FC2ブログ
2019年8月26日(月)

暑さもだいぶ和らいできたので久しぶりで釣りに行くことにした。
若洲へ行くつもりで新木場行きの電車に乗ったのだが、途中で急に気か変わって有楽町でJRに乗換。
ゆれーゆ裏へと向かった。

午後2時頃釣り場に到着。
少し風が強いが良いお天気だ。
曲がり角の少し手前でアジが上がっているのが見えた。
おお!、この時間から釣れるとは嬉しい。

IMGP5992.jpg

早速4.5メートルの竿にトリックサビキ。
お隣で釣れているというのに、こちらには反応なし。
変だなぁ?。
そういえば、前回もこの竿には来なかった。

そこで、3メートルの竿にトリックサビキを付けて足元に投入。
こちらにはすぐにアタリ。
マメアジです。

IMGP5986.jpg

短い竿の方は入れ食い状態。
すぐに掛かってきます。
しかし、長い竿の方は一向に反応なし。

長いとか短いとか言っても、1.5メートル位しか違わないのにこんなに差が出るのが不思議です。
釣りというのは微妙なものだと改めて思いました。

IMGP5989.jpg
ときどきサッパが混じります。

しばらくして、置き竿にしておいた長い方の竿にアタリ。
アジでは無さそうだ。

IMGP5985.jpg
ヒイラギでした。

短い竿はほぼ入れ食いで、一度に何匹もかかることも。
長い竿にはたま~に、マメアジ、そしてヒイラギ。
ヒイラギが来るのはいつも長い竿。

アジとサッパに並んで、いちばん下に細い魚が1匹。
何だろう?

P1170296.jpg
どうやらカマスのようです。

アジはサッパ混じりで2時間ほど釣れ続けたが、4時頃からアタリが遠のいてきた。

IMGP5993.jpg


他の魚はいないだろうかと、アオイソメを付けてちょい投げなどして見たが何の反応も無かったので、5時30分にて納竿。

本日の釣果。
マメアジ 34匹。
サッパ  14匹。
ヒイラギ  5匹。
チビカマス 1匹。

P1170295.jpg

小さいのばかりだが、まずまずの大漁。
ふれーゆ裏にして正解だったようです。

スポンサーサイト




2016年10月11日(火)

仕事が入っていたり、お天気が悪かったりでしばく釣りに行っていなかった。
今日は曇り空だが雨は降らないようだ。
仕事が空いたので、久しぶりでふれーゆ裏へ行ってみることにした。
マメアジが釣れればいいな。
まあ、サッパでもいいや・・・。

昼過ぎに釣り場に到着。

IMGP4793.jpg
今にも降り出しそうな曇り空。
ちょっと寒い。
前回アジが釣れた手前側の角付近には数名の先客がいた。
この辺はアジやサバなど回遊魚のポイントなのだが、まだ回ってきていないようだ。
釣れる時にはどこでも釣れるだろうと思い、今日は先端付近でやって見ることにした。

IMGP4790.jpg

先端の曲がり角の少し手前にトリックサビキを1本、胴突きを1本。
間もなくトリックにアタリ。

IMGP4795.jpg
ウミタナゴでした。
これでボウズは逃れた。
このところお土産無しが続いたのでウミタナゴは持ち帰ることにした。
その後胴突きにもウミタナゴ。

次は・・・・

IMGP4788.jpg
コショウダイ (15㎝位) リリース。

その後ウミタナゴがポツポツ釣れて、全部で6匹。(14~20㎝)
3時過ぎにはウミタナゴはいなくなった。
しばらくアタリが無かったが、突然トリックに強い引き。

IMGP4791.jpg
メジナ (15㎝) リリース。

その後はアタリは止まってしまった。
あとは夕方のアジを待つしかないかな・・・・・・・。
と思っていると、トリックに小さいアタリ。

IMGP4792.jpg
シマイサキの子供(ウリボウ)  リリース
その後も、ウリボが数匹釣れた。

ヘチ釣りをしていた常連らしい方が、「入口近くの方でサバが釣れていましたよ。」と教えてくれた。
向こうで釣れるならこっちでも釣れるかも・・・と思い急いで投げサビキをセットして投げて見たが全く反応なし。
入口に近い方に偵察に行ってみた。
「今日はアジとサバだけだった・・・」などと話し声が聞こえた。
あれっ?!、もうアジもサバはもう終わっちゃったのかな?

IMGP4784.jpg
カモメにサッパをあげている人もいた。
こっちの方はサッパもたくさん釣れていたらしい。

サバがダメならサッパでもいいや・・・・。
というわけで移動。
曲がり角付近には何名かがいるので、そこからちょっと離れたところへ竿を出した。
早速マメアジ。

IMGP4796.jpg

まだサバはいるかな?。
投げサビキを投入してみたが、反応なし。
もうサバは終わったのかと思っていたら、置き竿にしておいてトリックの竿がいきなり海へ引きずられ、リールがフェンスにひっかって止まった。
慌てて巻くと、サバ!。
おお、まだいてくれたんだ。
しかも足元に・・・
有り難い!!。

IMGP4794.jpg
その後追加があり、サバは3匹。

あとはアジをもう少し釣って帰りたいと思ったが、釣れたのは小さいのが数匹だけ。
そして最後にシマイサキの子供とサッパが1匹。

IMGP4797.jpg
もしかしたら、今年初めてのサッパかも・・・・・。

コマセが無くなったので、5時にて納竿。

本日の釣果。
ウミタナゴ 7匹(14~20㎝)
サバ  3匹  (24~25㎝)
アジ  7匹  (10~16㎝)
コショウダイ 1匹 15㎝くらい リリース
メジナ     1匹 15㎝くらい リリース
サッパ     1匹
シマイサキの子供(ウリボウ) 7匹 リリース

お持ち帰りはこちら。

IMG_4739.jpg
リリースしたはずのウリボウが2匹だけ紛れ込んでいました。

これで老夫婦の2~3日分のおかずが確保できたようです。

今日は7目。
もっと大きいアジやサバが釣りたかったが、贅沢はいいません。
久々の上出来ということにしておきます。

昨日、つまり2014年8月11日24時の時点でアクセス数は300001になりました。
たくさんの方のご訪問ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

7月28日(日)

本日はミニ釣り会。
参加者は、調布さん、yuukigiantsさん、私の3名。
始まって以来の最小参加数で、名実ともにミニです。

2時半頃大崎駅で待ち会わせて調布さんの車で城南島へ。
良いお天気です。
暑いです。
空には飛行機。
釣り人も結構います。

IMGP1782.jpg

いつものポイントには先客がいたので、少し離れた場所に竿を出すことに・・・。
明るいうちは亀さん用のサッパを狙う作戦で、私はサビキ。
他の二人はウキ。

IMGP1779.jpg

サッパならすぐに釣れるだろう思いきやサッパリ。
何度も誘ってやっと1匹。
その後は釣れません。
サビキは置き竿にしておいて、のんびりとウキの準備。
他の二人も何も釣れないと見えて、ウキを置き竿にしたまま公園の清掃活動。

ゴミ拾いを終えて戻ってきたyuukigiantsさんの竿にはサッパが1匹。
ゴミ拾いのご褒美でしょうか。

その後私もサッパを1匹追加。
2時間でサッパを2匹。
これで、ちょっぴりながら亀さんへのお土産は確保。

6時近くに七原さんからメール。
「雨雲が近づいているのでご注意を・・・・・・・・」

その少し後に、雨らしきものが数滴顔にかかってような気がしましたがすぐに止みました。
いつものポイントが空いたので全員移動。

6時半頃、トイレから戻ってみるとyuukigiantsさんが1匹目を仕留めたとのこと。
いよいよ時合到来か。

そして6時45分。
私も1匹目をゲット。

IMGP1790.jpg

23センチ。
今日は20センチ以上は持ち帰ることに・・・・・。

その後しばらく釣れません。
ウキにアタリらしき動きは頻繁にあります。
ウキが細かく動いて浮いたり、沈んだりを繰り返します。
しばらく待って、沈んだ・・・と思ったところで合わせてみるとスー・・・・・。
何度も同じことの繰り返し。
これは何の仕業なんでしょう。
他の方もどうやら同じような現象がおきているようです。

何とかもう1匹釣りたい。
我が家は2人家族なのだ。

7時半頃、念願かなって2匹目。

IMGP1791.jpg

24センチ。
私は最小限を達成したので一応満足。
でもオマケが来てくれると嬉しいので続けます。

その後調布さんはたて立て続けに3目、しかもオール尺超えの偉業?を達成。
私はオマケなし。
ゴミ拾いをしなかったからかな?。
8時45分納竿。

本日の釣果。

サッパ2匹。
メジナ2匹。(23~24センチ)

DSCF9189.jpg

笊にはyuukigiantsさんからいただいたサッパが1匹が含まれています。
老夫婦と亀さんの食糧が確保できて満足です。

今日も楽しい1日をありがとうございました。


テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用
2月24日(日)

本日はミニ釣り会の開催日
参加予定者は、yukigiantsさん、サッサーさん、パパちゃんさんとゆうじくん、KAZさんとT氏、cocoさん、川越の魚人の8名。
そして、臥龍さんから「釣りはしませんが様子を見に顔を出します」との連絡があった。

場所は激渋で有名な若洲。
しかも天気予報では北風が5~7メートル。
お天気は良いが、寒くて風が強い。
ミニ釣り会は、月に1回ぐらい皆で顔を合わせることが目的なので、ボウズ覚悟で実施することにした。

12時40分集合の予定なのだが、9時頃KAZさんからメール。
「今若洲に着きました。風がとても強いです。」
先に行っているとの連絡を受けていたが、朝から頑張るらしい。

11時頃cocoさんから「ちょっと体調が悪いので先に行っていてください」とメール。
サッサーさん、臥龍さんからも遅れるとの連絡が入った。
バス停でyukigiantsさんと合流して釣り場へと向かう。

パパちゃんさんとゆうじ君は先に着いていた。
朝から竿を出していたKAZさんとT氏はまだ何も釣れていないそうだ。

釣り場は予報通り北風が強くて寒い。
堤防には釣り人はほとんどいない。
正面から風を受ける堤防は避けて、風裏になるテトラ付近へ竿を出すことにした。

磯の先端付近には数名の釣り人がいた。
IMGP1220.jpg

テトラにも数本の竿が並んでいる。
IMGP1223.jpg

しかし、誰も釣れている様子は無い。

私は磯の先端付近に投げとウキを出してみた。
ゆうじ君は穴釣り。
元気に磯を飛び回っていた。
ダボハゼでも釣れてくれればよいのだが・・・・・・。
他の人たちも思い思いの場所に竿を出したが、生命反応ゼロのようだ。

IMGP1226.jpg

ウキが変な動きをしているので上げて見ると小さなカニ。
ダボハゼでもいいから、魚が来てほしい。
2時頃、サッサーさん到着。

3時頃臥龍さん到着。
お会いするのは1年ぶりだ。
元気そうな様子なので一安心。
昨年大手術をしたため、まだ車の運転は出来ないそうだ。
しばらく臥龍さんと雑談をしていると、3時半頃cocoさん到着。
少し話をしたあと、cocoさんはちょこちょこと何処かへ竿を出したようだが、30分程すると「カレイが釣れました!」
22センチ。
針を飲み込んでしまったというので、私が頂戴することになった。
皆で寒い中で何時間も頑張っても何も釣れないというのに、一番遅く来て30分ほどでカレイを釣ってしまうとは・・・・・。
時合の時だけやって来て短時間で釣り上げてサッと引き上げる名人がいるらしいが、彼はそんな術を身に着けたのだろうか。
それとも、赤いアオイソメの効果かな?。

日が暮れてきた。
相変わらず風が強くて寒い。
私の竿も超極寒。
カニがダブルで掛った以外は何の反応も無い。

夕日が綺麗だ。

IMGP1238.jpg

遅くまで頑張っても釣れそうも無いので、5時で切り上げて駅の側の喫茶店でお茶でおしゃべりなどしてから帰ることにした。

本日の唯一の釣果はcocoさんのカレイ。
私は、カニが5匹。 

喫茶店で情報交換や次回の「一緒に釣りをしましょう会」についての意見交換などをして7時解散。
参加してくださった皆さん。そして寒いなかをわざわざ来てくださった臥龍さん。
お疲れさまでした。
釣果は残念したが、皆さんと会えて楽しい1日を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

テーマ:フィッシング
ジャンル:趣味・実用