに終わりました。

帰ってから、釣果情報を見ると、アジ167匹、イワシ912匹。
いつ、どこで釣れたんだろう。
目視範囲では魚の姿は無かったのに。
午前中に釣れたのだろうか。
2時頃ノコノコ行ったのではだめなのかなぁ・・・。


2017年2月1日(水)

ネットで見たところでは、最近の釣果はどこも渋そうだ。
どうせ釣れないのなら、無料の若洲かふれーゆ裏あたりに行こうと思っていたのだが、出発直前になって急に気が変わり、本牧行きに変更した。
1時頃釣り施設に到着。
釣り施設のそば屋で昼食をとってから釣り場へ。

IMGP4930.jpg
釣り場はがら空き。
渡り桟橋には誰もいない。

IMGP4935.jpg
沖桟橋の外側は、程よい間隔で竿が並んでいるが、持ち主不在の置き竿が多い。
皆さん休憩中らしい。

IMGP4934.jpg
沖桟橋の内側は、ほとんど人がいない。

こんなに空いている本牧を見たのは初めてかもしれない。
ネットの「釣れない情報」を見て足が遠のいてしまったのだろうか。

沖桟橋外側の入口近くに竿を出した。
今日はトリックサビキを2本。
1本はべた底。
もう1本は、底から5~6メートル上げたあたりに棚をとった。

何も釣れない時間が続く。
今日の干潮は2時半頃なので、潮が上げに入る3時頃に期待。
・・・・・。
・・・・・・・・。
3時を過ぎたが魚の気配は無い。
・・・・・・・・・・・。

4時近くになって、右隣の方がサバを1匹。
そして、4時を少し過ぎた頃、左隣の方がウミタナゴ。

そして私の竿にもアタリ!

IMGP4939.jpg
26センチ位のサバ。

それから10分くらい後にもう1匹追加。
いずれも、棚を上げた方の竿に来た。

さらに10分位あとになって、べた底に落としておいた竿に大きなアタリ。
引きが強いので、大きいサバかと思ったら・・・

IMGP4940.jpg
両型のアジ。
施設の係の方が写真を撮って行った。
27センチあったようだ。
このサイズのアジは自己新記録だと思う。

4時半を過ぎると、アタリはピタリと止まってしまった。
時合は30分足らずだったようです。

4時45分。
蛍の光が流れ出して納竿。

IMGP4942.jpg
西の空は夕焼け。
夕日が綺麗でした。

本日の釣果
サバ 2匹 (26~27センチ)
アジ 1匹 (27センチ)

IMG_7245.jpg

帰ってからネット情報を見たら、私が釣ったアジが一番大きかったようです。
今日は本牧にして正解でした。


2017年1月10日

天気が良いので初釣りに行くことにした。
本牧や大黒のアジやサバは下火になったようだ。
釣果情報を見ると磯子でカレイが釣れているらしい。
数はあまり出ていないようだが、カレイがダメでもウミタナゴくらいは釣れるだろう。
というわけで、久しぶりで磯子へ行くことにした。

磯子への釣行は3年ぶりだ。

昼頃釣り場に到着。

IMG_20170110_124758.jpg
とても良いお天気だ。
近頃には珍しく暖かい。
しかし魚の姿はない。

カレイを狙ってちょい投げを1本。
ウミタナゴかメジナを期待してトリックを1本。
まったく反応なし。
周囲の人も、のんびりと腰かけてお魚待ちの様子。

2時頃、トリックに小さなアタリ。

IMG_20170110_125837.jpg
10センチくらいのチビメバル。
これでボーズだけは免れた。
感謝してリリース。

その後は無生物状態が延々と続く。
周囲でも釣れている形跡はない。

3時を過ぎたころ、お隣のトリックサビキにサバ。
磯子でサバは珍しい。
釣り方を見ていると、3.5メートルくらいの投げ竿を使い、トリックサビキに20号くらいありそうな錘をぶらさげて、ウキ無しで投げていた。
この釣り場はウキサビキは禁止なので、ウキを付けて投げられないのだ。

私も真似をしてトリックをちょい投げしてみたがダメ。
飛距離が違うのかな?
単発らしいのだが、その方は3時~4時半位の間に1人で3匹釣り上げた。
サバを釣ったのは、施設全体でその方1人だけだったようだ。
周囲にいた人は誰も釣れていない。
不思議ですね。

4時45分納竿。
結局カレイはおろかウミタナゴも釣れず、チビメバル1匹だけの初釣りでした。
初釣りは儀式なのでボウズでなかったことで良しとしましょう。