FC2ブログ
2020年9月21日(火)
<はじめに>
前回のブログに対して「内容がいいかげん」とのご指摘をいただきました。
ご指摘ありがとうございました。
不確かな情報や鳥の名前の間違いなどがあったのではないかと思います。
以後気をつけます。
写真を撮るのが好きなだけの素人で野鳥愛好家というわけではなく、知識も乏しい上、鳥の名前などは聞いてもすぐ忘れてしまいます。
その都度ネットの写真なので調べて書いているのですが、間違いも多々あろうかと思います。
間違いや不都合等ありましたらご指摘くださいますよう今後ともよろしくお願いします。


今日は敬老の日、伊佐沼のひまわりが満開との情報があったので午後から車で行ってみました。

DSCN5931.jpg
まずは沼の東側にあるひまわり畑へ。
広い畑にはひまわりがいっぱい。
見事です。
連休のせいか家族連れやカメラを手にした人などいつもの伊佐沼に比べると人出が多いようです。
でも広いひまわり畑なので密とはほど遠い状態です。

DSCN5912.jpg
「ご自由におとりください」となっていたので我が家でも数本いただいてきました。

DSCN6024.jpg
その後伊佐沼の蓮田の方へいってみました。
水がすっかり抜かれています。

DSCN6010.jpg
水辺にはいつものコサギや鴨。

DSCN6040.jpg
餌を狙っている姿が面白い。

DSCN5951.jpg
何か小さな鳥がちょろりょろ動いています。
意識して探さないと気が付かないような小さな鳥です。

DSCN5961aa.jpg
アップしてみるとこんな鳥。
シギの仲間でしょうか?

DSCN6006.jpg
すぐ近くにはこんな鳥もいました。

DSCN6084.jpg
沼の南側にきてみました。
2羽の鳥が水辺を歩いていました。

DSCN6072.jpg
こちらはバンですね。
ちょうど餌を咥えているところ。

DSCN6063.jpg
もう1羽。
これは何でしょう?
バンの幼鳥かと思われます。
2羽一緒にいたところを見ると親子でしょうか。

DSCN6165.jpg
夕方5時頃。
日没前の伊佐沼。

DSCN6152.jpg
明日は秋分の日、だいぶ日が短くなってきました。

DSCN6178.jpg

伊佐沼から持ち帰ったひまわりを玄関に飾りました。
敬老の日のプレゼントです。

スポンサーサイト




2020年9月15日(火)
9月に入ってからも厳しい残暑や雷雨など不安定なお天気が続いていたが、やっと秋らしい涼しさになった。
今日は久しぶりに自転車で伊佐沼へ行ってみた。
少し雲が多かったが涼しくてサイクリングにはちょうど良いお天気だ。

DSCN5662.jpg
水面に映った雲もなかなか良い。

DSCN5689.jpg
沼の水はだいぶ少なくなり蓮田の水はすっかり抜かれていた。

DSCN5788.jpg
蓮田の橋の上には望遠カメラがずらりと並んでいた。
何か珍しい鳥が来ているのかな?
聞いてみるとアメリカ***とかいう鳥が来ているようだ。
ファインダーで覗いてみたが見つからない。
遠くにいるらしくこのカメラでは無理のようなのでパス。

私のカメラで楽に撮れる野鳥を狙うことにした。

DSCN5699aa.jpg
まずはおなじみのダイサギ。

DSCN5863.jpg
仲間のコサギ。

DSCN5713.jpg
そしてアオサギ。
沼の水が多かったときは何処かへエサ獲りに出かけていたようで、昼間はほとんど見かけなかったが今日はああちこちで多数見かけた。
水が減ったので餌が獲りやすくなったのだろう。
沼の浅瀬を歩きながら盛んんに餌を漁っていた。

DSCN5765.jpg
こちらはおなじみの鵜。
伊佐沼に年中いるようです。

DSCN5748.jpg
鴨の手前にいる小さな鳥。
何だろう?

DSCN5804a.jpg
アップしてみたらイルカ千鳥ですね。

DSCN5782a.jpg
これはバンでしょうか?
バンはクチバシがもっと濃い赤だったような気がしたんですが、羽の白いところや足の色はバンなのでこれはバンでしょうね。
クチバシの色が薄いのはまだ若いからでしょうか。
それとも光の具合で色が薄く写ったのかな・・・・。

DSCN5893a.jpg
首を出したり潜ったりしながら泳いでいたこの鳥はバンの幼鳥かと思われますが違うでしょうか?

DSCN5885a.jpg
鴨のそばでは亀さんが日向ぼっこ。
亀さんの日向ぼっこはもうすぐ終わりですね。



2020年9月8日(火)

九州方面を襲った台風10号が過ぎ去り良いお天気になった。
しばらく釣りに行っていない。
出来れば海釣りに行きたいのだが、新型コロナが収まらない状況が続いているので県外への移動は自粛。
今回も7月に行った管理釣り施設「朝霞ガーデン」へ行くことにした。
ルアーに挑戦してみようかと思ったが、これまでルアーでの釣果はこの冬の川越水上公園での1匹だけ。
まだ暑いので、今回も楽をして釣れる可能性が高い餌釣りをすることにした。

広大な施設内に7つほどの池がある。

P1190819.jpg
ここが餌釣り専用池。
この施設はルアーやフライがメイン。
ルアーやフライの池には数名の釣り人がいたが、餌釣りをする人は少なく今日もお子様連れの若いお父さんだけ。
貸竿とブドウ虫を用意。
早速竿を出してみた。
なかなか釣れない。
あちこち移動してやっと1匹。

P1190852.jpg

しかし後が続かない。
そうこうしていると車がやって来て魚を放流。
前回来たときは放流の直後からたて続けに釣れはじめた。
きっと今日もこれから釣れるはずだ。

P1190817.jpg

しかし放流から20分経っても30分経っても釣れない。
ところがお隣のお子様連れの方は結構釣れている。
何が違うんだろう?
場所を移動してみたり、ウキ下を少し変えてみたりしたがダメだ。

しばらくするとパラパラと小雨が降りだした。
この青空なのに雨。
風も強い。
台風の後遺症なのだろうか。
釣りには支障の無い程度の小雨なので続行。

トイレへ行ったついでに他の池の様子も見て歩いた。

P1190820.jpg
こちらはルアー専用池。
10名くらいの釣り人が池の周りを囲んでいる。
時々魚が上がっているようだ。

P1190823.jpg
こちらはフライ専用池。
大きな池が2面並んでおり釣り人が数名。

広い釣り場なのでどの池も蜜になる心配は無さそうだ。
コロナのことなどは忘れさせてくれる場所だ。

釣り場の戻って再び竿を出したがやはり釣れない。
しかしお子様連れの方は相変わらず釣れている。
やはり腕の差なのかな~。
しばらくしてお子様連れの方が何処かへ行かれたので、その場所へ移動。

P1190861.jpg

池の真ん中にある大きな岩の少し手前で水面が渦を巻きながら動いている。
そこにウキを投入すると、すぐにアタリ。
早速釣れました。

また同じ場所に入れるとすぐにもう1匹。
たて続けに釣れます。
どうやら魚はこの場所で群れているらしい。

試しに他の場所へも移動してみたが、同じような形の渦を巻いている場所は見当たらず、竿を出してもアタリも無い。
釣れるのはその場所だけのようだ。
そういえば冬に行った川越公園の餌釣り池は浅くて小さかったので魚の動きが良く見えたが、一塊になって泳いでいたことを思い出した。
ニジマスは群れで移動する性質があるらしい。
そして池のようなところでも釣れるポイントがあることがわかった。

池の淵にある石の上に小さな野鳥が飛んできた。
なんとカワセミ。

P1190834.jpg
こんなところでカワセミに会えるとはビックリです。

P1190829a.jpg

カワセミは池の周りを移動しながら水面をじっと見ていたが、突然パッと飛び出して水に嘴を入れてすぐにUターン。
どうやら狩りをしているようだが獲物は獲れなかった模様。
この池にはカワセミが食べられるような小魚もいるのだろうか?

その後も同じポイントで何匹かを追加。
8匹ほになった。
我が家の食糧としてはこの程度で十分なので少し早めに終了。

P1190867.jpg

本日の釣果
ニジマス 8匹。
夕食ではこのうちの2匹を早速塩焼きにして美味しくいただきました。
ここ2~3日は毎日ニジマスが食べられそうです。
管理釣り場にもポイントがあることがわかったこと、思いがけずにカワセミに会えたことが今日の収穫かな・・・。



2020年9月3日(木)

9月に入り朝夕は涼しくなったが日中はまだ暑い。
そして今日は天候が不安定。
空を見ると右半分は真っ青な青空だが、左半分は厚い雲。
久しぶりに車で伊佐沼へ行ってみた。

DSCN5636.jpg
ここから見ると素晴らし青空。
風が強く水が波立っていた。
 
 DSCN5612.jpg
しかし目を西側に向けると厚い雲。
到着した時は小雨がパラついていたが間もなく止んだ。
どうやら雨は大丈夫らしいので沼の周りを歩いて沼を一周することにした。

DSCN5633.jpg
沼にはいつものシラサギとカモ。
他の野鳥は見当たらない。

DSCN5660.jpg


DSCN5644.jpg
伊佐沼公園へも寄ってみた。
セミの声が賑やかだ.。
ここではまだ秋は感じられない。


DSCN5643.jpg

公園内にある伊佐沼工房。
だいぶ前から制作中の像が置いてある。

DSCN5641.jpg
空を見上げる表情がとても良い。
まだ粗削りのままだがどんな風に仕上がるのだろう。

DSCN5659.jpg

沼の周辺の田んぼでは稲刈りが始まっていた。
秋は着実にやってきているようです。


このところ連日猛暑が続いている。
熱中症のため救急車で運ばれる人が続出、都内では8月に入ってから148名が熱中症で亡くなっているとのこと。
昨日は川越市でも1名亡くなったという。
コロナよりも怖いとか高齢者は不要不急の外出はしない方が良いなどと言われているようだ。

そんな中だが私は雨が降らなければ散歩に出かけることを日課にしていて毎日5キロ程度歩いている。
ここ10日間ほどブログを更新していなかったので、今日はその間の散歩道の風景をアップすることにしました。

ほぼ毎日行っているのが我が家から歩いて15分ほどのところにある森の散歩道。
以前にも何度かこのブログで紹介した場所だがこの森は「武蔵野ふれあいの森」と呼ばれている。

mori-1.jpg

正確に言えば「武蔵野ふれあいの森」の中に整備されたウオーキング、ジョギング用の道を「森の散歩道」というのだろう。
いくつかのコースに分かれている。
ところどころに休憩用のベンチがある以外は何もない広大な森だ。

mori-2.jpg
巣箱などを見かけるが近くに鳥の姿を見たことはない。
高いところで野鳥の声が聞こえることがあるが葉の陰に隠れて見えないようだ。
写真の材料があまり無いがせっせとジョギングに専念するには良い場所だ。

mori-3B.jpg
この時期はセミの声が森の中に響き渡っている。
アブラゼミやミンミンゼミの声そして夕方にはカナカナカナというヒグラシの声が加わって一段と賑やかだ。
写真はヒグラシ。

mori-4.jpg
この日は新たな木彫りの像を発見。
あまり人が通りそうもない道の傍らにひっそりと置かれていた。

mori-3.jpg
何という花だろう?


P1190276.jpg
森の近くの畑では放水。
この森の多くは私有地、所有者の協力を得て解放されているようだ。
有難いことです。

次がおなじみの伊佐沼。
2~3年前はほぼ毎日のように自転車で行っていたのだが、最近では月に3~4回程度になってしまった。
このところ猛暑が続くので自転車はやめて車で行って沼の周りを歩くことにしている。
いつも沼の景色や野鳥を紹介しているので、今回は伊佐沼公園の写真をちょっとだけ。

isanuma-1.jpg
こちらも緑がいっぱい。
今はコロナの感染予防対策の1つとしてバーベキューは禁止。

isanuma-2.jpg
ここでもセミの声が響いています。
こちらはアブラゼミ。
ミンミンゼミもいるようです。

isanuma-3.jpg
近くにはセミの抜け殻。

次は昨日行った新河岸川の土手。
こちらも我が家から歩いて20分程度。

sinngasi-1.jpg

土手には一応ウオーキング用の小道があるのだが、あまり歩く人がいないと見えて草がぼうぼう。

sinngas-2.jpg
花の蜜を吸う蝶。
ベニシジミかな?

sinngasi-3.jpg
トンボも恋の季節です。


sinngasi-4.jpg
土手の下に広がる田んぼ。
稲穂が垂れて黄色くなっていました。
5時を過ぎた頃には涼しい風。
日中は猛暑でも夕方になると秋風の気配、この暑さももう少しの辛抱ですね。